自衛隊体育学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
自衛隊体育学校

自衛隊体育学校(じえいたいたいいくがっこう、JSDF Physical Training School)とは、陸上自衛隊朝霞駐屯地内に設置されている、陸上自衛隊海上自衛隊航空自衛隊共同の機関の一つである。自衛隊員体育指導に必要な知識及び技能を習得させるための教育訓練を行うとともに、体育に関する調査研究を行うことを任務とする[1]。体育学校に対する指揮監督は、陸上幕僚長を通じて行われる。1961年(昭和36年)に設立された。

概要[編集]

1964年東京オリンピックの開催を控え、江崎真澄防衛庁長官の発案により戦前の陸軍戸山学校をモデルにして計画された[2]。オリンピックを開催するだけでなく、開催国にふさわしい結果を出すための選手養成機関として設立された[3]下記に示すように、現在までにオリンピック金メダリストを含む多くの選手を輩出している。

専用のグラウンド・体育館・屋内プール・射撃場など充実した設備を保有している。また、自衛隊で唯一、を飼育しているため、馬術が必須である近代五種競技の訓練も可能である。

沿革[編集]

  • 1961年(昭和36年)8月17日:自衛隊体育学校が設置
  • 2007年(平成19年)3月:スポーツ科学科を新設
  • 2016年(平成28年)3月:冬季戦技教育隊隷下の特別体育課程教育室を隷下に収容[4]
  • 2017年(平成29年):カヌー・女子ラグビーを集合訓練から特別体育教育課程に変更[5]

組織及び設置されている課程[編集]

  • 企画室
  • 総務課
  • 第1教育課: 部隊の体育指導者を育成する課程[6]
    • 幹部)体育課程:体育指導官として必要な知識・技能を修得させる。
    • 幹部(曹)格闘課程:自衛隊格闘術指導官として必要な知識・技能を修得させる。
  • 第2教育課(特別体育課程):オリンピックをはじめとする国際大会の選手要員として自衛官を育成する課程。略称「特体」。特体生は一般の自衛官の任務である災害派遣演習訓練などは免除されており[6]、競技だけに専念できる体育特殊技能者として扱われる。一方で日常生活において厳正な自己管理が求められ、食堂も一般隊員とは別個のものが設けられている。1年単位で入れ替えが行われており、成果を出せない隊員は直ちに退校(原隊復帰または依願退職)を命ぜられる。2015年4月現在、143名在籍している[7]。特体生には次の採用区分がある[6]
    • 体育特殊技能者:大学(平成27年(2015年)度からは高等学校も[7])で優秀な競技成績を収めた者の中から年間10名前後、主にスカウトによって採用される。採用時に大学卒業者には2等陸(・海・空)曹、大学院卒業者には1曹、それ以外で20歳以上の者には3曹の階級が指定される[8]
    • 一般曹候補生自衛官候補生:一般隊員として入隊し、半年間の新隊員教育期間を経て一般部隊に配属された後、約5か月間の特別体育課程学生候補者集合訓練を受けて訓練中の選考に残った者が採用される。
  • スポーツ科学
  • 管理科
  • 冬季特別体育教育室[9]真駒内駐屯地

主要設備[編集]

主な訓練設備は次のとおりである[6][10]

  • 総合体育館
  • 球技体育館
  • 陸上競技場(陸連公認 全天候型)
  • ラグビー・サッカー場
  • 屋内水泳訓練場(水連公認 50メートル)
  • アーチェリー訓練場
  • 屋内射撃場
  • 馬術訓練場および厩舎

対象競技種目[編集]

主要幹部[編集]

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
自衛隊体育学校長 陸将補 山中敏弘 2016年12月20日 第2師団副師団長
旭川駐屯地司令
副校長 1等陸佐 角謙二 2017年08月01日 第4施設団副団長
企画室長 1等陸佐 関根静夫 2016年12月01日 第30普通科連隊
新発田駐屯地司令
第2教育課長 1等陸佐 成澤孝明 2017年08月01日 陸上自衛隊関西補給処整備部長
歴代の自衛隊体育学校長
(特記ない限り陸将補)
氏名 在職期間 出身校・期 前職 後職
1 佐野常光 1961.8.17 - 1963.7.31 陸士42期・
陸大54期
西部方面総監部幕僚長
→1961.7.17 東部方面総監部
陸上幕僚監部
→退職日不明
2 吉井武繁 1963.8.1 - 1965.3.15 東京帝国大学 陸上自衛隊業務学校
兼 小平駐とん地司令
→1965.1.1 陸将昇任
第5師団
3 吉池重朝 1965.3.16 - 1967.3.15 東京商科大学 東京オリンピック支援集団司令部総務部長
→1964.11.20 自衛隊体育学校付
陸上幕僚監部付
→1967.7.1 退職
4 森川竹雄 1967.3.16 - 1970.3.15 陸士50期 自衛隊体育学校副校長
→1968.1.1 陸将補昇任
陸上自衛隊富士学校副校長
5 梶原守光 1970.3.16 - 1973.3.16 陸士53期 自衛隊京都地方連絡部 退職
6 西田秀男 1972.3.16 - 1973.3.15 陸経1期 札幌オリンピック支援集団長
→1973.1.1 陸将昇任
陸上自衛隊関西地区補給処
兼 宇治駐とん地司令
7 八木正忠 1973.3.16 - 1974.3.15 陸士54期 第1空挺団
兼 習志野駐とん地司令
陸上幕僚監部付
→1974.4.1 退職
8 森肇雄 1974.3.16 - 1976.8.1 陸士54期 陸上自衛隊幹部学校研究部長 陸上幕僚監部付
→1977.1.1 退職
9 宮田朋幸 1976.8.2 - 1978.3.31 陸士58期 陸上幕僚監部第3部副部長 陸上幕僚監部付
→1978.7.1 退職
10 柴田繁 1978.4.1 - 1980.3.16 陸士59期 防衛大学校訓練部訓練課長 陸上幕僚監部付
→1980.8.1 退職
11 三上博康 1980.3.17 - 1981.3.15 海兵74期 第3教育団
→1980.7.1 陸将昇任
陸上自衛隊東北地区補給処
12 湯野正雄 1981.3.16 - 1983.3.15 中央大学 陸上自衛隊幹部候補生学校副校長 陸上幕僚監部付
→1983.4.1 退職
13 三井貞男 1983.3.16 - 1985.3.15 中央大学 第10師団司令部幕僚長 自衛隊宮城地方連絡部
14 高木重男 1985.3.16 - 1987.3.16 法政大学 第10師団副師団長
守山駐屯地司令
退職
15 秦政美 1987.3.16 - 1989.3.16 防大1期 陸上自衛隊幹部候補生学校副校長
兼 企画室長
退職
16 樫山貢 1989.3.16 - 1993.3.23 防大3期 第7師団副師団長
東千歳駐屯地司令
北部方面総監部
→1993.4.1 退職
17 三宅義信 1993.3.24 - 1997.3.25 法政大学 自衛隊体育学校副校長
兼 第2教育課長
→1993.4.1 陸将補昇任
陸上幕僚監部付
→1997.4.1 退職
18 小林正勝 1997.3.26 - 1998.7.1 防大8期 富士教導団 退職
19 髙橋佳嗣 1998.7.1 - 2001.1.10 防大11期 第1空挺団長
習志野駐屯地司令
陸上自衛隊九州補給処
目達原駐屯地司令
20 水口勇 2001.1.11 - 2002.3.22 防大12期 第3師団副師団長
千僧駐屯地司令
退職
21 那須誠 2002.3.22 - 2005.1.12 防大15期 陸上自衛隊小平学校副校長 退職
22 増田憲二 2005.1.12 - 2006.8.4 防大16期 第2施設団 退職
23 鈴木義長 2006.8.4 - 2008.11.30 防大20期 第3施設団
南恵庭駐屯地司令
第14旅団
24 渥美晴久 2008.12.1 - 2010.12.1 防大20期 陸上自衛隊需品学校
松戸駐屯地司令
退職
25 畑中誠 2010.12.1 - 2012.8.28 防大22期 北部方面後方支援隊 退職
26 福田築 2012.8.28 - 2013.12.18 防大24期 第4師団副師団長
福岡駐屯地司令
退職
27 保坂一彦 2013.12.18 - 2015.8.4 防大25期 第8師団副師団長
北熊本駐屯地司令
退職
28 山中洋二 2015.8.4 - 2016.12.19 防大26期 富士教導団長 退職
29 山中敏弘 2016.12.20 - 防大28期 第2師団副師団長
旭川駐屯地司令

著名な出身者[編集]

2012年ロンドン五輪レスリング競技・男子フリースタイル66kg級決勝戦で相手を持ち上げ、投げつけた瞬間の米満達弘(当時、3等陸尉[11])。この勝利で獲得した金メダルは日本にとって夏季大会通算400個目となった他、一大会で最多の38個目(当時)となるなど記録づくしであった[12]
自衛隊体育学校の著名な出身者・在籍者
競技種目 氏名 入校年 獲得五輪メダル 主な後職
マラソン 円谷幸吉 1962
競歩 荒井広宙 2013
谷井孝行 2014
山崎勇喜
中距離走 西村美樹 2007
柔道 酒井英幸 1990 全日本コーチ
和泉強志
池田ひとみ 全日本女子ジュニアコーチ
小松崎弘子 2003
平井希
國原頼子 2008
広村麻衣 2009
春山友紀 2013
上野巴恵 2013
濱田尚里 2013
十田美里 2013
金子瑛美 2014
太田晴奈 2015
ウェイト
リフティング
三宅義信 1962 体育学校長
三宅義行 体育学校教官
高橋百合子
今鉾一恵 2005
岡林裕二 プロレスラー
レスリング 金子正明 1968
中田茂男
平山紘一郎 体育学校教官
江藤正基 体育学校教官
工藤政志 プロボクサー
森山泰年
宮原厚次 全日本コーチ
入江隆
森巧
川崎明美
片山貴光 一般自衛官
井上謙二
斉藤貴子
米満達弘
清水博之 2004
小原日登美 2005
坂本真喜子
佐野明日香 2005
湯元進一 2007
高塚紀行 2010
堀内優 2012
馬場菜津美 2014
谷口周平 プロレスラー(マイバッハ谷口
本田多聞 プロレスラー
青木篤志
杉浦貴
中尾芳広 1994 総合格闘家実業家
射撃 蒲池猛夫 1962 体育学校教官
木場良平 体育学校射撃班総監督
小西ゆかり 2000 射撃選手(民間)
谷島緑
ボクシング 清水聡 2009 アマチュアボクサー(民間)
須佐勝明 2007
川内将嗣 2008
鈴木康弘 2010
伊藤沙月 2015
小村つばさ 2015
小林和男 プロボクサーロイヤル小林
瀬川幸雄 プロボクサー
串木野純也
石井幸喜
佐藤幸治
近代五種 平田栄史
村上佳宏
山中詩乃
水泳 高桑健
江原騎士 2016
アーチェリー 脇野智和
坂田信弘 1969 ゴルフ指導者、劇画原作者

他国における類似機関[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 自衛隊法施行令第33条及び自衛隊年鑑(2009)146ページより
  2. ^ 『自衛隊年鑑(1963)』 防衛日報 p.363
  3. ^ 渡邉陽子 (2017年2月16日). “日の丸を背負う自衛官アスリート”. ライター・渡邉陽子のコラム. 2017年10月26日閲覧。
  4. ^ 特別体育課程教育室、自衛隊体育学校隷下で新たなスタート(朝雲新聞社、2016/4/11閲覧)
  5. ^ 体育学校とは”. 体育学校. 2017年9月17日閲覧。
  6. ^ a b c d 鈴木恵美「エミが行く! 第11回 自衛隊体育学校見学」、『月刊Jウィング 2015年1月号』、イカロス出版2015年1月、 50-53頁。
  7. ^ a b 自衛隊体育学校 「第54期特別体育課程入校式」 (PDF)”. 自衛隊熊本地方協力本部 (2015年4月17日). 2016年9月2日閲覧。
  8. ^ 体育学校について”. 体育学校. 2016年8月12日閲覧。
  9. ^ 体育学校改編 冬季特体室が隷下に”. 体育学校 (2016年3月31日). 2016年8月12日閲覧。
  10. ^ 山下輝男 (2012年7月8日). “迷彩服を着たアスリート達 2 自衛隊体育学校とは”. 特定非営利活動法人 平和と安全ネットワーク. 2015年8月11日閲覧。
  11. ^ “五輪金・小原&米満、防衛記念章・第1級賞詞受章…レスリング”. スポーツ報知. (2012年8月28日). http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/etc/news/20120827-OHT1T00229.htm 2012年8月28日閲覧。 
  12. ^ “米満「金」最後に男がやった! 日本初毎日メダル! 最多38個…レスリング”. スポーツ報知. (2012年8月13日). http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/wrestling/news/20120813-OHT1T00051.htm 2012年8月27日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]