知恵の館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハリーリーの『マカーマート』に描かれたバスラの公立図書館(dār al-quṭb)の挿絵(1237年画)。作中での公立図書館で催された文学サロン・詩吟会の情景。13世紀当時のイスラーム世界の図書館の形態を良く伝えているが、各々の書棚には装丁された書物が何冊か積み重ねられて配架されていた様子が分かる。『マカーマート』第2話「フルワーンのマカーマ」より[1]

知恵の館(ちえのやかた、アラビア語:バイト・アル=ヒクマ, بيت الحكمة Bayt al-Ḥikmah)は、830年アッバース朝の第7代カリフマームーンバグダードに設立した図書館であり[2]天文台も併設されていたと言われている。

サーサーン朝の宮廷図書館のシステムを引き継いだもので、諸文明の翻訳の場となった[3]。「知恵の館(バイト・アル=ヒクマ)」は「図書館」を指すサーサーン朝の呼び名の翻訳だと言う。

主要活動[編集]

ギリシア語の学術文献の、アラビア語への翻訳であった[2]。時にはシリア語を介しての翻訳になった。

国家事業として、医学書・天文学占星術を含む)・数学に関するヒポクラテスガレノスなどの文献から、哲学関係の文献はプラトンアリストテレスとその注釈書など、膨大な書物が大々的に翻訳された(「大翻訳」)。また、使節団を東ローマ帝国に派遣して文献を集めることもあった。

衰退[編集]

10代カリフ・ムタワッキル(在位:847年 - 861年)はマアムーン時代から続くムウタズィラ派擁護政策を放棄した。これはムウタズィラ派の極端な合理主義・思弁主義的思想に反発する形で擡頭して来た伝統主義者、いわゆる「ハディースの徒(アフル・アル=ハディース ahl al-ḥadīth )」に配慮したものであった。「ハディースの徒」と呼ばれた伝統主義の人々の立場は、おもにイスラーム法の法源は第1にはクルアーンであり、預言者ムハンマドにまつわるハディースはこれに次ぐものとしていた。アッバース朝初期の神学論争ではクルアーンやハディースで語られている「唯一なる神アッラーの絶対性」を巡る議論が交わされていたが、「ハディースの徒」をはじめとする伝統主義の考えでは、「クルアーン創造論」を巡る論争のようにムウタズィラ派にみられるようなギリシア・ローマ哲学流の「合理主義」的な経典解釈ではクルアーンやハディースで語られている「アッラーの絶対性」を損ねるものと受け止められ、一般的なムスリム信徒たちの宗教的な心情とも遊離しつつあった[4]。また、ムウタズィラ派系の人々が使用していたアラビア語の術語は、従来のアラビア語では見られないようなギリシア語的な翻訳語を多用する場合が多く、ハディース学・伝承学の分野で必須の伝統的なアラビア語文法学を修めた伝統主義的な学識者にとって、ムウタズィラ派の人々の論説で使われている言い回しは「アラビア語らしからぬ新奇な表現」と映った[5]。ムタワッキルの時代はサーマッラーに遷都したままであり、カリフからの庇護を失った「知恵の館」も翻訳活動アラビア語を優先するそのクルアーンやハディースの解釈には伝統的なアラビア語学の知識と以降の反動期によって、活動が急速的に衰えていくこととなった。

なお、欧米では1258年モンゴル帝国によるバグダードの戦いによりバグダードが陥落した時に、知恵の館もその膨大な文書と共に灰燼に帰した、とする風聞が流布している。

スタッフ[編集]

スタッフの多くは、シリアネストリウス派単性論派のキリスト教徒ハッラーン出身のサービア教徒であった。

ローマ帝国主要部のキリスト教は、4世紀から6世紀にかけて、「イエスは神の属性のみを持つ」という思想と、ギリシア哲学を異端としてしまった。そのため、ネストリウス派などは東方に逃れることとなった。

影響[編集]

翻訳のおかげで、イスラム世界のさまざまな人々が、アラビア語で学問を論じ始め、アラビア語は知的言語・共通言語としての力を高めることともなった。

古代ギリシアからヘレニズム科学や哲学などの伝統が、イスラム世界に本格的に移植・紹介され、独自の発展をたどることとなる。

ユダヤ教徒も、サアディア・ベン・ヨセフマイモニデスは言うまでもなく、哲学関係の書をアラビア語で読み書きするようになった。それまでユダヤ教徒の間ではアラム語ギリシア語が共通語・日常語であったが、アラビア語に取って代わられるようになった(ユダヤ教シナゴーグ聖書解釈・作といったものなどに関する場面以外は、アラビア語で話し、書くようになっていった)。

その後[編集]

その後、12世紀を最後に、イスラム世界におけるギリシア哲学研究は停滞し始め、ユダヤ教徒も次第に哲学に関してヘブライ語で書くようになり(書き言葉としてのヘブライ語の復興)、ラテン語を学ぶユダヤ教徒も出てくる。

脚注[編集]

  1. ^ アル・ハリーリー 『マカーマート 中世アラブの語り物(1)』 堀内勝訳、平凡社東洋文庫 780〉、2008年、99-125頁
  2. ^ a b 金子 光茂 (2000), “西欧文明の基礎を築いたイスラーム”, 大分大学教育福祉科学部研究紀要 22 (1): 123, http://ir.lib.oita-u.ac.jp/dspace/handle/123456789/3623 2009年10月27日閲覧。 
  3. ^ 谷崎 秋彦 (2006), “翻訳の運命と目的地 ベンヤミンの翻訳論”, 東京工芸大学工学部紀要. 人文・社会編 29 (2): 16, ISSN 03876055, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006217602/ 2009年10月27日閲覧。 
  4. ^ 井筒俊彦「ムアタズィラ派の合理主義」『イスラーム思想史』中公文庫、初版1991年、54-65頁
  5. ^ 竹下政孝「論理学は普遍的か --アッバース朝期における論理学者と文法学者の論争--」『イスラーム哲学とキリスト教中世 2 実践哲学』(竹下政孝、山内志朗編)岩波書店、2012年

関連項目[編集]