防衛省目黒地区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
目黒駐屯地
防衛省目黒地区(航空写真)
防衛省目黒地区(航空写真)
位置
所在地 東京都目黒区中目黒2-2-1
座標 北緯35度38分29秒 東経139度42分30秒 / 北緯35.64139度 東経139.70833度 / 35.64139; 139.70833座標: 北緯35度38分29秒 東経139度42分30秒 / 北緯35.64139度 東経139.70833度 / 35.64139; 139.70833
概要
駐屯地司令 陸上自衛隊教育訓練研究本部長

開設年 1994年
テンプレートを表示

防衛省目黒地区(ぼうえいしょうめぐろちく)は、東京都目黒区中目黒2-2-1に所在する、防衛装備庁統合幕僚監部陸上自衛隊海上自衛隊航空自衛隊が共同使用している防衛省施設。陸上自衛隊においては目黒駐屯地、海上自衛隊においては目黒地区、航空自衛隊においては目黒基地と呼ばれる。

概要[編集]

防衛省、統合幕僚監部・陸上自衛隊・海上自衛隊・航空自衛隊の調査研究・高等教育機関が集中する地区である。

駐屯地司令は陸上自衛隊教育訓練研究本部長が、基地司令は航空自衛隊幹部学校長が兼務する。

駐屯地業務、基地業務等は「目黒地区における駐屯地業務、基地業務等に関する訓令[1]」により円滑に実施されるようになっている。

沿革[編集]

  • 1857年(安政4年)徳川幕府が砲薬製造所を建設[2]
  • 1880年(明治13年)6月:明治政府が目黒火薬製造所を発足。
  • 1885年(明治18年)2月: 海軍火薬製造所を建設。
  • 1930年(昭和05年)9月:海軍技術研究所が築地から移転。以後、敷地内に大きな円形の池が2つと大型水槽[5]が設置され、大和 (戦艦)の模型のテストも行われた。
  • 1945年(昭和20年)11月:イギリス連邦占領軍オーストラリア軍)が進駐(エビスキャンプ)。英連邦軍東京分区本部(Headquarters, British Commonwealth Sub Area Tokyo)を設置[6]
  • 1956年(昭和31年)1月:エビスキャンプ接収解除。

自衛隊

所在機関(防衛省本省)[編集]

特別の機関[編集]

所在機関(防衛装備庁)[編集]

施設等機関[編集]

  • 艦艇装備研究所
  • 先進技術推進センター
    • 目黒地区

駐屯部隊・機関(目黒駐屯地)[編集]

防衛大臣直轄部隊・機関[編集]

東部方面隊隷下部隊[編集]

所在機関(目黒地区)[編集]

防衛大臣直轄機関[編集]

所在機関(目黒基地)[編集]

防衛大臣直轄機関[編集]

最寄の幹線交通[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 目黒地区における駐屯地業務、基地業務等に関する訓令平成6年防衛庁訓令第46号(防衛省情報検索サービス)
  2. ^ 目黒基地の沿革”. 航空自衛隊. 2017年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月14日閲覧。
  3. ^ “目黒の住宅街にある大屋根の正体 戦艦「大和」も実験か 旧海軍施設なぜいまも現役?”. 乗りものニュース. (2019年3月29日). https://trafficnews.jp/post/84835 2022年9月17日閲覧。 
  4. ^ 艦艇装備研究所パンフレット(令和3年度版)防衛装備庁、2022年9月17日閲覧
  5. ^ 長さ247 m、幅12.5 m、深さ7 m[3][4]
  6. ^ Entrance checkpoint, Ebisu Camp, Tokyo. Ebisu camp was the headquarters of the British Commonwealth Sub Area in Tokyo.”. オーストラリア戦争記念館. 2017年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月14日閲覧。
  7. ^ 1994年11月以前は陸上自衛隊の部隊・機関が所在していなかったため、「陸上自衛隊の駐屯地」という扱いはなされていなかった。(陸上自衛隊駐屯地の意義の根拠については自衛隊法施行令第50条に明記)
  8. ^ 自衛隊法施行令の一部を改正する政令(平成6年9月1日政令第280号)”. 法庫. 2016年4月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月23日閲覧。