野中図洋和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

野中 図洋和(のなか とよかず、1945年(昭和20年)8月 - )は、大阪府出身の、日本音楽家指揮者陸上自衛官大阪音楽大学卒業。

人物・来歴[編集]

1969年(昭和44年)4月に音楽科幹部要員として入隊。第3音楽隊長、中部方面音楽隊長、中央音楽隊副隊長を経て1986年(昭和61年)11月から1992年(平成4年)8月まで第9代中央音楽隊長2等陸佐)を務めた。その後、陸上幕僚監部教育訓練部(音楽行政担当)勤務を経て、1995年(平成7年)8月に第11代中央音楽隊長(1等陸佐)に就任。中央音楽隊長として2代計15年の長きに亘り昭和天皇大喪の礼明仁天皇即位の礼長野オリンピックなどに参加し、陸上自衛隊の広報活動に精力的に貢献した。

その功績により2005年(平成17年)4月1日陸将補に特別昇任し、同日付で退官した(三自衛隊の音楽隊長で将官に昇任した初の人物)。退官後は社団法人日本吹奏楽指導者協会(JBA)副会長 兼 生涯学習・社会教育委員長に就任し、吹奏楽指導者として後進の育成にあたっている。

2017年4月、平成29年春の叙勲にて瑞宝小綬章を受章[1]

脚注等[編集]

  1. ^ 平成29年春の叙勲受章者名簿(防衛省HP:2017/5/6閲覧)
先代:
富家秀則
船山紘良
中央音楽隊長
第9代:1986年 - 1992年
第11代:1995年 - 2005年
次代:
船山紘良
菅原茂