アラム語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アラム語
ܐܪܡܝܐ‎, ארמית
Arāmît
発音 IPA: [arɑmiθ], [arɑmit],
[ɑrɑmɑjɑ], [ɔrɔmɔjɔ]
話される国

レバノンの旗 レバノン
イランの旗 イラン
イラクの旗 イラク
イスラエルの旗 イスラエル
シリアの旗 シリア
トルコの旗 トルコ
ヨルダンの旗 ヨルダン

  • アッシリア人のディアスポラ
話者数 約2,105,000人
言語系統
表記体系 アラム文字, シリア文字, ヘブライ文字, マンダ文字, アラビア文字 (日常語) デモティック[1]漢字[2]の碑文が少数ながら見つかっている。
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 各種:
arc — 公用アラム語 (700–300 BC)
oar — 古アラム語 (-700 BC)
aii — アッシリア現代アラム語
aij — ノシャン語
amw — 現代西アラム語
bhn — ボータン現代アラム語
bjf — バルザニ・ユダヤ現代アラム語
cld — カルデア現代アラム語
hrt — ヘルテヴィン語
huy — ハラウラ語
jpa — パレスチナ・ユダヤ教徒アラム語
kqd — コイ・サンジャク・スラト語
lhs — ムラハソー語
lsd — デニ語
mid — マンダ語
myz — 古典マンダ語
sam — サマリア・アラム語
syc — 古典シリア語
syn — セナヤ語
tmr — ユダヤ・バビロニア・アラム語
trg — ディダン語
tru — トゥロヨ語
xrm — Armazic(0–200 AD)
テンプレートを表示
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(アラム文字)が含まれています詳細

アラム語ܠܫܢܐ ܐܪܡܝܐ)は、かつてシリア地方メソポタミアで遅くとも紀元前1000年ごろから紀元600年頃までには話されており、かつ現在もレバノンなどで話されているアフロ・アジア語族セム語派言語で、系統的にはフェニキア語ヘブライ語ウガリト語モアブ語英語版などと同じ北西セム語族英語版に属す。

アラム人によって話されて各地に広まり、アラム文字で書かれた。

紀元前1000年前後にアラビア半島から出現したアラム人は、メソポタミア、シリア全域に浸透し、話者人口とその活動範囲を一挙に拡大した。続くアッシリア帝国新バビロニアアケメネス朝ペルシア帝国などの大帝国でもアラム語が使われ、国際共通語としての地位を確立した。近隣のセム語話者たちはその文章語、口語のアラム語化といった直接的な影響を受ける。

Sefire stelesの研究から古代アラム語英語版の解読が成功した。

位分類[編集]

紀元前3世紀頃から後のアラム語は二つのグループに分けられる。

注釈[編集]

  1. ^ The Aramaic Text in Demotic Script: The Liturgy of a New Year's Festival Imported from Bethel to Syene by Exiles from Rash – On JSTOR
  2. ^ Manichaean Aramaic in the Chinese Hymnscroll
  3. ^ AFPBB News 2008年5月19日【動画】キリストが話していた「アラム語」、21世紀に直面する消滅の危機
  4. ^ 川又一英「アラム語を話す村マールーラ」、国立民族学博物館(監修)『季刊民族学』89号、1999年7月20日

参考文献[編集]

  • 古代語研究会、谷川政美 著 『ウガリト語入門』 キリスト新聞社 2003年
  • 谷川政美 訳 『バアルの物語』 新風舎 1998年
  • 土岐健治 村岡崇光 『イエスは何語を話したか』教文館 2016年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]