豊川駐屯地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
豊川駐屯地
正門
正門
所在地 愛知県豊川市穂ノ原1-1
座標 北緯34度50分1.3秒
東経137度22分51.6秒
座標: 北緯34度50分1.3秒 東経137度22分51.6秒
駐屯地司令 第10特科連隊長 兼任
主要部隊 第10特科連隊
第49普通科連隊
第6施設群ほか
開設年 1950年
テンプレートを表示

豊川駐屯地(とよかわちゅうとんち、JGSDF Camp Toyokawa)は、愛知県豊川市穂ノ原1-1に所在し、第10特科連隊等が駐屯している陸上自衛隊駐屯地である。最寄の演習場は、千両演習場日吉原演習場駐屯地司令は、第10特科連隊長が兼務。

沿革[編集]

警察予備隊[編集]

陸上自衛隊[編集]

  • 1954年(昭和29年)
    • 7月1日:陸上自衛隊へ移管[3]。第500建設群が第1建設群に称号変更、第1建設群長が駐屯地司令に職務指定[4]
    • 9月10日:第101建設大隊が金沢駐屯地から移駐。
  • 1960年(昭和35年)
  • 1958年(昭和33年)12月1日:第313地区施設隊が新編。
  • 1964年(昭和39年)3月24:第313地区施設隊が岐阜駐屯地へ移駐。
  • 1973年(昭和48年)3月27日:第101建設大隊を基幹として第6施設群が新編。
  • 1991年(平成03年)3月29日:第10特科連隊第6大隊が第10高射特科大隊として分離独立し、師団直轄部隊となる。
  • 2000年(平成12年):駐屯地創立50周年記念式典。
  • 2004年(平成16年)3月29日:第10師団が改編され隷下に第49普通科連隊を新編。
  • 2014年(平成26年)3月26日:師団改編(即応予備自衛官訓練終了)に伴う部隊改編。
  1. 第10特科連隊が5個大隊編成から3個大隊編成に縮小改編。
  2. 第49普通科連隊が第10師団隷下から中部方面混成団隷下に新編。
  3. 第10後方支援連隊第2整備大隊第4普通科直接支援中隊が中部方面後方支援隊第306普通科直接支援中隊に改編。

駐屯部隊[編集]

第10師団隷下部隊[編集]

中部方面隊隷下部隊[編集]

防衛大臣直轄部隊[編集]

近傍施設[編集]

最寄の幹線交通[編集]

重要施設[編集]

特徴[編集]

東洋一の規模を誇った豊川海軍工廠跡地に開設され、阪神淡路大震災、ロシアタンカー重油流出、新潟県中越地震や、東日本大震災などの災害派遣、カンボジアPKO派遣イラク人道復興支援などの国際貢献に参加した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『陸上自衛隊20年年表』朝雲新聞社編集局、朝雲新聞社、1971年9月20日。
  2. ^ 『第一管区隊史 保安隊編』保安隊第一管区総監部、1958年。
  3. ^ 自衛隊法施行令(昭和29年政令第179号)”. 国立公文書館デジタルアーカイブ. 2016年5月15日閲覧。
  4. ^ 『官報』本紙 第8275号(昭和29年8月3日)
  5. ^ 自衛隊年表(防衛庁長官官房広報課・1962)
  6. ^ 『官報』本紙 第9968号(昭和35年3月16日)

参考文献[編集]

  • 豊川駐屯地 三河史料館

外部リンク[編集]