奄美駐屯地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

奄美駐屯地(あまみちゅうとんち、JGSDF Camp Amami)は、鹿児島県奄美市に所在する陸上自衛隊駐屯地。開庁日は2019年3月26日[1][2]。本項では、同日付で開庁された瀬戸内分屯地についても取りまとめて扱う。

奄美駐屯地
所在地 鹿児島県奄美市名瀬大字大熊字中畑266番49
座標 北緯28度24分46.0秒
東経129度31分35.0秒
駐屯地司令 奄美警備隊長
主要部隊 奄美警備隊(隊本部及び後方支援隊)
第3高射特科群(第344高射中隊)
開設年 2019年3月26日[3]
テンプレートを表示
奄美駐屯地 瀬戸内分屯地
所在地 鹿児島県瀬戸内町大字節子字大山684-2
主要部隊 奄美警備隊(普通科中隊)
第5地対艦ミサイル連隊(第301地対艦ミサイル中隊)
開設年 2019年3月26日[3]
テンプレートを表示

概要[編集]

南西諸島海域における中華人民共和国の軍事的脅威に対する日本の離島防衛態勢強化を目的として整備される事業の一環として、26中期防に基づき建設を開始した。離島警備部隊及び地対艦誘導弾・地対空誘導弾運用部隊を主体とする、550人程度の自衛隊員が駐留する[4][5]。2019年2月22日の閣議を経て駐屯地の開庁日は2019年3月26日とすることが発表された[1]。駐屯地管理業務を担当する部隊(駐屯地業務隊)は置かれない。2019年3月26日に開庁し、同年3月31日に新編行事が行われた[6]

奄美駐屯地駐屯部隊[編集]

奄美警備隊長が駐屯地司令を兼務し、駐屯地管理業務は奄美警備隊後方支援隊が担当する。

第8師団隷下部隊[編集]

西部方面隊直轄部隊[編集]

防衛大臣直轄部隊[編集]

瀬戸内分屯地駐屯部隊[編集]

奄美警備隊普通科中隊長が分屯地司令を兼務する。

第8師団隷下部隊[編集]

西部方面隊直轄部隊[編集]

防衛大臣直轄部隊[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]