世俗教育

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

世俗教育(せぞくきょういく)とは、非宗教学校教育を指す。宗教教育対義語である。

近代初頭までのヨーロッパでは、学校ではキリスト教に基づく宗教教育が行われていた。しかし、国家による義務教育制度が進展するに伴い、教育の非宗教化が推進される。

宗教教育と、世俗教育とでは、道徳教育の在り方に違いが現れる。宗教教育では、道徳の根拠をという超越者に求めれば解決するが、世俗教育においては、社会個人の関係に求めざるを得なくなる。

ただし、世俗教育は、特定の宗教を信奉する者とは、相容れない場面が発生することもある。修学旅行において、特定の宗教を信奉していない児童生徒は問題なく入場できる神社仏閣に、特定の宗教を信奉する児童・生徒は入場できない、などの問題である。

関連項目[編集]