田中恒成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田中 恒成
基本情報
本名 田中 恒成
通称 中京の怪物[1]
階級 フライ級
身長 164.1㎝
リーチ 162.1㎝
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1995-06-15) 1995年6月15日(22歳)
出身地 岐阜県多治見市
スタイル ボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 10
勝ち 10
KO勝ち 6
敗け 0
テンプレートを表示

田中 恒成(たなか こうせい、1995年6月15日 - )は、日本プロボクサー岐阜県多治見市出身[2]SOUL BOX畑中ボクシングジム所属。中京大学経済学部在学中。第17代OPBF東洋太平洋ミニマム級王者。元WBO世界ミニマム級王者。元WBO世界ライトフライ級王者。井上尚弥と並ぶ日本最速タイ記録となるプロ8戦目での世界2階級制覇王者[3]。入場曲はクイーンの「I was born to love you」。

2歳上の兄・亮明はアマチュアの選手で駒澤大学に在学中[4]。フィギュアスケート選手の横井ゆは菜は従姉妹[5]

来歴[編集]

アマチュア[編集]

幼稚園より空手に打ち込み、小5で兄とともに市内のイトカワジムで打撃を学ぶ目的でボクシングを始める[2]

中京高等学校に進み、元OPBF東洋太平洋スーパーフライ級王者石原英康が部長を務めるボクシング部に所属。1年で山口国体を優勝すると、2年でインターハイ優勝、国体2連覇、さらに選抜も優勝を果たし、高校4冠。国際大会でもアジアユースで銀メダル獲得。3年次のインターハイは3位。

プロ[編集]

インターハイ後、元WBC世界スーパーバンタム級王者畑中清詞のSOUL BOX畑中ボクシングジムに入門し、2013年9月22日に名古屋国際会議場にてB級プロテストを受験し合格[6]。10月10日、当時在学していた中京高校で異例となる記者会見を開いた[7]

11月10日、WBO世界ミニマム級6位のオスカー・レクナファ(インドネシア)相手にプロデビュー、開始1分過ぎにダウンを奪い、3-0の大差判定でデビュー戦を飾った[8]。この試合の結果、11月度の日本ランキングでライトフライ級10位に入った[9]

2014年3月16日、WBAミニマム級12位のロネル・フェレーラス(フィリピン)相手にプロ2戦目、3-0の判定でデビュー2連勝[10]。WBA世界ミニマム級14位にランクされた[11]

4月、中京大学経済学部に進学。

7月20日、プロ3戦目として東洋太平洋3位でWBC世界ライトフライ級王者井上尚弥大橋)のデビュー戦の相手だったクリソン・オマヤオ(フィリピン)と対戦、初回にダウンを奪うと一度は立ち上がった相手を右で攻め、プロ初のKO勝利を挙げ3連勝[12]。この試合後、東洋太平洋1位にアップした[13]

最速東洋太平洋王座[編集]

10月30日、後楽園ホールにて原隆二(大橋)が持つOPBF東洋太平洋ミニマム級王座に挑み[14]、10回TKOで原と同門の井上や八重樫東らが持っていた5試合を更新する日本男子最短記録となる4試合(女子は好川菜々の3試合)での東洋太平洋王座獲得を果たした[15]

最速世界王座[編集]

2015年5月30日、小牧市スポーツ公園総合体育館にてフリアン・イェドラス(メキシコ)とWBO世界ミニマム級王座決定戦を行い、12回3-0(115-113、2者が117-111)の判定勝ちを収め日本最速となるプロ5戦目での世界王座獲得に成功した[16]

2015年6月14日、WBOは最新ランキングを発表し、上述のイェドラス戦に勝利し日本最速となるプロ5戦目での世界王座獲得に成功した田中恒成をWBOの2015年6月度の月間MVPに選出した[17][18]

2015年12月31日、愛知県体育館でWBO世界ミニマム級4位でWBOアジア太平洋ミニマム級王者のビック・サルダールと対戦し序盤から苦戦を強いられ5回に右ストレートでダウンを奪われるも、次の6回に左ボディブローでダウンを奪い返しそのままカウンテッドアウト。劇的な逆転となる6回2分15秒KO勝ちを収めWBO世界ミニマム級王座の初防衛に成功した[19]。 試合後インタビューで2階級制覇を目指すと宣言した。

2016年4月7日、ライトフライ級に転向し2階級制覇を目指す為にWBO世界ミニマム級王座を返上した[20]

2016年4月13日、WBCは最新ランキングを発表し、田中をWBC世界ライトフライ級12位にランクインした[21][22]

2016年4月16日、WBOは最新ランキングを発表し、田中をWBO世界ライトフライ級2位にランクインした[23][24]

2016年5月28日、名古屋国際会議場IBF世界ライトフライ級9位のレネ・パティラノとライトフライ級進出戦となるライトフライ級契約10回戦を行い、6回2分23秒KO勝ちを収めた[25]

2016年12月31日、岐阜メモリアルセンターで行われた「SOUL FIGHTING」でドニー・ニエテスの王座返上に伴いWBO世界ライトフライ級1位のモイセス・フェンテスとWBO世界ライトフライ級王座決定戦を行い、5回1分52秒TKO勝ちを収め井上尚弥と並ぶ日本最速タイ記録となるプロ8戦目での2階級制覇を達成した[26][27]

2017年1月10日、WBOは最新ランキングを発表し、上述のフェンテス戦を制し王座を獲得した田中をWBO世界ライトフライ級王者としてランクインした[28][29]

2017年5月20日、テバオーシャンアリーナでWBO世界ライトフライ級1位のアンヘル・アコスタと対戦し、12回3-0(117-110が2者、116-111)の判定勝ちを収めWBO世界ライトフライ級王座の初防衛に成功した[30][31]

2017年9月13日、エディオンアリーナ大阪でWBO世界ライトフライ級13位のパランポン・CPフレッシュマートと対戦し、9回1分27秒TKO勝ちを収めWBO世界ライトフライ王座の2度目の防衛に成功したが[32][33]、試合のダメージは深く両目に眼窩底骨折を負って、WBA同級王者田口良一との年内統一戦のプランは白紙となった[34]

2017年11月30日、フライ級に転向するためにWBO世界ライトフライ王座を返上した[35][36]

2017年12月11日、WBCは最新ランキングを発表し、田中をWBC世界フライ級4位にランクインした[37][38]

戦績[編集]

  • アマチュアボクシング:51戦46勝(13KO・RSC) 5敗
  • プロボクシング:10戦10勝(6KO) 無敗
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2013年11月10日 勝利 6R 判定3-0 オスカー・レクナファ  インドネシア プロデビュー戦
2 2014年3月16日 勝利 8R 判定3-0 ロネル・フェレーラス フィリピンの旗 フィリピン
3 2014年7月20日 勝利 1R 1:55 KO クリソン・オマヤオ フィリピンの旗 フィリピン
4 2014年10月30日 勝利 10R 0:50 TKO 原隆二大橋 日本の旗 日本 OPBF東洋太平洋ミニマム級タイトルマッチ
5 2015年5月30日 勝利 12R 判定3-0 フリアン・イェドラス メキシコの旗 メキシコ WBO世界ミニマム級王座決定戦
6 2015年12月31日 勝利 6R 2:15 KO ビック・サルダール フィリピンの旗 フィリピン WBO防衛1
7 2016年5月28日 勝利 6R 2:23 KO レネ・パティラノ フィリピンの旗 フィリピン
8 2016年12月31日 勝利 5R 1:52 TKO モイセス・フェンテス メキシコの旗 メキシコ WBO世界ライトフライ級王座決定戦
9 2017年5月20日 勝利 12R 判定3-0 アンヘル・アコスタ プエルトリコの旗 プエルトリコ WBO防衛1
10 2017年9月13日 勝利 9R 1:27 TKO パランポン・CPフレッシュマート タイ王国の旗 タイ WBO防衛2
テンプレート

獲得タイトル[編集]

アマチュア
プロ

受賞歴[編集]

  • プロ・アマチュア年間表彰
    • 2012年アマチュアボクシング部門 新鋭賞
    • 2014年プロボクシング部門 新鋭賞
    • 2014年プロボクシング部門 国内部門 年間最高試合賞(=2014年12月30日 OPBF東洋太平洋ミニマム級タイトルマッチ 原隆二vs田中恒成)
    • 2015年プロボクシング部門 努力賞
  • WBO 2015年6月度月間MVP

脚注[編集]

  1. ^ ““中京の怪物”田中が王者高山とスパー”. 日刊スポーツ. (2014年7月1日). http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20140701-1327056.html 2014年9月21日閲覧。 
  2. ^ a b “田中恒成(中京高) 清流国体ボクシング競技 少年男子ライトフライ級連覇”. 岐阜新聞. (20121214). http://www.gifu-np.co.jp/tokusyu/2012/sports_2012/sports20121214_1.shtml 2014年9月21日閲覧。 
  3. ^ 田中 5回TKO勝ちで2階級制覇、尚弥と並ぶ日本人最速 スポニチアネックス 2016年12月31日
  4. ^ “【BOX】恒成の兄・亮明がプレ五輪で金 40年ぶり快挙でリオ手応え”. スポーツ報知. (2015年12月8日). http://www.hochi.co.jp/sports/boxing/20151208-OHT1T50000.html 
  5. ^ “田中恒成“真央流”で国内最速プロ5戦目世界王者だ!”. スポニチアネックス. (2015年5月26日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2015/05/26/kiji/K20150526010417100.html 
  6. ^ 本校3年田中恒成君ボクシングB級プロテスト合格”. 中京高等学校. 2014年9月21日閲覧。
  7. ^ “高校4冠田中のデビュー戦は世界6位と”. Boxing News(ボクシングニュース). (2013年10月11日). http://boxingnews.jp/news/7006/ 2014年9月21日閲覧。 
  8. ^ “田中恒がデビュー、世界ランカーに判定勝利”. Boxing News. (2013年11月10日). http://boxingnews.jp/news/8042/ 2014年9月21日閲覧。 
  9. ^ “日本ランキング更新、田中恒がランク入り”. Boxing News(ボクシングニュース). (2013年11月26日). http://boxingnews.jp/news/8596/ 2014年9月21日閲覧。 
  10. ^ “田中恒デビュー2連勝、田中裕ユースタイトル守る”. Boxing News. (2014年3月16日). http://boxingnews.jp/news/11792/ 2014年9月21日閲覧。 
  11. ^ “田中恒成、井上拓真がWBAランク入り”. Boxing News(ボクシングニュース). (2014年4月10日). http://boxingnews.jp/news/12730/ 2014年9月21日閲覧。 
  12. ^ “田中恒成がオマヤオに1回KO勝ち”. Boxing News. (2014年7月16日). http://boxingnews.jp/news/15957/ 2014年9月21日閲覧。 
  13. ^ “OPBF日本勢5人ランク入り、田中恒はミニマム1位に”. Boxing News(ボクシングニュース). (2014年8月2日). http://boxingnews.jp/news/16230/ 2014年9月21日閲覧。 
  14. ^ 原隆二に田中恒成が挑戦 10.30後楽園ホール Boxing News(ボクシングニュース) 2014年8月31日
  15. ^ “田中恒成が4戦目でOPBF戴冠 原を10回TKO”. Boxing News(ボクシングニュース). (2014年10月30日). http://boxingnews.jp/news/19257/ 2014年10月30日閲覧。 
  16. ^ 19歳の田中恒成、プロ5戦目で世界王者に Boxing News(ボクシングニュース) 2015年5月30日
  17. ^ WBO RANKING JUNE 2015 WBO公式サイト 2015年6月14日
  18. ^ 田中恒成がWBO月間MVP、メイウェザー王座保持 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年6月21日
  19. ^ 田中恒成が逆転KO勝ち、WBOミニマム級V1 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年12月31日
  20. ^ 田中恒成がミニマム級王座返上、年内2階級制覇へ Boxing News(ボクシングニュース) 2016年4月7日
  21. ^ RATINGS WBC公式サイト 2016年4月13日
  22. ^ WBC最新ランキング、田中恒成がL・フライ級12位に Boxing News(ボクシングニュース) 2016年4月14日
  23. ^ WBO RANKING APRIL 2016 WBO公式サイト 2016年4月16日
  24. ^ 田中恒成はWBO・LF級2位、IBFもランキング更新 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年4月20日
  25. ^ 田中恒成がミニマム級王座返上、年内2階級制覇へ Boxing News(ボクシングニュース) 2016年4月7日
  26. ^ Tanaka wins second world belt by stopping Fuentes Fightnews.com 2016年12月31日
  27. ^ 田中恒成8戦目で2階級制覇、フエンテスを5回TKO Boxing News(ボクシングニュース) 2016年12月31日
  28. ^ WBO RANKING JANUARY 2017 WBO公式サイト 2017年1月10日
  29. ^ ヘビー級の藤本京太郎らWBOランキング入り Boxing News(ボクシングニュース) 2017年1月25日
  30. ^ Tanaka defeats Acosta, retains WBO 108lb belt Fightnews.com 2017年5月20日
  31. ^ 田中恒成3-0でアコスタ撃退 田口と統一戦アピール Boxing News(ボクシングニュース) 2017年5月20日
  32. ^ Tanaka keeps WBO 108lb belt Fightnews.com 2017年9月13日
  33. ^ 田中恒成9回TKO勝ち、まさかの苦戦も統一戦へ前進 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年9月13日
  34. ^ 田中恒成は年内統一戦白紙 眼窩底骨折で安静必要”. 日刊スポーツ (2017年9月20日). 2017年11月17日閲覧。
  35. ^ WBO 108lb champ Tanaka renounces his belt Fightnews.com 2017年11月30日
  36. ^ 田中恒成が王座返上、3階級制覇に向けフライ級へ Boxing News(ボクシングニュース) 2017年12月1日
  37. ^ RATINGS WBC公式サイト 2017年12月11日
  38. ^ 田中恒成がWBCフライ級4位に、サリド引退表明 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年12月12日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
原隆二
第17代OPBF東洋太平洋ミニマム級王者

2014年10月30日 - 2015年5月30日(返上)

空位
次タイトル獲得者
熊朝忠
空位
前タイトル保持者
高山勝成
WBO世界ミニマム級王者

2015年5月30日 - 2016年4月7日(返上)

空位
次タイトル獲得者
高山勝成
空位
前タイトル保持者
ドニー・ニエテス
WBO世界ライトフライ級王者

2016年12月31日 - 2017年11月30日(返上)

空位
次タイトル獲得者
アンヘル・アコスタ