オリンピック支援集団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

オリンピック支援集団とは、かつて日本国内でオリンピックが行われる際にその準備や競技中の支援を行うために臨時編成されていた陸上自衛隊の部隊である。

概要[編集]

オリンピック競技大会に対する協力は自衛隊法第100条の3及び自衛隊法施行令第126条の12に定められており[1][2]、関係機関からの依頼に基づき防衛大臣が自衛隊の任務遂行に支障を生じない範囲において必要な協力を命ずることができる[注 1]

主にオリンピックを開催する都市を管轄する方面隊の隊員を中心に、会場の準備や各種競技の支援等を行うために臨時編成していた[3]。集団規模の部隊は陸上自衛隊の創隊から現在までの間、二度(1964年に開催された東京オリンピック[4]及び1972年に開催された札幌オリンピック[3])編制している。

東京オリンピック支援集団[編集]

オリンピック支援集団として正式の発足する以前は「オリンピック準備室」の名称で陸上自衛隊幕僚監部内に設置されていた[5]東部方面総監部が置かれていた市ヶ谷駐屯地に臨時編成された東京オリンピック支援のための部隊。

なお、当時の東京オリンピックに支援協力したのは陸上自衛隊が設置したオリンピック支援集団だけではなく、海上自衛隊や航空自衛隊、防衛大学校生が含まれており、総勢約7,600人の規模で選手村の運営や選手・役員の輸送、競技などの支援業務にあたった[5]

東京オリンピック支援集団司令部主要幹部
官職名 階級 氏名 在任期間 前職 後職
東京オリンピック支援集団長 陸将 梅澤治雄 1963.12.10 - 1964.11.19
※1964.7.6 陸将昇任
統合幕僚会議事務局第4幕僚室長
→1963.8.1 東部方面総監部
(陸将補)
第11師団長
幕僚長 陸将補 原木敏雄 1964.03.16 - 1694.11.19 東部方面総監部幕僚副長 東部方面総監部付
→1965.3.16
陸上自衛隊航空学校
兼 明野駐とん地司令
総務部長 1等陸佐 吉池重朝 1963.12.10 - 1964.11.19 東部方面総監部第1部長
→1963.8.1 東部方面総監部付
自衛隊体育学校
→1965.1.1 陸将補昇任
→1965.3.16 自衛隊体育学校長
企画運用部長 1等陸佐 田畑良一 1963.12.10 - 1964.11.19 陸上幕僚監部
→1963.8.1 東部方面総監部付
陸上幕僚監部第2部付
→1965.1.1 陸将補昇任
→1965.3.16 陸上幕僚監部第2部長
競技支援部長 1等陸佐 大横田勉 1963.12.10 - 1964.11.19 中部方面総監部厚生課長
→1963.8.1 東部方面総監部付
陸上幕僚監部付
→1966.4.20 停年退官

札幌オリンピック支援集団[編集]

真駒内駐屯地に編成されていた札幌冬季五輪支援の為の部隊である[3]。冬季オリンピック開催ということもあり、準備は事前計画を含め2年で雪の運搬や会場準備等の計画を立案し、支援を行っていた[3]。札幌オリンピック開催に伴い北部方面隊及び全国の部隊より要員等の支援を受け編成。

沿革[編集]

  • 1970年(昭和45年)8月1日:札幌オリンピック支援集団準備本部真駒内駐屯地にて編成完結
  • 1971年(昭和46年)8月3日:札幌オリンピック支援集団司令部編成完結
  • 1972年(昭和47年)1月11日:札幌オリンピック支援集団編成完結
    • 2月15日:オリンピック支援の功績により第1級賞状受賞。
    • 3月15日:任務終了に伴い編成解組

編成[編集]

※編成に関しては各種目毎・目的別の支援部隊が編成されていた

  • 支援集団司令部
  • 司令部付隊
  • 航空支援隊
  • 通信支援隊
  • 輸送支援隊
  • 衛生支援隊
  • 式典支援隊
  • オリンピック村支援隊
  • 距離競技支援隊
  • ジャンプ競技支援隊
  • 回転競技支援隊
  • 滑走競技支援隊
  • バイアスロン競技支援隊
  • ボブスレー競技支援隊
  • リュージュ競技支援隊
  • 管理隊
札幌オリンピック支援集団司令部主要幹部
官職名 階級 氏名 在任期間 前職 後職
札幌オリンピック支援集団長 陸将補 西田秀男 1971.8.3 - 1972.3.15 第11師団副師団長
兼 真駒内駐とん地司令
→1970.7.16 北部方面総監部勤務
自衛隊体育学校
幕僚長 1等陸佐 子野日穣 1971.8.3 - 1972.3.15 陸上自衛隊高射学校第1教育部長
→1970.7.16 北部方面総監部第1部勤務
第1特科団本部付
→1972.3.24 第1高射団副団長
企画運用部長 1等陸佐 大沼茂 1971.8.3 - 1972.3.15 第27普通科連隊副連隊長
→1970.7.16 北部方面総監部第1部勤務
第25普通科連隊
兼 遠軽駐とん地司令

注釈[編集]

  1. ^ 2020年1月時点で自衛隊法施行令上で定められているスポーツ競技は、オリンピック競技大会、パラリンピック競技大会、アジア競技大会、国民体育大会、ワールドカップサッカー大会、およびラグビーワールドカップ大会のみとなっている[2]。自衛隊法の規定により、協力可能なスポーツ大会は「国際的若しくは全国的規模又はこれらに準ずる規模で開催」されるものに限られている[1]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 自衛隊法(昭和二十九年法律第百六十五号)第100条の3: 運動競技会に対する協力”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局 (2019年6月19日). 2020年2月14日閲覧。 “令和元年法律第三十八号改正、2019年9月18日施行分閲覧”
  2. ^ a b 自衛隊法施行令(昭和二十九年政令第百七十九号)第126条の12: 運動競技会の範囲”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局 (2019年8月30日). 2020年2月14日閲覧。 “令和元年政令第八十四号改正、2019年9月18日施行分閲覧”
  3. ^ a b c d 間野義之; 三菱総合研究所 ビジョン2020 推進センター (2013-12-25). オリンピック・レガシー 2020年東京をこう変える!. ポプラ社. pp. 55–. https://books.google.com/books?id=x_nyCwAAQBAJ&pg=PT55. 
  4. ^ オリンピック東京大会協力の記録 (Report). 自衛隊. (1965). pp. 36-52. doi:10.11501/2508749. https://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I000798463-00. "第2章 第1節 陸上自衛隊 2 東京オリンピック支援集団" 
  5. ^ a b 自衛隊によるオリンピックの支援業務”. 東京1964「私たちが見たオリンピック」(市報ちょうふ平成29年4月5日号). 調布市 (2017年4月13日). 2020年2月14日閲覧。

参考文献[編集]

  • 北部方面隊のあゆみ(北部方面総監部監修)
  • 『自衛隊1982ユニフォーム・個人装備』池辺茂彦 編、KKワールドフォトプレス、1981年。

関連項目[編集]

司令部は編成されなかったが、日本国内で開催された試合において各種支援を実施。本大会が日韓合同で開催されることに伴い、自衛隊法施行令を改正し、新たに自衛隊が支援をすることができる運動競技会の態様に追加をした。国家行事に該当するため、業務従事者は第39号防衛記念章(当時・現在は第40号)の授与対象となった。

外部リンク[編集]