47NEWS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
47NEWS
URL www.47news.jp
タイプ ニュースサイト
運営者 全国新聞ネット[注 1]
設立日 2006年12月24日
現状 ユニークユーザー900万人/月
ページビュー1億6000万/月
(2011年3月現在)[2]

47NEWS(よんななニュース)は、全国52の新聞社のニュースと共同通信の内外ニュースを束ねたニュース配信サイト。株式会社全国新聞ネット(ぜんこくしんぶんネット、Press Net Japan Co.,Ltd.[注 1]が運営し、その所在地は共同通信社の本社がある汐留メディアタワーとなっている。

当サイトに参加しているのは、何れも共同通信社の加盟社か契約社となっている。

概要[編集]

47NEWS」の「よんなな」とは、日本の47都道府県を意味する。

2006年12月オープン。地方新聞社各社の日本全国への情報発信力を高めることを目的としている[3][4]。地図とニュース記事が連動しており、地図を操作しながらニュース記事を閲覧できる点が特徴[4]。同一エリアで反目している会社同士(例えば中日新聞社岐阜新聞社伊勢新聞社静岡新聞社など)が同時参加しているケースも見受けられる。さらに、同じ新聞社が発行する別の新聞が同時参加しているケース・参加していないケースも以下のようにある。

2008年4月にリニューアルし、各新聞社のコラムを掲載するコーナーの新設やブログパーツの提供をはじめた[5][6]

日本の大手マスコミ(新聞社・テレビおよびその配信を受けるポータルサイト)の多くでWeb配信の記事は期間限定(数週間~数ヶ月)であるのに対して、47NEWSでは共同通信配信記事についてはほぼすべて保存されているのでリンク切れが起こりにくく、それらの記事に永続性のあるURLが割り当てられているため、外部リンクの形で引用しやすいという特徴がある。

2016年現在、47NEWSのホームページの記事本文へのリンクは、共同通信社のグループ企業・ノアドット株式会社が運営・提供する記事表示サービスのドメイン名http://this.kiji.is/で始まるアドレスへ飛ばされる[7]

47NEWS参加社[編集]

現在の参加社[編集]

過去の参加社[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 当サイト設立の年・2006年の9月15日に全国紙や地方紙など47新聞社からの出資により設立された株式会社[1]

出典[編集]

  1. ^ 村松健至 (2006年12月22日). “52新聞社と共同通信社のニュースを配信する「47NEWS」が24日に開設”. Internet Watch (インプレス). http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/12/22/14337.html 2015年8月14日閲覧。 →アーカイブ
  2. ^ 47NEWS
  3. ^ ascii24.com編集部 (2006年12月22日). “全国新聞ネット、全国52新聞社が連携したポータルサイト“47NEWS”を発表”. アスキー・メディアワークス. 2008年4月27日閲覧。
  4. ^ a b japan.internet.com 編集部 (2006年12月22日). “japan.internet.com Webビジネス - 全国52新聞社が連携する総合ニュースサイト「47NEWS」、24日にオープン”. Jupitermedia Corporation. 2008年4月27日閲覧。
  5. ^ 全国新聞ネット (2008年4月4日). “全国新聞ネット ニュースリリース 47NEWSが4月10日にリニューアル”. 全国新聞ネット. 2008年4月27日閲覧。
  6. ^ マイコミジャーナル (2008年4月4日). “全国地方紙ニュースサイト「47NEWS」がリニューアル、コラム読み比べ可能に | ネット | マイコミジャーナル”. 2008年4月27日閲覧。
  7. ^ this.kiji.isヘルプ - this.kiji.isとは

関連項目[編集]

外部リンク[編集]