北熊本駐屯地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
北熊本駐屯地
所在地 熊本県熊本市北区八景水谷2丁目17−1
座標 北緯32度50分40秒 東経130度43分48秒 / 北緯32.84444度 東経130.73000度 / 32.84444; 130.73000座標: 北緯32度50分40秒 東経130度43分48秒 / 北緯32.84444度 東経130.73000度 / 32.84444; 130.73000
駐屯地司令 第8師団副師団長
開設年 1956年
テンプレートを表示

北熊本駐屯地(きたくまもとちゅうとんち、JGSDF Camp Kita-Kumamoto)は、熊本県熊本市北区八景水谷2丁目17−1に所在し、第8師団司令部等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地である。駐屯地内に屋内式(覆土式)射撃場がある。通称「清水(しみず)の自衛隊」(「清水」は熊本市北東部の地区名)。創立記念行事は毎年4月に開催。

最寄の演習場は、大矢野原演習場黒石原演習場駐屯地司令は、第8師団副師団長が兼務。

沿革[編集]

  • 1939年(昭和14年)4月:熊本陸軍幼年学校が開校される。
  • 1940年(昭和15年):熊本陸軍幼年学校が熊本城内から移転。
  • 1944年(昭和19年):菊池郡合志村(当時)の逓信省熊本地方航空機乗員養成所を接収
  • 1945年(昭和20年)
  • 1950年(昭和25年)
  • 1956年(昭和31年)
    • 10月:駐留軍の引揚げが完了し業務隊が第8混成団の受け入れ準備をする。
    • 12月15日:第8混成団の一部をもって北熊本駐屯地が開庁[1]する。
  • 1957年(昭和32年)3月15日:第8混成団の主力が移駐を完了する。
  • 1962年(昭和37年)8月15日:第8混成団は第8師団(乙)に改編される。
  • 1973年(昭和48年)8月1日:第2高射団編成。北熊本駐屯地に第304無線誘導機隊を新編。
  • 1978年(昭和53年):第2高射特科団第304無線誘導機隊が飯塚駐屯地に移駐。
  • 1979年(昭和54年)3月:第8戦車大隊玖珠駐屯地へ移駐する。
  • 1981年(昭和56年)3月:第8師団は甲師団に改編される。
  • 1985年(昭和60年)3月:第8施設大隊川内駐屯地へ移駐する。
  • 2005年(平成17年)3月:第8特科連隊第3大隊はえびの駐屯地へ移駐する[2]
  • 2016年(平成28年)4月:熊本地震により、師団本部など駐屯地施設が被災。また、その災害派遣拠点となる。
  • 2018年(平成30年)3月:部隊改編により、第42普通科連隊は即応機動連隊化、第8特科連隊は西部方面特科連隊に改編。第8高射特科大隊、第8偵察隊も部隊改編を実施。

駐屯部隊[編集]

第8師団隷下部隊[編集]

西部方面総監直轄部隊[編集]

防衛大臣直轄部隊[編集]

最寄の幹線交通[編集]

重要施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 自衛隊法施行令の一部を改正する政令(昭和31年政令第345号)”. 国立公文書館デジタルアーカイブ (1956年11月15日). 2018年4月28日閲覧。
  2. ^ 北熊本駐屯地の紹介 - 駐屯地の歴史”. 2018年4月28日閲覧。
  3. ^ a b c d 九州電力 (2015年4月30日). “第91期(平成26年度)有価証券報告書”. 2015年8月30日閲覧。

外部リンク[編集]