国分駐屯地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国分駐屯地
陸上自衛隊国分駐屯地の正門
陸上自衛隊国分駐屯地の正門
所在地 鹿児島県霧島市国分福島二丁目4番14号
座標 北緯31度43分24.4秒
東経130度45分6.8秒
駐屯地司令 第12普通科連隊長
主要部隊 第12普通科連隊
第8後方支援連隊第2整備大隊
第3教育団第113教育大隊
第364会計隊
第319基地通信中隊国分派遣隊
第135地区警務隊国分派遣隊
国分駐屯地業務隊
開設年 1944年
テンプレートを表示

国分駐屯地(こくぶちゅうとんち、JGSDF Camp Kokubu)は、鹿児島県霧島市国分福島二丁目に所在し、第12普通科連隊等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地である。

九州最南端の駐屯地であり、薩摩半島大隅半島の中間点で且つ交通結節点(同駐屯地を中心に半径25km以内に主要な陸海自施設が存在し、緊要な地点には自動車で約2時間以内に展開できる)に位置し、国際海峡(特定海域)でもある大隅海峡もあり、ちょうど青森駐屯地と同じ役割を持った、南九州地区の防衛の要衝である。また、警備区域内に離島を多数抱える駐屯地でもある。

東北東約6kmの位置に200m級射撃場がある。最寄の演習場は、福山演習場佐多射撃場及び霧島演習場駐屯地司令は、第12普通科連隊長が兼務。

沿革[編集]

  • 1943年(昭和18年):海軍飛行場「第一国分基地」が建設開始。出水海軍航空隊の分遣隊が駐留
  • 1944年(昭和19年):滑走路が完成、国分海軍航空隊に改組。主に「彗星」爆撃隊の基地となる。沖縄戦菊水作戦)では、海軍の特攻基地の一つにもなる。
  • 1955年(昭和30年)11月21日:陸上自衛隊国分駐屯地として開設[1]

駐屯部隊[編集]

第8師団隷下部隊[編集]

西部方面総監直轄部隊[編集]

防衛大臣直轄部隊[編集]

最寄の幹線交通[編集]

重要施設[編集]

スポーツ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]