高遊原分屯地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高遊原分屯地(たかゆうばるぶんとんち、JGSDF Vice-Camp Takayubaru)は、熊本県上益城郡益城町大字小谷1812の熊本空港内に所在し、西部方面航空隊等が駐屯する陸上自衛隊健軍駐屯地の分屯地である。

最寄の演習場は、大矢野原演習場と黒石原演習場。分屯地司令は、西部方面航空隊長が兼務。

沿革[編集]

  • 1962年(昭和37年) (旧)熊本空港に託麻原分屯地開設
  • 1971年(昭和46年) 熊本空港移転に伴い、高遊原分屯地開設(託麻原は廃止)

駐屯部隊[編集]

第8師団隷下部隊[編集]

西部方面総監直轄部隊[編集]

  • 西部方面航空隊
    • 第3飛行隊
    • 西部方面管制気象隊
    • 西部方面航空野整備隊
  • 西部方面通信群
    • (第102基地システム通信大隊)
      • (第319基地通信中隊)
        • 高遊原派遣隊

防衛大臣直轄部隊[編集]

創立記念行事[編集]

  • 毎年4月下旬に開催。所属機の編隊飛行が見ものである(悪天候時は中止)
  • その他、1月に初飛行訓練、9月に航空機事故救難訓練を空港事務所・県内関係機関と共同で実施(どちらも一般非公開)

最寄の幹線交通[編集]