国立追悼施設を考える会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

国立追悼施設を考える会(こくりつついとうしせつをかんがえるかい)は、2005年11月に発足した日本の超党派の議員連盟

概要[編集]

靖国神社問題の解決策として、新しい「国立追悼施設」の在り方を検討することを目的に2005年11月9日発足[1]。自民党、民主党、公明党から約100人が参加した[1]

設立時の会長は山崎拓自民党)、副会長は冬柴鐵三公明党)および鳩山由紀夫民主党)である[1]。山崎拓など、みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会と同時に参加した議員も存在する。

形式としては特定の宗教によらない全国戦没者追悼式の常設版、施設としては千鳥ケ淵戦没者墓苑の拡充案なども議論されている。

所属議員一覧[編集]

自民党[編集]

在籍した元議員[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c “追悼施設促進に積極提言 日韓改善へ議連発足”. 共同通信社. 47NEWS. (2005年11月9日). http://www.47news.jp/CN/200511/CN2005110901000954.html 2013年3月2日閲覧。 

関連項目[編集]