第3師団 (陸上自衛隊)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第3師団
JGSDF 3rd Division.svg
創設 1962年(昭和37年)1月18日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位 師団
兵種/任務/特性 自動車化歩兵
人員 約6,400名
所在地 兵庫県 伊丹市
編成地 千僧
上級単位 中部方面隊
担当地域 近畿
テンプレートを表示

第3師団(だいさんしだん、JGSDF 3rd Division)は、陸上自衛隊師団のひとつ。

中部方面隊隷下の政経中枢師団[1]で、司令部兵庫県伊丹市千僧駐屯地に置く。3個普通科連隊を基幹とし、近畿2府4県(滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県)の防衛警備、災害派遣を任務とするほか、民生協力及び国際貢献活動を行っている。師団司令部及び指揮下の13個部隊は、奈良県及び和歌山県を除く近畿2府2県8個駐屯地に配置されている。

師団方針は、『武人の誇り』[2]

沿革[編集]

第3管区隊[編集]

1月:宇治に総監部設置
4月10日:伊丹駐屯地開設に伴い、第三管区総監部が宇治から伊丹へ移駐[3]。後に第7連隊及び(4月30日)第63連隊(特科・姫路)新編
5月1日:第3管区隊編成完結、第7・第8・第9の3個普通科連隊基幹[4]、担当地域は富山・石川・岐阜・愛知・三重・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・香川・愛媛・高知[4]
  • 1954年(昭和29年)9月10日:第63連隊を第3特科連隊に改編
  • 1959年(昭和34年)12月20日:第三管区総監部が伊丹から千僧へ移駐[3]
  • 1960年(昭和35年)1月14日:中部方面隊編成。その隷下に入る。
1960年頃の主要編成
第7・第8・第15普通科連隊、第3特科連隊、第3特車大隊

第3師団[編集]

  • 1962年(昭和37年)1月18日:師団制施行、第3管区隊から第3師団(乙師団・3個普通科連隊基幹)に改編。第7連隊を母体に第36普通科連隊(伊丹)、第37普通科連隊(信太山)を新編。第3飛行隊(八尾)を新編。担当地域は滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山となる。
1965年頃の主要編成
第7・第36・第37普通科連隊、第3特科連隊、第3戦車大隊
1990年頃の主要編成
第7・第36・第37・第45普通科連隊、第3特科連隊、第3戦車大隊
  • 1992年(平成4年)3月27日:第3特科連隊第6大隊を改編し、第3高射特科大隊を編成。師団直轄となる。第3後方支援連隊新編。
  • 1994年(平成6年)3月:乙師団への改編に伴う部隊廃止及び移駐
  1. 第45普通科連隊・第3対戦車隊を廃止
  2. 第3施設大隊が千僧から大久保へ、第3後方支援連隊衛生隊が大津から千僧へ移駐
  • 1995年(平成7年)1月:阪神淡路大震災災害派遣(101日間)
  • 1996年(平成8年)3月:第3師団改編(司令部第4部長独立。第3後方支援連隊武器隊が大隊に改編)
  • 1997年(平成9年)1月:山陰地方タンカー重油流出に伴う災害派遣
  • 1998年(平成10年)7月:北方機動特別演習
  • 2000年(平成12年)7月:北方機動特別演習
  • 2002年(平成14年)1月:第13次UNDOF派遣輸送隊派遣
  • 2005年(平成17年)
4月25日JR福知山線脱線事故に伴う災害派遣
4月26日:本師団を基幹とする第6次イラク復興支援群が編成され、群長には第36普通科連隊長鈴木純治一等陸佐が補せられる。
6月16日第7普通科連隊軽装甲機動車(LAV)約20両が配備され、受領報告式が行なわれる。
  • 2006年(平成18年)3月27日:即応近代化師団に改編される。本師団が政経中枢機構の警備に当たる師団であることから、より現代的な危機に対応するために、火砲(特科兵器)を縮小した一方でCQB対NBC能力を強化している。
    • 普通科連隊などに狙撃班を新編。
    • 第3特科連隊(姫路駐屯地、定員約1300名)は第3特科隊(定員約500名)に縮小。主要装備の155ミリ榴弾砲 FH70は定数を45門から20門に縮小。
    • 化学防護部隊では、師団司令部付隊化学防護小隊(定員約20名)を師団直轄部隊として、第3特殊武器防護隊(定員約50名)に改編。
  • 2011年(平成23年)3月15日:東北地方太平洋沖地震に伴う災害派遣部隊として、約500人、200車両からなる第3師団生活支援隊を編成[5]。隊長には第3後方支援連隊長の黒丸逸朗一等陸佐が補せられる[5]

編成・駐屯地[編集]

編成
駐屯地


司令部[編集]

主要幹部[編集]

官職名 階級 氏名 補職発令日 前職
第3師団長 陸将 田中重伸 2017年12月20日 西部方面総監部幕僚長
健軍駐屯地司令
副師団長
兼 千僧駐屯地司令
陸将補 大内田憲治 2016年07月01日 陸上自衛隊中央業務支援隊
市ヶ谷駐屯地司令
幕僚長 1等陸佐 惠谷昇平 2017年08月01日 自衛隊滋賀地方協力本部
歴代の第3師団長(前身を含む)
氏名 在職期間 出身校・期 前職 後職
第3管区総監
01 大森寛
警察監補
1950年12月29日 - 1954年06月30日 東京帝国大学 第1管区総監
02 金山國治 1954年07月01日 - 1957年03月11日 東京帝国大学 保安隊幹部学校 陸上幕僚監部所属
防衛研修所派遣)
→1957年8月16日 退職
03 杉田一次 1957年03月12日 - 1959年07月31日 陸士37期・
陸大44期
陸上自衛隊富士学校
兼 富士駐とん地司令
東部方面隊準備本部長
04 長谷部清 1959年08月01日 - 1962年01月17日 陸士40期・
陸大47期
第10混成団 第3師団長
第3師団長
01 長谷部清 1962年01月18日 - 1962年07月31日 陸士40期・
陸大47期
第3管区総監 陸上幕僚監部第5部長
02 山田正雄 1962年08月01日 - 1964年03月15日 東京帝国大学 第6管区総監 陸上幕僚監部第5部長
03 田中兼五郎 1964年03月16日 - 1965年03月15日
※1964年07月01日 陸将昇任
陸士44期・
陸大54期
陸上幕僚監部第3部長
(陸将補)
陸上幕僚監部第5部長
04 大島輝之助 1965年03月16日 - 1968年03月13日 東京帝国大学 武器補給処長
兼 霞ヶ浦駐とん地司令
陸上幕僚監部第5部長
05 衣笠駿雄 1968年03月14日 - 1969年06月30日
※1968年03月16日 陸将昇任
陸士48期・
陸大55期
陸上幕僚監部第3部長
(陸将補)
陸上幕僚副長
06 堀江正夫 1969年07月01日 - 1970年06月30日 陸士50期・
陸大57期
東部方面総監部幕僚長
兼 市ケ谷駐とん地司令
陸上幕僚監部第5部長
07 口野昌三 1970年07月01日 - 1972年03月16日 東京帝国大学 陸上自衛隊関西地区補給処
兼 宇治駐とん地司令
退職
08 山次惟貞 1972年03月16日 - 1974年03月16日 陸士51期・
陸大59期
陸上自衛隊施設学校
兼 勝田駐とん地司令
退職
09 高品武彦 1974年03月16日 - 1975年03月16日 陸士54期 陸上幕僚監部第3部長 防衛大学校幹事
10 田中潔 1975年03月17日 - 1977年03月15日 陸士55期 東部方面総監部幕僚長
兼 市ヶ谷駐とん地司令
東北方面総監
11 松永明 1977年03月16日 - 1978年07月01日 陸経4期 武器補給処長
兼 霞ケ浦駐とん地司令
退職
12 林榮一郎 1978年07月01日 - 1979年07月31日 海兵74期 陸上幕僚監部調査部長 防衛大学校幹事
13 佐藤久美 1979年08月01日 - 1981年07月01日 陸士58期 東北方面総監部幕僚長
兼 仙台駐とん地司令
退職
14 横地光明 1981年07月01日 - 1983年03月15日 東京理科大学 陸上幕僚監部装備部長 陸上自衛隊富士学校長
兼 富士駐屯地司令
15 稲森友三郎 1983年03月16日 - 1984年07月01日 陸航士60期 陸上幕僚監部教育訓練部長 退職
16 井上年弘 1984年07月01日 - 1986年03月16日 九州大学 陸上幕僚監部教育訓練部長 北部方面総監
17 多田利雄 1986年03月17日 - 1988年03月15日 徳島大学 東北方面総監部幕僚長
兼 仙台駐屯地司令
中部方面総監
18 深山明敏 1988年03月16日 - 1990年03月16日 防大1期 中部方面総監部幕僚長
兼 伊丹駐屯地司令
退職
19 君嶋信 1990年03月16日 - 1991年03月15日 防大3期 第1特科団
兼 北千歳駐屯地司令
陸上自衛隊幹部学校長
20 隈部正則 1991年03月16日 - 1993年06月30日 防大5期 北部方面総監部幕僚長
兼 札幌駐屯地司令
東北方面総監
21 浅井輝久 1993年07月01日 - 1995年03月23日 防大5期 陸上幕僚監部監察官 退職
22 山口賢介 1995年03月23日 - 1997年03月26日 防大7期 陸上自衛隊幹部候補生学校
兼 前川原駐屯地司令
退職
23 千田稔 1997年03月26日 - 1998年07月01日 防大8期 防衛研究所副所長 退職
24 先崎一 1998年07月01日 - 1999年12月09日 防大12期 陸上幕僚監部人事部長 陸上幕僚副長
25 松川正昭 1999年12月10日 - 2001年03月26日 防大13期 北部方面総監部幕僚長
兼 札幌駐屯地司令
統合幕僚会議事務局長
26 小野寺平正 2001年03月27日 - 2002年03月22日 防大11期 第13旅団 退職
27 林直人 2002年03月22日 - 2003年06月30日 防大15期 統合幕僚会議事務局第3幕僚室長 陸上幕僚副長
28 椋木功 2003年07月01日 - 2005年01月11日 防大16期 統合幕僚会議事務局第3幕僚室長 情報本部
29 五藤正美 2005年01月12日 - 2007年07月02日 防大16期 陸上自衛隊高射学校 退職
30 関口泰一 2007年07月03日 - 2008年07月31日 防大20期 陸上幕僚監部防衛部長 陸上幕僚副長
31 長谷部洋一 2008年08月01日 - 2009年07月20日 防大20期 第12旅団 陸上自衛隊幹部学校長
兼 目黒駐屯地司令
32 藤﨑護 2009年07月21日 - 2011年08月04日 防大22期 統合幕僚監部総務部長 中央即応集団司令官
33 番匠幸一郎 2011年08月05日 - 2012年07月25日 防大24期 陸上幕僚監部防衛部長 陸上幕僚副長
34 山下裕貴 2012年07月26日 - 2013年08月21日 大分工業大学[6] 東部方面総監部幕僚長
兼 朝霞駐屯地司令
陸上幕僚副長
35 鈴木純治 2013年08月22日 - 2014年08月04日 防大26期 中部方面総監部幕僚長
兼 伊丹駐屯地司令
陸上幕僚副長
36 小林茂 2014年08月05日 - 2015年08月03日 防大27期 第15旅団 防衛大学校幹事
37 角南良児 2015年08月04日 - 2017年12月20日 防大27期 中部方面総監部幕僚長
兼 伊丹駐屯地司令
退職
38 田中重伸 2017年12月20日 - 防大30期 西部方面総監部幕僚長
兼 健軍駐屯地司令

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 戦車・重火砲などの野戦装備を縮小し、対テロ・対ゲリラ戦を重視して市街戦装備を優先させた師団
  2. ^ 武士、軍人、戦人の意。[1]
  3. ^ a b 陸上自衛隊の60年史(3),佐野顕,スピアヘッド,第10号,P88-93,アルゴノート社,2011年
  4. ^ a b 十八万十三個師団への道 檜六郎 『軍事研究』1985年4月号 P152-165 株式会社ジャパンミリタリー・レビュー
  5. ^ a b “東日本大震災:給水や入浴を支援 陸自180人と50車両が出発--伊丹 /兵庫”. 毎日新聞. (2011年3月16日). http://megalodon.jp/2011-0321-1714-28/mainichi.jp/area/hyogo/news/20110316ddlk28040387000c.html 2011年3月21日閲覧。 
  6. ^ 昭和54年卒(防大23期相当)

外部リンク[編集]