大喪の礼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大喪の礼(たいそうのれい)は、国の儀式として行われる天皇葬儀。「喪」は「うしなう」という原義から人の死、さらにその追悼と葬儀を意味する字であり「大喪」で「君主の死とその服喪と葬儀」を意味する。日本では「大喪」だけで「天皇の崩御と斂葬」を指す(反対語は君主(天皇)の即位を指す「大典」)。

明治天皇大正天皇の葬儀は「大喪儀」として行われた。

日本国憲法下において「天皇の葬儀」は、皇室典範第25条の規定に基づき国の儀式として執り行われる「大喪の礼」と、皇室の儀式として執り行われる「大喪儀」とに区別される。

概要[編集]

日本国憲法20条3項政教分離原則を定めることから、国家の宗教的中立性を保つため、国の儀式として行われる「大喪の礼」は、特定の宗教による儀式とされない。

皇室の私的な儀式とされた「大喪儀」は、皇室祭祀神道儀礼に則って執り行われる。皇室の葬儀は、飛鳥時代奈良時代 - 江戸時代まで寺院にての仏式の葬儀が行われていたが、孝明天皇の三年祭の際に神式が復古され、神道式で執り行われるようになった。

日本国憲法下における政教分離原則に基づく区別は、1989年平成元年)2月24日に行われた昭和天皇の葬儀のときに定められ、皇居から葬場が設営された新宿御苑までの葬列、葬場における儀式の一部、新宿御苑から墓所が置かれる武蔵陵墓地までの葬列が「大喪の礼」とされ(平成元年内閣告示第4号「昭和天皇の大喪の礼の細目に関する件」)、同時に皇室の私的な儀式として「大喪儀」を行うという形式がとられた。

明治天皇[編集]

1912年明治45年)7月30日崩御した明治天皇の大喪儀は、同年(大正元年)9月13日に行われた。葬儀は帝國陸軍練兵場(現在の神宮外苑)にて執り行われ、翌9月14日伏見桃山陵に埋葬された。

嘉仁謹ミテ
皇考ノ靈前ニ白ス
皇考ノ登遐シ給ヒシヨリ夙夜夢寢溫容ヲ諼ル能ハス櫬宮ニ殯殿ニ奉饌拜參シテ空シク靈前ニ感泣スルコト早ヤ已ニ四十餘日今ヤ伏見桃山ニ斂葬セムトシ轜車ヲ送リテ此ニ來レリ顧フニ曩ニ
皇考ノ病革ルヤ上下憂惧シテ天地ニ祈ルアリ茲ニ其ノ葬儀ヲ行フヤ朝野悲傷シテ已マス是レ皆ナ國民忠忱ノ發露スル所ニシテ卽チ
皇考徳澤ノ感孚スル所ナリ此ヲ思ヒ彼ヲ念ヒ痛悼ノ情倍マス切ナリ嗚呼哀イ哉
— 1912年(大正元年)9月13日、大葬儀における大正天皇の御誄(おんるい)[1]
主な国の特派使節

諸外国の皇族・特派使節の一覧は、1912年(大正元年)9月14日付『官報』号外[1]に掲載されている。国旗および役職名は1912年当時のもので、氏名・役職名は官報の記載に準じる。

ドイツの旗 ドイツ帝国
ハインリヒ親王
イギリスの旗 イギリス
アーサー・オブ・コンノート親王
スペインの旗 スペイン王国
ドン・アルフォンソ・デ・オルレアン・イ・ボルボン親王
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
特派大使ノックス英語版
フランスの旗 フランス
特派大使ルボン
(Félix Frédérique Georges Lebon)
ロシア帝国の旗 ロシア帝国
特派大使ニコラス・マレヴスキー・マレヴィッチ
イタリア王国の旗 イタリア王国
特派大使侯爵グ井ッチョリ
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国
特派大使男爵ラヂスラス・ミュルレル・ド・スツェントギオルギー
スウェーデンの旗 スウェーデン
特派使節グスタフ・オスカル・ワルレンベルク
メキシコの旗 メキシコ
特派使節ドン・ラモン・ゼー・バチエコ
オランダの旗 オランダ
特派使節ジャン・ヘルマン・ファン・ロイエン
スイスの旗 スイス
特派使節フェルヂナンド・サリス
Flag of Thailand 1855.svg シャム
特派使節プラチャムノン・ヂターカー
ベルギーの旗 ベルギー
特派使節伯爵ジオルジュ・ドラ・ファイユ・ド・ルヴェルゲム
チリの旗 チリ
特派使節アルフレッド・イララサウアル・サニヤルツ
デンマークの旗 デンマーク
特派使節伯爵ペー・アーレフェルト・ラウルフィッグ
ノルウェーの旗 ノルウェー
特派使節ベー・アンケル
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
特派使節フランシスコ・オルチス
ブラジルの旗 ブラジル
特派使節グスタヴオ・デ・ヴィアンナ・ケルシュ
ポルトガルの旗 ポルトガル
特派使節ヘンリケ・オーコンノル・マルチンス

この他、イギリスの中国艦隊から、海軍儀仗兵500名が派遣された。

大正天皇[編集]

1926年(大正15年)12月25日に崩御した大正天皇の大喪儀は、翌1927年昭和2年)2月7日から翌2月8日にかけて行われた。大喪儀は2月7日夜に天皇の霊柩を乗せた牛車を中心として組まれた葬列が、宮城(現・皇居)正門を出発することに始まった。宮中の伝統に従って夜間に執り行われたため、葬列はたいまつやかがり火等が照らす中を進行した。

葬儀は新宿御苑にて執り行われ、霊柩は新宿御苑仮停車場 - 東浅川仮停車場に大喪列車を運転して運ばれた。

裕仁敬ミテ
皇考ノ神靈ニ白ス 恭シク惟ルニ
皇考位ニ在シマスコト十有五年深仁厚澤人心ヲ感孚シタマヘリ一朝不豫久キニ彌リテ癒[2]エタマハス其ノ大漸ヲ傳フルニ當リテハ遠近爭ヒテ神祇ニ禱リ其ノ大行ヲ聞クニ及ヒテハ億兆考妣ヲ喪フカ如シ嗟予小子正ニ諒闇ニ在リ梓宮ヲ拜シテ音容ヲ想ヒ殯宮ニ候シテ涕涙ヲ灑ク茲ニ大喪ノ儀ヲ行ヒ哭ヒテ靈柩ヲ送リマツラントス今ニ感シ昔ヲ懐ヒ哀慕何ソ已マン嗚呼哀イ哉
— 1927年(昭和2年)2月7日、大葬儀における昭和天皇の御誄(おんるい)[3]

昭和天皇[編集]

1989年(昭和64年)1月7日に崩御した昭和天皇の大喪の礼は、同年(平成元年)2月24日に、内閣の主催(大喪の礼委員会委員長・竹下登内閣総理大臣)により行われた。

「大喪の礼」は、当日午前9時35分に、昭和天皇の霊柩を乗せた轜車(じしゃ。霊柩車)を中心として組まれた葬列(車30台、サイドカー30台の車列、全長約800m)が、宮内庁楽部による雅楽宗明楽」と陸上自衛隊による21発の弔砲に送られて、雨の降る皇居正門を出発することに始まった。出発前には、皇室の儀式「大喪儀」である「斂葬の儀」の一部である「轜車発引の儀」(じしゃはついんのぎ)が執り行われ、出発をもって国の儀式である「大喪の礼」が始まった。

葬列は、葬送曲「哀の極」の奏楽の中、桜田門を通り、沿道に集まった20万人の人々の間を進み、国会議事堂正門前、憲政記念館前、三宅坂赤坂見附、青山一丁目、外苑前、青山三丁目を経て、新宿御苑の葬場総門まで到着した(この途中、青山通りで若い過激派の男2人が「天皇制反対」を唱えて車列の中に突入したが、すぐに警備員に取り押さえられている)。到着後、昭和天皇の霊柩は轜車から葱華輦(そうかれん。天皇が用いる屋上にネギ坊主(葱華)形の吉祥飾りを着けた輿)に遷され、鈍色の衣冠単という古式の装束を着けた皇宮護衛官が「輿丁」としてこれを担ぐ徒歩列が組まれた。徒歩列は、雅楽が奏される中、白木造りの葬場殿に入り、霊輦(霊柩が納められた葱華輦)を安置された。

ここで、幔門(門に見立てられた黒一色の幔幕)が閉じられて鳥居などが設置され、国の儀式である「大喪の礼」から皇室の儀式である「大喪儀」が執り行われ、「斂葬の儀」(埋葬当日の儀式)のうち「葬場殿の儀」が執り行われることとなった。「葬場殿の儀」では、奠饌幣(幣帛を奉じる神道儀礼)や天皇の拝礼、天皇による「御誄」(おんるい、弔辞)の奏上、皇后を始めとする皇族や親族の拝礼が厳やかに営まれた。

明仁謹んで
御父昭和天皇の御霊に申し上げます。
崩御あそばされてより、哀痛は尽きることなく、温容はまのあたりに在ってひとときも忘れることができません。
櫬殿(しんでん)に、また殯宮(ひんきゅう)におまつり申し上げ、霊前にぬかずいて涙すること四十余日、無常の時は流れて、はや斂葬の日を迎え、轜車にしたがって、今ここにまいりました。
顧みれば、さきに御病あつくなられるや、御平癒を祈るあまたの人々の真心が国の内外から寄せられました。今また葬儀にあたり、国内各界の代表はもとより、世界各国、国際機関を代表する人々が集い、おわかれのかなしみを共にいたしております。
皇位に在られること六十有余年、ひたすら国民の幸福と平和を祈念され、未曾有の昭和激動の時代を、国民と苦楽を共にしつつ歩まれた御姿は、永く人々の胸に生き続けることと存じます。
こよなく慈しまれた山川に、草木に、春の色はようやくかえろうとするこのとき、空しく幽明を隔てて、今を思い、昔をしのび、追慕の情はいよいよ切なるものがあります。
誠にかなしみの極みであります。
— 今上天皇による御誄(おんるい) 斂葬の儀 葬場殿の儀[4]

「葬場殿の儀」が営まれた後、再び幔門が閉じられ鳥居等が外され、内閣官房長官小渕恵三が「大喪の礼御式を挙行いたします。」と開式を告げることで国の儀式である「大喪の礼」は始められた。次いで、天皇と皇后が葬場殿前に進み、正午から1分間の黙祷が行われた。黙祷の後、内閣総理大臣竹下登を始めとした三権の長が拝礼の上で弔辞を述べ、外国元首・弔問使節の拝礼、参列者の一斉拝礼が行われ、葬場殿における「大喪の礼」は終了した。その後、午後1時40分から、再び葬列を組み、四谷四丁目、新宿三丁目、新宿四丁目、首都高速道路4号新宿線初台出入口中央自動車道八王子インターチェンジを経て、午後3時15分に、陵所が置かれる武蔵陵墓地に着いた。陵所では再び徒歩列が組まれて、皇室の儀式として「陵所の儀」が営まれ、昭和天皇の霊柩がに納められた。この陵は、武蔵野陵と名付けられた。

「大喪の礼」の当日は、公休日となった(平成元年法律第4号「昭和天皇の大喪の礼の行われる日を休日とする法律」)、なお都心は雨であった。各地では弔旗半旗が掲揚されたほか、全国のテレビラジオ放送(NHK教育テレビNHKラジオ第二を除く)も終日報道特別番組が編成され、民間企業のCMは自粛し、公共広告機構(現:ACジャパン)のCMに差し替えられた。また、多くの公共施設が休館となり、多くのデパート・映画館なども休業した。フジテレビのドキュメンタリー番組『世界が日本を見つめた日』では、当日の報道特集を放送した。

「大喪の礼」には、世界各国から、国家元首、使節、大使等、164か国(EC委員会を含む)・27機関の700人に及ぶ人々が参列した。また、国内からは、皇族、三権の長とその配偶者、国会議員とその配偶者、幹部公務員、都道府県知事、各界の代表者等が参列した(参列者の範囲は平成元年内閣告示第4号「昭和天皇の大喪の礼の細目に関する件」による)。

主な国及び国際機関の代表参列者

国旗は1989年当時のもの。また、諸外国及び国際機関の代表参列者の一覧は、外交青書(1989年版)[5]に掲載されている。

ヨルダンの旗 ヨルダン
フセイン1世国王
ブータンの旗 ブータン
ジグミ・シンゲ・ワンチュク国王
ツェリン外務大臣
レト大使
ブルネイの旗 ブルネイ
ハサナル・ボルキア国王
タイ王国の旗 タイ
ワチラーロンコーン皇太子
チャートチャーイ・チュンハワン首相
ネパールの旗 ネパール
ギャネンドラ・ビール・ビクラム・シャハ王子
カンボジアの旗 民主カンボジア連合政府
ノロドム・ラナリット王子
フィリピンの旗 フィリピン
コラソン・アキノ大統領
インドネシアの旗 インドネシア
スハルト大統領
インドの旗 インド
ラーマスワーミ・ヴェンカタラマン大統領
バングラデシュの旗 バングラデシュ
フセイン・モハンマド・エルシャド大統領
モルディブの旗 モルディブ
マウムーン・アブドル・ガユーム大統領
イスラエルの旗 イスラエル
ハイム・ヘルツォーグ大統領
イラクの旗 イラク
ターハー・ムヒーウッディーン・マアルーフ副大統領
イランの旗 イラン
ミールサリーム副大統領
サウジアラビアの旗 サウジアラビア
アブドゥラアジズ皇太子
スリランカの旗 スリランカ
ジュニウス・リチャード・ジャヤワルダナ前大統領
シンガポールの旗 シンガポール
リー・クアンユー(李光耀)首相
パキスタンの旗 パキスタン
ベーナズィール・ブットー首相
トルコの旗 トルコ
トゥルグト・オザル首相
ベトナムの旗 ベトナム
ダオ国家評議会副議長兼国会議長
中華人民共和国の旗 中国
銭其外相
徐敦信外交部アジア司長
楊振亜大使
韓国の旗 韓国
姜英勲国務総理
申東元外務次官
李源京大使
アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦
ザーイド大統領
欧州連合の旗 EC委員会
アンドリーセン副委員長
ワインマーレン副委員長付官房長
ファン・アフト大使
バチカンの旗 バチカンローマ教皇庁
オッディ枢機卿
カルー大使
スペインの旗 スペイン
フアン・カルロス1世国王
ソフィア王妃
サパテロ国会関係首相府官房担当大臣
バルシア大使
スウェーデンの旗 スウェーデン
カール16世グスタフ国王
シルヴィア王妃
フェルト大蔵大臣
ヘイマン大使
ベルギーの旗 ベルギー
ボードゥアン1世国王
アラゴン王妃
ティンデマンス外務大臣
デンマークの旗 デンマーク
ヘンリク王配
シモンセン大蔵大臣
アナセン大使
リヒテンシュタインの旗 リヒテンシュタイン
ハンス・アダム皇太子
ノルウェーの旗 ノルウェー
ハーラル皇太子
ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク
ジャン大公
ハンガリーの旗 ハンガリー
ブルーノ・ストラウブ大統領
イギリスの旗 イギリス
エディンバラ公フィリップ
ダグラス・ハード外務大臣
フランスの旗 フランス
フランソワ・ミッテラン大統領
ローラン・デュマ外務大臣
ドゥコー外務大臣付仏語圏国際文化交流担当大臣
ドラン大使
フィンランドの旗 フィンランド
マウノ・コイヴィスト大統領
西ドイツの旗 西ドイツ
リヒャルト・フォン・ヴァイツゼッカー大統領
ゲンシャー副首相兼外務大臣
ブレヒ大統領府長官
ハリーヤ大使
東ドイツの旗 東ドイツ
ゲアラハ国家評議会副議長
ニーア外務次官
シュミット大使
アイスランドの旗 アイスランド
ヴィグディス・フィンボガドゥティル大統領
アイルランドの旗 アイルランド
パトリック・ヒラリー大統領
イタリアの旗 イタリア
フランチェスコ・コッシガ大統領
ポルトガルの旗 ポルトガル
マリオ・ソアレス大統領
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
アナトリー・ルキヤノフ最高会議幹部会第一副議長
ポーランドの旗 ポーランド
バルチコフスキ国家評議会副議長
ルーマニアの旗 ルーマニア
マネスク国家評議会副議長
モナコの旗 モナコ
アルベール皇太子
アルバニアの旗 アルバニア
パパヨルギ大使
エジプトの旗 エジプト
ホスニー・ムバーラク大統領
ケニアの旗 ケニア
ダニエル・アラップ・モイ大統領
ナイジェリアの旗 ナイジェリア
イブラヒム・ババンギダ大統領
トーゴの旗 トーゴ
ニャシンベ・エヤデマ大統領
ザイールの旗 ザイール
モブツ・セセ・セコ大統領
ザンビアの旗 ザンビア
ケネス・カウンダ大統領
ガンビアの旗 ガンビア
ダウダ・ジャワラ大統領
ブルンジの旗 ブルンジ
ピエール・ブヨヤ大統領
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
クーン総領事
アンゴラの旗 アンゴラ
ヴァン・ドゥーネン外務大臣
ハレー外務省アジア・太洋州局長
アルジェリアの旗 アルジェリア
ビタット国民議会議長
ベントゥーネ国民議会議員
ゼルーニ大使
モロッコの旗 モロッコ
シディ・モハメッド皇太子
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジョージ・H・W・ブッシュ大統領
バーバラ大統領夫人
ジェイムズ・ベイカー国務長官
スヌヌ首席補佐官
ブレント・スコウクロフト国家安全保障問題担当大統領補佐官
アンダーソン臨時代理大使
カナダの旗 カナダ
ソヴェー総督
キューバの旗 キューバ
フェルナンデス閣僚会議副議長兼教育大臣
ブラジルの旗 ブラジル
ジョゼ・サルネイ大統領
ソドレー外務大臣
ツヅキ衛生大臣
ブエノ大使
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
マルティネス副大統領
デ・ラ・グァルディア政策担当外務次官補
ロス大使
チリの旗 チリ
エラスリス外務大臣
シルヴァ外務大臣秘書官
ポンセ大使
オーストラリアの旗 オーストラリア
ジョージ・ハイドン総督
ダフィー貿易交渉大臣
ミラー大使
ニュージーランドの旗 ニュージーランド
ポール・リーブス総督
マーシャル外務大臣兼太平洋島嶼国問題大臣
ゲイツ大使
トンガの旗 トンガ
タウファアハウ・ツポウ4世国王
フィジーの旗 フィジー
ペナイア・ガニラウ大統領
コロヴァヴァラ侍従武官
ウォーカー大使
サモアの旗 西サモア
マリエトア・タヌマフィリ2世大首長
マーシャル諸島の旗 マーシャル諸島
キジナー外務大臣
国際連合の旗 国際連合
ハビエル・ペレス・デ・クエヤル事務総長
明石康事務次長
アジア開発銀行
藤岡眞佐夫総裁
国際連合の旗 国際連合 食糧農業機関
プーリ・アジア太平洋地域事務所長(事務局長補)
関税および貿易に関する一般協定
ダンケル事務局長
国際連合の旗 国際連合 国際復興開発銀行
コナブル総裁
赤十字国際委員会の旗 赤十字国際委員会
キュング東アジア地域首席代表
米州開発銀行
デ・アンドレア理事(ペルー、コロンビア担当)
国際連合の旗 国際農業開発基金
ブラウン副総裁
国際労働機関の旗 国際労働機関
中村事務局長補
国際連合の旗 国際連合 国際通貨基金
カムドゥシュ専務理事
国際電気通信連合
ジプゲップ事務総局次長
OECD logo.svg 経済協力開発機構
ペイユ事務総長
国際連合の旗 国際連合 開発計画
ドレーパー事務局長
ユネスコの旗 教育科学文化機関(ユネスコ)
ヤケール事務局長付特別顧問
工業開発機関
シアソン事務局長
世界保健機関の旗 世界保健機関
中嶋宏事務局長
世界気象機関の旗 世界気象機関
ホー・アジア南西太平洋地域担当部長
国際連合の旗 国際連合 大学
グルグリーノ学長

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 大正元年9月14日付『官報』号外、大正1年 明治天皇陸特綴附属書類(ref.C10050030900)、防衛省防衛研究所。
  2. ^ 原文は「瘳」で、「廖」のまだれをやまいだれにした文字。
  3. ^ 昭和2年2月8日付『官報』号外、大喪儀関係 官報(7)(ref.C10050097100)、防衛省防衛研究所。井原頼明著『増補版 皇室事典』、冨山房、1942年。
  4. ^ 御誄(おんるい) 斂葬の儀 葬場殿の儀、宮内庁。
  5. ^ 同書資料ページ 5.「昭和天皇大喪の礼」に参列した国及び国際機関の代表

関連[編集]

外部リンク[編集]