陸上自衛隊の廃止部隊等一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

陸上自衛隊の廃止部隊等一覧(りくじょうじえいたいのはいしぶたいとういちらん、List of JGSDF Abolition unit)は、防衛計画の大綱(防衛力整備計画)に基づき廃止あるいは改編された陸上自衛隊の部隊・機関等の一覧である。

師団・旅団・混成団・団など[編集]

陸上自衛隊調査学校の部門は平成29年度末(2018年3月27日)に陸上自衛隊情報学校として再編成。

普通科[編集]

中期防衛力整備計画に基づく改編又は廃止。

  • 第9普通科連隊 - 第2戦車連隊の編成に伴う人員確保及び師団改編(4個普通科連隊保有の甲→3個普通科連隊保有の乙)により1995年3月廃止。1個中隊程度の人員を第26普通科連隊第4中隊に編成替え。
  • 第23普通科連隊 - 1981年3月25日廃止。11普連第5,6中隊・師団隷下の戦車連隊等へ人員を移行。
  • 第29普通科連隊 - 1996年3月廃止。一部第28普通科連隊第4中隊に改編。
2008年3月26日、28普連4中は11対戦車隊とともに北部方面対舟艇対戦車隊及び同部隊の直接支援隊に改編。

機甲科[編集]

  • 第1戦車団廃止及び第7師団の機甲師団化(1981年3月25日)に伴い連隊に改編し編成替え。
  • 戦車の北転事業に伴い、戦車戦力供出のため廃止。
    • 第2混成団戦車隊 - 1990年3月26日、部隊廃止。同時期に縮小を受けた部隊と共に第7師団の3個戦車連隊の増強に充てられた。
  • 第2師団の改編に伴い連隊に増強改編。
  • 当該師団の旅団化に伴い縮小改編または廃止。
    • 第5戦車大隊 - 2004年3月29日、第5戦車隊に改編。改編の際、旅団化に伴い廃止となった施設大隊から1個小隊を編入し機能を増強。
      2011年4月、旅団の即応予備自衛官訓練終了及び戦車の定数削減により第3中隊の廃止及び本管中隷下の施設小隊を第5施設隊に移行、大隊編制に整理縮小。
    • 第12戦車大隊 - 2001年3月26日、第12師団の旅団化に伴い廃止。
    • 第13戦車大隊 - 1999年3月29日、第13戦車中隊に縮小改編。
  • 31中期防に基づく伴う戦車の整理・削減施策に伴う処置。

野戦特科[編集]

同隊の基本部隊として、本部が隊本部へ移行し、隷下の特科大隊を基幹部隊に地対艦ミサイル連隊を併合することで、隊編成(甲)となっている。
  • 中期防衛力整備計画(2014)に基づく野戦特科部隊の整理統合による改編。
    • 西部方面特科隊第112特科大隊 - 2018年3月26日廃止、水陸機動団特科大隊へ改編。
    • 第8特科連隊 - 2018年3月26日廃止、連隊本部が第8師団司令部の火力調整部・隷下部隊の一部を西部方面特科連隊へ改編。
    • 第4特科連隊 - 2019年3月25日廃止、連隊本部が第4師団司令部の火力調整部・隷下3個大隊を西部方面特科連隊の1個大隊にそれぞれ改編
  • 第2混成団特科大隊 - 2006年3月27日、第14特科隊及び第14高射特科中隊に分割再編。
第14特科隊は2018年3月26日廃止、翌27日付で中部方面特科隊として新編。

高射特科[編集]

  • 当該師団の旅団化に伴い、連隊編制から隊編制(丙)に縮小改編。
    • 第5高射特科大隊 - 2004年3月29日、第5高射特科中隊に改編
    • 第11高射特科大隊 - 2008年3月26日、第11高射特科中隊に改編
    • 第12高射特科大隊 - 2001年3月26日、第12高射特科中隊に改編。
    • 第13高射特科大隊 - 1999年3月26日、第13高射特科中隊に改編。
  • 群編成から連隊またはこれに準ずる隊編成への改編
  • 中隊から隊編制へ増強改組
    • 第14高射特科中隊 - 2018年3月26日、第14高射特科隊に改組。
    • 第11高射特科中隊 - 2019年3月26日、第11高射特科隊に改組

後方支援[編集]

施設科[編集]

  • 当該師団の旅団化に伴い、大隊編制から中隊編制に縮小。
    • 第5施設大隊 - 2004年3月29日、第5施設中隊に改編 → 平成22年度末の旅団改編に伴い隊編成から縮小した第5戦車大隊より施設小隊を受け入れ増強し第5施設隊(隊長の補職階級は2佐)に改編。。
    • 第11施設大隊 - 2008年3月26日、第11施設中隊に改編。2014年3月26日:体制移行に伴い、第11施設隊へ改編
    • 第12施設大隊 - 2001年3月26日、第12施設中隊に改編。2013年3月26日:体制移行に伴い、第12施設隊へ改編
    • 第13施設大隊 - 1999年3月29日、第13施設中隊に改編。2014年3月26日:体制移行に伴い、第13施設隊へ改編


  • 当該混成団の旅団化に伴い、隊編制から中隊編制に組織改編。
    • 第2混成団施設隊 - 2006年3月27日、第14施設中隊に改編。平成23年度末に徳島駐屯地へ移駐し第14施設隊 (陸上自衛隊)(隊長の補職階級は1佐(三)[3])に改編。
    • 第1混成団第1混成群第301施設中隊 - 2010年3月26日、混成群の連隊改編に伴い群隷下から旅団長直轄の第15施設中隊に独立改編。
  • 施設団組織改編に伴い廃止もしくは縮小改編。
    • 第1施設群 - 2004年3月29日廃止。
    • 第3施設群 - 2001年3月26日廃止。
    • 第8施設群 - 1999年3月廃止。第304施設隊第305施設隊に分割改編。隷属していた各中隊をそれぞれ1個中隊を2つに分割、小隊規模に縮小した上でそれぞれの施設隊隷下小隊へ。これにより各施設隊はそれぞれ縮小したとはいえ群と同様の機能を持つ施設部隊となった。

通信科[編集]

  • 中央野外通信群第101通信運用大隊 - 2001年3月、第301通信運用中隊に縮小の後、2018年3月27日に中央即応集団司令部付隊通信小隊と統合、第301指揮所通信中隊に改編。
  • 当該師団の旅団化に伴い、大隊編制から中隊編制に縮小(その後、大隊に準ずる隊[4]編成に再改編)。
    • 第5通信大隊 - 2004年3月29日、第5通信中隊に改編。2011年4月22日:体制移行に伴い、第5通信隊へ改編。
    • 第11通信大隊 - 2008年3月26日、第11通信中隊に改編。2014年4月22日:体制移行に伴い、第11通信隊へ改編。
    • 第12通信大隊 - 2001年3月26日、第12通信中隊に改編。2013年3月26日:体制移行に伴い、第12通信隊へ改編。
    • 第13通信大隊 - 1999年3月29日、第13通信中隊に改編。2014年3月26日:体制移行に伴い、第13通信隊へ改編。


  • 当該部隊の旅団化に伴い、小隊規模から中隊規模(その後、大隊に準ずる隊[4]編成)に改編
    • 第2混成団本部中隊通信小隊 - 2006年3月27日、第14通信中隊に改編。2014年3月26日:体制移行に伴い、第14通信隊へ改編。
    • 第1混成団本部中隊通信小隊 - 2010年3月26日、第15通信隊に改編。
    • 第416基地通信隊 - 2010年3月26日、第1混成団隷下から西部方面通信群隷下の第322基地通信中隊に改編

システム管理隊[編集]

  • 方面通信群隷下の基地通信大隊と統合、方面総監部所在駐屯地の「基地システム通信中隊」の下部組織(システム運営隊)に縮小
    • 第101システム管理隊 - 2004年3月廃止、第301基地システム通信中隊へ
    • 第102システム管理隊 - 2007年3月廃止、第305基地システム通信中隊へ
    • 第103システム管理隊 - 2004年3月廃止、第302基地システム通信中隊へ
    • 第104システム管理隊 - 2005年3月廃止、第303基地システム通信中隊へ
    • 第105システム管理隊 - 2006年3月廃止、第304基地システム通信中隊へ

情報科[編集]

中央情報隊新編(2007年3月)に伴い、防衛大臣直轄部隊から同隊隷下の地理情報隊基礎情報隊へ改編。
三自衛隊の情報保全隊は2009年8月1日、自衛隊情報保全隊(共同の部隊)へ改編。

教育[編集]

その他[編集]

  • 資材統制隊:1998年3月廃止。後身は補給統制本部の装備計画部。
  • 檜町警備隊:2000年5月、防衛庁の市ヶ谷地区移転に伴い廃止。
  • 檜町駐屯地業務隊・市ヶ谷駐屯地業務隊:2000年3月廃止。中央業務支援隊の母体となる
  • 小平駐屯地業務隊:2001年3月廃止。後身は小平学校総務部。
  • 印刷補給隊:2000年3月廃止。後身は中央業務支援隊の印刷補給部。
  • 人事統計隊:2000年3月廃止。後身は中央業務支援隊の人事統計部。
  • 第1混成群:2010年3月25日廃止。後身は3個普通科中隊を基幹[5]とする第51普通科連隊及び第301施設中隊は旅団長直轄の第15施設中隊に改編。
  • 警務隊本部付警務隊:2011年4月22日、中央警務隊に改編。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 中隊本部を機能増強し隊本部へ増強、武器小隊は直轄部隊を支援する機能別小隊を隷下に持つ第1整備中隊へ改編し、それぞれの連隊・隊等隷下であった整備小隊を隷下に第2整備中隊を編成、衛生・輸送・補給小隊は人員を増強しそれぞれ中隊規模に増強している
  2. ^ 補給整備隊を整備中隊と補給中隊へ機能別分割改編、管理隊を分割独立し駐屯地業務隊に改編
  3. ^ 2混団施設隊・14施中時代は2佐が指定階級、徳島の移駐に伴い北徳島分屯地の親駐屯地となる関係から1佐職に昇格
  4. ^ a b 隊旗は太線2本
  5. ^ 2個普通科中隊を3個に分割、重迫中隊を連本直轄の1個重迫小隊と普通科中隊隷下の3個の迫撃砲小隊へ分割。