教育史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

教育史(きょういくし)とは、教育歴史、またはその学問

通常、ひとことで「教育史」と言っても焦点の当て方、テーマはさまざまであり、教育思想の歴史(教育の思想史)、学校の歴史、学校制度史などがありうる。

フランス社会史アナール学派研究、また特にその代表者、フィリップ・アリエスの『子供の誕生』(1960年刊)以来、教育の事象を社会史の中で捉えるという試みも多くなされるようになり、教育史の内容や視点も大きく変わってきた。例えば、出産育児の歴史や教育観、しつけ観の歴史なども研究されるようになってきている。

各国の大学で行われる教育史の内容は、それぞれ偏りがちであるが、日本でのカリキュラム、教育学の一部門として扱われる「教育史学」においても、一般に日本に大きな比重が置かれがちで、教育史を日本教育史西洋教育史・その他の地域の教育史に大別して扱い、歴史の初期における教育やしつけの形態から、学校の誕生と発展、その法的な整備などまで含めた教育の制度、読み書き算盤から、音楽弁論武芸などまでの教育の内容・方法、教育の思想などの歴史を含むが、結果として、日本と西欧以外の地域、たとえば中東インド中国南米などの教育史などが、それはそれで本当はかなりの内容があるにもかかわらず、ほとんど無視されたり、忘れ去られがちである。 [1]

日本教育史[編集]

古代(律令時代)[編集]

中世[編集]

近世[編集]

近現代[編集]

アジア[編集]

西洋教育史[編集]

古代[編集]


中世[編集]

ルネサンス・宗教改革期[編集]

産業革命期[編集]

近代[編集]

オセアニア[編集]

南米[編集]

アフリカ[編集]

中東[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ また、古代ユダヤ人の教育とキリスト教教育が、一連の流れで扱わないと理解できない面があるが、「西洋 vs 日本」や 「西洋 vs 東洋」というあまりに単純な2分法では、それもうまく扱えない。