第1機甲教育隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第1機甲教育隊
JGSDF Type10 tank 20120527-02.JPG
第1機甲教育隊の90式と10式戦車
創設 1962年(昭和37年)8月15日
廃止 2019年(平成31年)3月25日[1]
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位
兵科 機甲科
兵種/任務/特性 教育隊
所在地 静岡県 御殿場市
編成地 駒門
上級単位 第1教育団
最終上級単位 東部方面混成団
最終位置 駒門
テンプレートを表示

第1機甲教育隊(だいいちきこうきょういくたい、JGSDF 1st Armored Training Unit)は、静岡県御殿場市駒門駐屯地に駐屯していた東部方面混成団隷下の機甲科部隊である。機甲科隊員の新隊員教育、陸曹候補生等の教育を任務とする。 2017年5月28日に実施された東部方面混成団創立6周年記念行事において同隊は、平成29年度末をもって廃止されることが発表されたが諸事情から1年延期され[2]、2019年3月25日付をもって廃止された。

沿革[編集]

  • 1962年(昭和37年)8月15日:第106教育大隊と第3陸曹教育隊の各機甲教育中隊を基幹として第1機甲教育隊が編成完結。第1~第3陸曹教育中隊及び第4~第6陸士教育中隊の6個中隊編成[3]
  • 2002年(平成14年)3月27日
  1. 第3陸曹教育中隊及び第6陸士教育中隊を廃止[3]
  2. 第1特科連隊の移動に伴い駒門駐屯地司令職務担任部隊に指定

廃止時の部隊編成[編集]

  • 隊本部「1機教-本」
  • 第1陸曹教育中隊「1機教-1」
  • 第2陸曹教育中隊「1機教-2」
  • 第4陸士教育中隊「1機教-4」
  • 第5陸士教育中隊「1機教-5」
歴代の第1機甲教育隊長
(特記ない限り1等陸佐)
(2002年3月27日から2007年3月27日の間 駒門駐屯地司令兼補)
氏名 在職期間 前職 後職
01 河原米作
2等陸佐
1962年08月15日 - 1964年08月13日 第106教育大隊長 第1教育団本部訓練科長
02 井上是清
(2等陸佐)
1964年08月14日 - 1968年03月15日 陸上自衛隊幹部候補生学校勤務 第1教育団本部訓練科長
03 平尾守真 1968年03月16日 - 1970年03月15日 第7師団司令部第3部長 陸上自衛隊幹部候補生学校教育部長
04 古荘誠 1970年03月16日 - 1972年03月15日 戦車教導隊 陸上自衛隊幹部学校研究員
05 野田敏士 1972年03月16日 - 1973年07月15日 第6戦車大隊
大和駐とん地司令
陸上自衛隊富士学校研究部第4課長
06 生田喜重
(2等陸佐)
1973年07月16日 - 1975年07月15日 装備開発実験隊 第3戦車大隊
今津駐とん地司令
07 小林淳一 1975年07月16日 - 1978年07月31日 陸上自衛隊富士学校学校教官 陸上自衛隊富士学校勤務
08 高橋嘉唯 1978年08月01日 - 1981年03月15日 陸上自衛隊富士学校勤務 第3戦車大隊長
兼 今津駐とん地司令
09 越智信夫 1981年03月16日 - 1983年03月15日 東北方面総監部総務部総務課長 中部方面総監部人事部厚生課長
10 村杉秀夫 1983年03月16日 - 1985年03月15日 中央資料隊勤務 東部方面総監部総務部総務課長
11 前島實 1985年03月16日 - 1987年03月15日 陸上自衛隊幹部学校学校教官 東部方面総監部総務部総務課長
12 竹家良輔 1987年03月16日 - 1989年03月31日 陸上自衛隊冬季戦技教育隊 宇都宮駐屯地業務隊
13 池上旦生 1989年04月01日 - 1991年03月15日 日本原駐屯地業務隊長 飯塚駐屯地業務隊長
14 庄司光循 1991年03月16日 - 1993年03月23日 陸上自衛隊幹部学校教官
→1991年7月1日 1等陸佐昇任
東北方面総監部総務部広報室長
15 渡邊正二 1993年03月24日 - 1995年03月27日 陸上自衛隊富士学校主任教官 第6戦車大隊長
兼 大和駐屯地司令
16 西田尚司 1995年03月28日 - 1997年07月31日 陸上自衛隊幹部学校教官
→1995年7月1日 1等陸佐昇任
陸上自衛隊業務学校学校教官
17 松本隆義 1997年08月01日 - 1999年03月22日 第12師団司令部監察官 自衛隊愛知地方連絡部勤務
18 工藤敏生 1999年03月23日 - 2002年07月31日 第6戦車大隊長
兼 大和駐屯地司令
第7師団司令部監察官
19 古林豊造 2002年08月01日 - 2005年03月22日 東北方面総監部装備部後方運用課長 陸上自衛隊中央業務支援隊勤務
20 米村義一 2005年03月23日 - 2007年03月27日 陸上自衛隊研究本部研究員 第1教育団副団長
21 豊田勇 2007年03月28日 - 2008年11月30日 陸上自衛隊富士学校管理部
演習場管理課長
陸上自衛隊幹部学校学校教官
22 下司佳久 2008年12月01日 - 2010年03月31日 第6師団司令部監察官 中央即応集団司令部(駒門)付
23 南清治 2010年04月01日 - 2012年12月03日 装備実験隊勤務 中央即応集団司令部(駒門)付
24 千葉茂 2012年12月04日 - 2014年12月18日 北部方面総監部人事部援護業務課長 第2師団司令部監察官
25 萬代治 2014年12月19日 - 2017年03月22日 東部方面総監部総務部広報室長 陸上自衛隊会計監査隊副隊長
甲田宏 2017年03月23日 - 2019年03月25日 第2陸曹教育隊 東部方面総監部総務部広報室長

主要装備[編集]

設置されている課程[編集]

出典[編集]

  • PANZER臨時増刊 ウォーマシンレポート50 陸上自衛隊の戦車部隊 その歴史と現状 アルゴノート社 2016
  • 陸上自衛隊機甲科全史 菊池征男著 イカロス出版 2017

脚注[編集]

  1. ^ a b 防衛省人事発令(2019年3月26日:1佐職人事)
  2. ^ 駒門駐屯地創立記念行事2018(2018年4月1日:youtubeから閲覧)
  3. ^ a b c ウオーマシンレポートNo50 陸上自衛隊の戦車部隊-その歴史と現状 PANZER12月号臨時増刊619号,P107,アルゴノート社,2016年
  4. ^ 74式戦車は全車用途廃止、90式及び10式は機甲教導連隊その他部隊へ管理替

関連項目[編集]

外部リンク[編集]