田名部匡代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
田名部 匡代
たなぶ まさよ
Masayo Tanabu 201101.jpg
農林水産大臣政務官就任に際して公表された肖像写真
生年月日 (1969-07-10) 1969年7月10日(53歳)
出生地 日本の旗 日本 青森県八戸市
出身校 玉川学園女子短期大学
前職 田名部匡省衆・参議院議員秘書
所属政党民主党→)
民進党→)
旧国民民主党階G)→)
立憲民主党泉G
称号 準学士
親族 父・田名部匡省(元農林水産大臣)
公式サイト 田名部匡代公式ウェブサイト

選挙区 青森県選挙区
当選回数 2回
在任期間 2016年7月26日 - 現職

選挙区 比例東北ブロック青森3区
当選回数 3回
在任期間 2003年7月6日 - 2003年10月10日
2005年9月12日 - 2012年11月16日
テンプレートを表示

田名部 匡代(たなぶ まさよ、1969年昭和44年〉7月10日 - )は、日本政治家立憲民主党所属の参議院議員(2期)。立憲民主党参議院幹事長・党青森県連代表[1]

衆議院議員(3期)、農林水産大臣政務官菅第1次改造内閣菅第2次改造内閣)、参議院国土交通委員長民進党参議院政策審議会長旧国民民主党副代表、立憲民主党常任幹事会議長などを歴任した。

父は農林水産大臣、参議院議員、衆議院議員、無所属の会代表等を歴任した田名部匡省

来歴[編集]

青森県八戸市生まれ。八戸市立吹上小学校八戸市立第一中学校青森県立八戸東高等学校玉川学園女子短期大学卒業。短大卒業後は父・田名部匡省の秘書を務める。

2000年第42回衆議院議員総選挙民主党公認で青森3区から出馬したが、自由民主党大島理森に敗れ、重複立候補していた比例東北ブロックでも次点で落選した。2003年日野市朗の死去により繰り上げ当選。同年の第43回衆議院議員総選挙に青森3区から民主党公認で出馬するが、再び自民党の大島に敗れ、比例東北ブロックでも惜敗率0.1%の僅差で落選した。

2005年第44回衆議院議員総選挙では、前回に比べ青森3区での得票数は大島に大差をつけられるも、比例東北ブロックで復活し、2年ぶりに国政に復帰。2009年第45回衆議院議員総選挙では青森3区で大島を猛追し、一時は日本テレビが大島の選挙区落選を報じ大島自身も選挙事務所で支持者に対する「お詫び会見」を行うもこれは誤報であり、367票差で田名部が敗れ、比例復活により3選。

2010年9月、菅第1次改造内閣農林水産大臣政務官に任命され、菅第2次改造内閣まで務めた。

2011年8月26日、菅直人首相が民主党代表辞任を正式に表明[2]。菅の辞任に伴う代表選挙(8月29日投開票)では鹿野道彦の推薦人に名を連ねた[3]

2012年12月の第46回衆議院議員総選挙でも大島に敗れ、比例復活もならず落選。2014年12月の第47回衆議院議員総選挙でも大島に敗れ、比例復活もならず落選。

2016年7月の第24回参議院議員通常選挙青森県選挙区から民進党公認の野党統一候補として立候補し[4]山崎力に8052票差で当選[5]

同年9月15日の民進党代表選挙では蓮舫の推薦人に名を連ね[6]、東北の民進党議員の票を取りまとめた[7]

2017年9月、民進党参議院政策審議会長に就任した[8]

2018年5月7日、民進党と希望の党の合流により結党された国民民主党に参加[9]5月8日、国民民主党の幹事長代理と参議院政策審議会長に就任した[10]。9月11日より党副代表[11]

2019年10月4日、参議院国土交通委員長に就任[12]

2020年8月23日、立憲民主党と国民民主党が解党して設立する合流新党への参加を表明した[13]。同年9月10日に行われた合流新党の代表選挙では泉健太の推薦人に名を連ねた[14]。9月15日、合流新党の(新)立憲民主党の結党大会が開かれ、田名部は党常任幹事会議長に就任[15]。10月24日、立憲民主党青森県連の設立大会が開催され、田名部と元県議の山内崇が共同代表に就任した[1]

2021年10月31日の第49回衆議院議員総選挙で立憲民主党は議席を「109」から「96」に減らし、11月2日、枝野幸男代表は引責辞任を表明[16]。枝野の辞任に伴う代表選挙(11月30日投開票)では泉健太の選対本部長を務め[17]、かつ推薦人に名を連ねた[18]。12月6日、立憲民主党は、執行役員12人のうち6人を女性とする新たな人事を決定[19][20]。田名部は執行役員の役職の一つ、つながる本部長代行に選任された[21]

2022年7月の第26回参議院議員通常選挙で再選。7月29日、立憲民主党の参議院議員総会にて、党参議院幹事長への就任が承認された[22][23]

政策・主張[編集]

憲法[編集]

  • 憲法改正について、2016年のアンケートで「どちらかと言えば反対」と回答[24]。同年の毎日新聞社のアンケートで「賛成」と回答[25]。2022年のNHKのアンケートで「どちらとも言えない」と回答[26]。同年の毎日新聞社のアンケートで回答しなかった[27]
  • 9条改憲について、2016年の毎日新聞社のアンケートで、選択肢以外の回答をした[25]。2022年の毎日新聞社のアンケートで「反対」と回答[27]。9条への自衛隊の明記について、2022年のNHKのアンケートで「反対」と回答[26]
  • 憲法を改正し緊急事態条項を設けることについて、2022年のNHKのアンケートで「反対」と回答[26]

外交・安全保障[編集]

  • 「他国からの攻撃が予想される場合には先制攻撃もためらうべきではない」との問題提起に対し、2016年のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[24]
  • 敵基地攻撃能力を持つことについて、2022年のNHKのアンケートで「どちらかと言えば反対」と回答[26]
  • 「北朝鮮に対しては対話よりも圧力を優先すべきだ」との問題提起に対し、2016年のアンケートで「どちらかと言えば賛成」と回答[24]
  • 安全保障関連法の成立について、2016年の毎日新聞社のアンケートで「廃止すべき」と回答[25]
  • 普天間基地の移設問題について、2016年の毎日新聞社のアンケートで「沖縄県以外の国内に移設すべき」と回答[25]
  • ロシアは2022年2月24日、ウクライナへの全面的な軍事侵攻を開始した[28]。日本政府が行ったロシアに対する制裁措置についてどう考えるかとの問いに対し、2022年のNHKのアンケートで「さらに強めるべきだ」と回答[26]。同年の毎日新聞社のアンケートで「制裁をより強めるべきだ」と回答[27]
  • 2022年6月7日、政府は経済財政運営の指針「骨太方針」を閣議決定した。NATO加盟国が国防費の目標としている「GDP比2%以上」が例示され、防衛力を5年以内に抜本的に強化する方針が明記された[29]。「防衛費を今後どうしていくべきだと考えるか」との問いに対し、2022年のNHKのアンケートで「ある程度増やすべき」と回答[26]

ジェンダー[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度の導入について、2016年の朝日新聞社のアンケート、2022年のNHKのアンケートで「賛成」と回答[24][26]
  • 同性婚を可能とする法改正について、2016年の朝日新聞社のアンケート、2022年のNHKのアンケートで「賛成」と回答[24][26]
  • クオータ制の導入について、2016年の朝日新聞社のアンケート、2022年のNHKのアンケートで「賛成」と回答[24][26]

その他[編集]

  • 永住外国人への地方参政権付与について、2016年のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[24]
  • 首相の靖国神社参拝について、2016年のアンケートで「どちらかと言えば反対」と回答[24]
  • 「治安を守るためにプライバシーや個人の権利が制約されるのは当然だ」との問題提起に対し、2016年のアンケートで「どちらかと言えば反対」と回答[24]
  • 原子力発電所は日本に必要だと思うか」との問いに対し、2016年の毎日新聞社のアンケートで「当面は必要だが、将来的には廃止すべき」と回答[25]
  • 2016年の米国大統領選挙について「ドナルド・トランプヒラリー・クリントンのどちらを支持するか」との問いに対し、2016年の毎日新聞社のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[25]
  • 国会議員の被選挙権年齢の引き下げについて、2022年の毎日新聞社のアンケートで「賛成」と回答[27]

所属団体・議員連盟[編集]

人物[編集]

  • 趣味は映画鑑賞[30]

脚注[編集]

  1. ^ a b ご挨拶”. 立憲民主党 青森県総支部連合会 公式ホームページ. 2021年3月17日閲覧。
  2. ^ “菅直人首相が退陣を正式表明、民主代表選が事実上スタート”. ロイター. (2011年8月26日). https://www.reuters.com/article/idJPJAPAN-22883120110826 2021年11月27日閲覧。 
  3. ^ 2011年8月29日投票 民主党代表選挙 推薦人一覧”. 江田五月 - 新たな出発. 2021年11月27日閲覧。
  4. ^ 野党統一候補 たなぶまさよ 日本共産党
  5. ^ 2016参院選 青森選挙区開票速報
  6. ^ 蓮舫候補民進党代表選挙推薦人名簿 (PDF)”. 民進党 (2016年9月2日). 2021年11月26日閲覧。
  7. ^ “<民進代表戦>東北議員 蓮舫氏支持最多8人”. 河北新報. (2016年9月3日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201609/20160903_71014.html [リンク切れ]
  8. ^ “民進 参院の新執行部体制を決定”. NHK. (2017年9月14日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170914/k10011139021000.html 
  9. ^ “国民民主党、結党大会を開催”. Qnewニュース. (2018年5月7日). https://qnew-news.net/news/2018-5/2018050702.html 2018年5月24日閲覧。 
  10. ^ “役員人事を了承 両院議員総会”. 国民民主党. (2018年5月8日). https://www.dpfp.or.jp/2018/05/08/役員人事を了承%e3%80%80両院議員総会/ 2018年5月24日閲覧。 
  11. ^ “【国民民主党役員人事】幹事長に平野博文氏 津村啓介氏は副代表に 党役員人事案を了承”. 産経新聞. (2018年9月11日). https://www.sankei.com/article/20180911-YG47OOENZ5PTHD65II2KQQZYGM/ 2018年9月14日閲覧。 
  12. ^ “臨時国会開会、新たな常任委員長決まる”. Qnewニュース. https://qnew-news.net/news/2019-10/2019100711.html 2019年10月18日閲覧。 
  13. ^ “田名部氏、合流新党への参加表明”. 河北新報. (2020年8月24日). https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/202008/20200824_21019.html 2020年9月14日閲覧。 
  14. ^ “【合流新党】国民・泉政調会長の推薦人名簿”. 産経新聞. (2020年9月7日). https://www.sankei.com/article/20200907-3PCJAVYSGRJP5AHKTLEP7FXGNA/ 2021年11月4日閲覧。 
  15. ^ “新・立憲民主、150人で結党 衆院野党第1党、8年ぶり100人超”. 毎日新聞. (2020年9月15日). https://mainichi.jp/articles/20200915/k00/00m/010/197000c 2022年8月29日閲覧。 
  16. ^ 立民 枝野代表 辞任の意向表明 衆院選 議席減で引責”. NHK (2021年11月2日). 2021年11月2日閲覧。
  17. ^ “【詳しくわかる】立憲民主党代表選挙2021”. NHK. (2021年11月19日). https://www.nhk.or.jp/politics/articles/lastweek/71981.html 2021年11月24日閲覧。 
  18. ^ “立憲代表選、4陣営の推薦人は計90人 国会議員の7割固まる”. 朝日新聞. (2021年11月19日). https://www.asahi.com/articles/ASPCM46VPPCMULEI002.html 2021年11月19日閲覧。 
  19. ^ 井上峻輔 (2021年12月6日). “ジェンダー平等へ、立憲民主党の執行役員は半数が女性 泉氏の公約実現”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/147198 2021年12月6日閲覧。 
  20. ^ “立民代表選 泉政調会長「党幹部半分を女性に」を公約に”. TBS NEWS. (2021年11月18日). https://www.youtube.com/watch?v=IN-9lasQwh4 2021年12月2日閲覧。 
  21. ^ 役員一覧 - 立憲民主党”. 立憲民主党 (2021年12月6日). 2021年12月6日閲覧。
  22. ^ “立民参院、水岡会長を承認 田名部幹事長、斎藤国対委員長”. 共同通信. (2022年7月29日). https://nordot.app/925590621120790528?c=39546741839462401 2022年7月30日閲覧。 
  23. ^ 【参議院議員総会】会派参議院議員会長に水岡俊一参院議員が就任”. 立憲民主党 (2022年7月29日). 2022年7月30日閲覧。
  24. ^ a b c d e f g h i 田名部匡代”. 2016参院選 候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査). 朝日新聞社. 2022年5月18日閲覧。
  25. ^ a b c d e f “2016参院選 民進 青森 田名部匡代”. 毎日新聞. オリジナルの2016年6月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160628053320/http://mainichi.jp/senkyo/24san/meikan/?mid=B02000003003 2022年5月18日閲覧。 
  26. ^ a b c d e f g h i 選挙区 青森”. 候補者アンケート - 参院選2022. NHK. 2022年6月27日閲覧。
  27. ^ a b c d 田名部匡代 立憲 青森”. 第26回参院選. 毎日新聞社. 2022年6月28日閲覧。
  28. ^ ロシアが全面侵攻開始、ウクライナは自国を防衛=クレバ外相”. ロイター (2022年2月24日). 2022年2月28日閲覧。
  29. ^ 川田篤志、柚木まり (2022年6月8日). “防衛費や子ども関連費倍増も 財源検討は参院選後に先送り 政府が「骨太方針」閣議決定”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/182147 2022年6月27日閲覧。 
  30. ^ デーリー東北新聞社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代
佐々木隆博
舟山康江
日本の旗 農林水産大臣政務官
松木謙公と共同
吉田公一と共同

2010年 - 2011年
次代
森本哲生
仲野博子
議会
先代
羽田雄一郎
日本の旗 参議院国土交通委員長
2019年 - 2020年
次代
江﨑孝
党職
先代
森裕子
立憲民主党参議院幹事長
第3代:2022年-
次代
(現職)