上富良野駐屯地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
上富良野駐屯地
道道298号線側門付近
道道298号線側門付近
所在地 北海道空知郡上富良野町南町4丁目
座標 北緯43度27分0.4秒
東経142度28分8.4秒
駐屯地司令 第4特科群長 兼務
主要部隊 第4特科群
第3地対艦ミサイル連隊
第2戦車連隊
ほか
開設年 1955年
テンプレートを表示

上富良野駐屯地(かみふらのちゅうとんち、JGSDF Camp Kami-Furano)は、北海道空知郡上富良野町南町4丁目に所在し、第4特科群等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地。師・旅団司令部所在駐屯地以外としては部隊数も多い駐屯地で、近辺に多田分屯地がある。駐屯地開放で見学客に振舞われるカレーが好評を博している。上富良野演習場までは約4kmの位置にある。

最寄の演習場は、上富良野演習場。駐屯地司令は、第4特科群長が兼務。

沿革[編集]

  • 1955年(昭和30年)9月1日:民有地を取得、隊舎等を新築、駐屯地が開設[1]。上富良野駐屯地業務隊、第2特科連隊(第2大隊欠)、第2特車大隊、第344会計隊、第329警務分遣隊(昭35.1 第380警務隊上富良野連絡班と改称)、第330固定無線隊(昭31.1 第330重無線隊、昭35.1 第330基地通信中隊、昭43.3 第301基地通信中隊上富良野派遣隊と改称)
  • 1956年(昭和31年)10月10日:北海道地区補給処多田弾薬支処、島松駐屯地より移駐[2]
  • 1958年(昭和33年)12月10日:第308地区施設隊旭川駐屯地より移駐[2]
  • 1962年(昭和37年)
  • 1964年(昭和39年)3月24日:第315武器野整備隊を第304武器野整備隊・第305装輪車整備隊に改編[2]
  • 1966年(昭和41年)7月30日:第305装輪車整備隊、旭川駐屯地へ移駐[2]
  • 1971年(昭和46年)3月25日:第102装甲輸送隊新編[2]
  • 1977年(昭和52年)3月25日:多田分屯地開設。
  • 1981年(昭和56年)3月25日:第102装甲輸送隊廃止[2]
  • 1984年(昭和59年)3月26日:第4特科群隷下に第301多連装ロケット中隊新編。
  • 1988年(昭和63年)3月25日:第308地区施設隊廃止[2]
  • 1991年(平成03年)3月29日:第316戦車中隊新編。
  • 1994年(平成06年)3月28日:第3地対艦ミサイル連隊新編。
  • 1995年(平成07年)3月28日:第301多連装ロケット中隊、第2対戦車隊廃止。第316戦車中隊を大隊隷属から連隊隷下に編成する形で第2戦車大隊を第2戦車連隊に増強改編。
  • 2000年(平成12年)3月28日:第304武器野整備中隊廃止、第103全般支援大隊に増強改編。第131特科大隊及び並びに第101特科直接支援大隊(2個中隊及び1個小隊)新編。
  • 2011年(平成23年)4月22日:第2対舟艇対戦車中隊(母体は第5対舟艇対戦中隊及び第2師団隷下普通科連隊の対戦車中隊の人員・装備)及び第2後方支援連隊第2整備大隊対舟艇対戦車直接支援小隊を編成。
  • 2014年 (平成26年)3月26日:第2戦車連隊改編、第6中隊を廃止。10式戦車を装備する第4中隊以外は、90式および74式戦車混合運用となる[3]
  • 2017年(平成29年)

駐屯部隊[編集]

北部方面隊隷下部隊[編集]

第2師団隷下部隊[編集]

防衛大臣直轄部隊[編集]

最寄の幹線交通[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 自衛隊法施行令の一部を改正する政令(昭和30年7月30日政令第142号)
  2. ^ a b c d e f g h i 『北部方面隊50年のあゆみ : 歩みつづけるつわものたちのきらめく記憶』(山藤印刷株式会社/編集,陸上自衛隊北部方面総監部/監修 2003)
  3. ^ 将来的には普通科連隊に隷属となる3個中隊を90式、師団長直轄で機動打撃部隊として運用の2個中隊を10式に換装予定

外部リンク[編集]