形容詞句

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

形容詞句(けいようしく、adjective phrase または adjectival phrase 、略して AP)は、形容詞主要部とする[1]

英語の場合、例えば fond of steakvery happyquite upset about it などが形容詞句である(それぞれ、太字の語が主要部形容詞)。これらの例のように、主要部形容詞は句の冒頭、末尾、そして中間部でも使用可能である。形容詞句内の他の要素(付加部英語版または補部)としては、副詞句英語版前置詞句英語版の他、louder than you do など)が使用されることもある。

形容詞句には基本的に2つの語法があり、名詞句の内部でその主要部名詞を修飾する場合を限定用法述語として機能する場合を叙述用法と言う。

言語による相違[編集]

限定用法[編集]

限定用法の形容詞句は、言語により、主要部名詞の前に置かれたり(前置修飾)、後に置かれたりする(後置修飾)。例えば、英語、中国語日本語などでは基本的に前置修飾が行われ、スペイン語[2][3][4]フランス語などでは基本的に後置修飾が行われる(詳細はスペイン語#文法の特徴およびフランス語の文法#形容詞を参照)。

叙述用法[編集]

存在動詞#存在動詞とコピュラコピュラ#各言語におけるコピュラも参照。

叙述用法の形容詞句は、言語によりコピュラを伴うことがある。例えば、英語やスペイン語ではコピュラ+形容詞句、日本語では形容詞句+コピュラという基本語順になる(日本語のコピュラは省略可能)。

言語によっては存在動詞がコピュラの役目を兼ねており、例えば、英語の be がそうである。

イタリア語、スペイン語、ポルトガル語などのように、複数のコピュラが使い分けられる言語もある。例えば、スペイン語では、「ser」が性質・種類を表し、「estar」が状態・所在を表す[5]

Juan es inteligente. - 「ser」の3人称単数現在形
フアンは頭が良い。(性質)
¿Es fácil el español? - 「ser」の3人称単数現在形
スペイン語はやさしいですか?(性質)
Las ventanas están cerradas. - 「estar」の3人称複数現在形
窓は閉まっている。(状態)
¿Cómo estás? - 「estar」の2人称単数現在形
元気かい?(状態)
Estoy bien. - 「estar」の1人称単数現在形
元気だよ。(状態)

また、同じ形容詞句でも、「estar」と「ser」の使い分けによってニュアンスが変わる[5]

Adriana no es que esté guapa; es guapa. - 「estar」と「ser」の対比
アドリアナは美しくなっている(状態)というのではなくて、もともと美しい(性質)のだ。
Pedro es casado.
ペドロは既婚者です。(性質)
Pedro está casado.
ペドロは結婚しています。(状態)

中国語や日本語のように、存在動詞(「在」/「いる・ある」など)とコピュラ(「是」/「です・だ・である」など)が区別されている言語もある。

また、述語が名詞句の時はコピュラを付けるが、形容詞句には付けない言語もある。例えば、中国語(普通話)では、コピュラ+名詞句で「她學生」(「彼女は学生です」)とは言うが、「彼女は美しい」は「*她漂亮」ではなく「她漂亮」となる。この「很」(台湾では「好」)という副詞は、強勢を置けば「とても」という意味を持つが、強勢がない場合は特に意味はない。しかし、形容詞の”程度”を表す語句(副詞など)あるいは否定辞がない時には基本的に省略できない。例えば、「她真漂亮」(「彼女はホントに美しい」)、「她漂亮極了」(「彼女はものすごく美しい」)、「她不漂亮」(「彼女は美しくない」)などは可だが、「*她漂亮」は不可である[6]en:Chinese adjectives および zh:形容词 も参照。

英語の形容詞句[編集]

形容詞句の例[編集]

英語の形容詞句の例を挙げる。以下、下線部分が形容詞句、太字部分が主要部形容詞である。また、それぞれ、限定用法か叙述用法かを示す[7]。なお、和訳はなるべく英語の句構成を反映するようにしてあるため、日本語としては必ずしも自然ではない。

a. Sentences can contain tremendously long phrases. - 限定用法
文は、ものすごく長い句を含むことができる。
b. This sentence is not tremendously long. - 叙述用法
この文は、ものすごく長くない。(この文は、ものすごく長いというわけではない。)
a. A player faster than you was on their team. - 限定用法
あなたよりも速い選手が、彼らのチームにいたんですよ。
b. He is faster than you. - 叙述用法
彼は、あなたよりも速い(です)。 - 日本語ではコピュラを省略可能。
a. Sam ordered a very spicy but quite small pizza. - 限定用法
サムは、とても辛いけどかなり小さいピザを注文した。
b. The pizza is very spicy but quite small. - 叙述用法
その[8]ピザは、とても辛いけどかなり小さい(です)。 - 日本語ではコピュラを省略可能。
a. People angry with the high prices were protesting. - 限定用法
高値に怒った人々が抗議していた。
b. The people are angry with the high prices. - 叙述用法
人々は、高値に怒っている- 英語の「angry」は形容詞だが、日本語でそれに相当する語は動詞である。ここでは、英語の形容詞句の構成に沿った表示にしてある。

これらの例に見られるように、限定用法の形容詞句は、それが修飾する名詞を主要部とする名詞句に内包される[9]Xバー式型では次のように示すことができる(NP=名詞句/AP=形容詞句)。

 a.   NP                                 b.     NP
     / |                                       / |
  spec N'                                   spec N'
      / \                 or                     | \
     AP  N'                                      N' AP
         |                                       |
         N                                       N

a. は形容詞句が主要部名詞の前に、 b. は後に来る場合を示している。英語では一般的に、形容詞句が単独の形容詞(または副詞+形容詞)で構成されている場合には前置修飾、形容詞が補部を取る場合には後置修飾となる[10]。例えば、 a proud man誇り高き男、傲慢な男)に対する a man proud of his children自分の子供たちを誇りにしている男)など。一方、カッコ内の和訳に見られるように、日本語における付加部英語版(修飾語句)や補部は、主要部の前にまとめて置かれる。

英語の叙述用法では、存在動詞学校文法における be 動詞)がコピュラとして使用される。例えば、 The man is proud. (「その男は誇り高い」「その男は傲慢だ」)など。

adjective phrase と adjectival phrase[編集]

英語において、形容詞句は adjectival phrase または adjective phrase と呼ばれるが、前者には「形容詞のような句」が含まれる傾向がある。例えば、 Mr. Clinton is a man of wealth (「クリントン氏は裕福です」)という文の of wealth は形容詞句ではなく前置詞句だが、 man を修飾しており、代わりに形容詞を用いて Mr. Clinton is a wealthy man. としてもほぼ同じ意味になる。逆に、 That boy is friendless.friendless (「あの少年には友達がいない」)は形容詞だが、 That boy is without a friend. と言い換えることもできる。

また、限定用法的な位置にある句は、それが実際には名詞句であろうと前置詞句であろうと、 adjectival phrase と呼ばれる傾向があるが、それらは厳密には phrasal attributives あるいは attributive phrases (限定修飾句)とすべきである。しかし、英語筆記マニュアルでは、こういう意味の adjectival phrase という用語が頻繁に使われており、 attributive (限定用法的)と adjective (形容詞)も同義語として扱われている。なお、形容詞句以外の語句が連なって名詞を限定修飾する場合、ハイフンで繋がれるのが一般的である(en:compound modifier および en:English compound#Hyphenated compound modifiers を参照)。

ツリー図[編集]

形容詞句を含む全ての句は、しばしば構文木(ツリー図)で表示される。ツリー図には、理論の違いによって基本的に2種類がある。1つは、構成素の積み重ねとして捉える句構造文法のツリー図[11]、もう1つは語と語の依存関係を示す依存文法のツリー図[12]である。ここでは、両タイプのツリー図を示す。

  • A = 形容詞
  • Adv = 副詞
  • AP = 形容詞句
  • N = 名詞または代名詞
  • P = 前置詞
  • PP = 前置詞句

まず、主要部終端型( head-final )の形容詞句、すなわち主要部形容詞が最右方にある形容詞句のツリー図を示す。句構造文法のツリー図(constituency)では、形容詞句が AP という構成素として示されている。一方、依存文法のツリー図(dependency)では、同じまとまりの節点を A で示している。

Head-final adjective phrases

次に、主要部先導型( head-initial )の形容詞句、すなわち主要部形容詞が最左方にある形容詞句のツリー図を示す。

Head-initial adjective phrases

最後に、主要部が中間にあるツリー図を示す。

Head-medial adjective phrases

脚注[編集]

  1. ^ 文法構文に関する教科書言語学用語辞典の大部分は、形容詞句をほぼこれと同様に定義している。例えば、 Kesner Bland (1996:499)、 Crystal (1996:9) 、 Greenbaum (1996:288ff.) 、 Haegeman and Guéron (1999:70f.) 、 Brinton (2000:172f.) 、 Jurafsky and Martin (2000:362) など。
  2. ^ スペイン語の形容詞の位置”. エンフォレックス. 2013年4月24日閲覧。
  3. ^ 上田博人 (2008年). “スペイン語ガイドブック - 形容詞の位置”. 東京大学情報基盤センター 教育用計算機システム 講義用WWWサーバ. 2013年4月23日閲覧。
  4. ^ 藤田健 (北海道大学大学院文学研究科西洋言語学講座) (2010年). “スペイン語における所有形容詞について - Possessive Adjectives in Spanish”. 北海道言語研究会. 2013年4月24日閲覧。
  5. ^ a b 上田博人 (2008年). “スペイン語ガイドブック - SERとESTAR”. 東京大学情報基盤センター 教育用計算機システム 講義用WWWサーバ. 2013年4月24日閲覧。
  6. ^ 逆に、形容詞にすでに程度(副詞的なニュアンス)が盛り込まれている場合、「很」は使用不可となる。例えば「雪白」(雪のように白い=真っ白い)、「滚烫」(焼けるように熱い)など。「很」の使用条件に関する詳細については、周 (2006:293) を参照。
  7. ^ 英語の形容詞句の限定用法と叙述用法の違いについては、 Ouhalla (1994:34, 39) および Crystal (1997:9) を参照。
  8. ^ the」を「その」と訳すか否か、およびそのニュアンスについては英語の冠詞を参照。
  9. ^ 形容詞句の語法・分布の概説については、 Greenbaum (1996:290ff.) を参照。
  10. ^ 英語における前置修飾と後置修飾の分布については、 Haegeman and Guéron (1999:71) および Osborne (2003) を参照。
  11. ^ Brinton (2000), Radford (2004), Culicover and Jackendoff (2005), Carnie (2013).
  12. ^ Tesnière (1959), Starosta (1988), Eroms (2000).

参考文献[編集]

  • Brinton, L. 2000. The strucure of modern English: A linguistic introduction.
  • Carnie, A. 2013. Syntax: A generative introduction. Oxford, UK: Wiley-Blackwell.
  • Crystal, D. 1997. A dictionary of linguistics and phonetics, 4th edition. Oxford, UK: Blackwell Publishers.
  • Culicover, Peter and Ray Jackendoff. 2005. Simpler Syntax. Oxford University Press: Oxford.
  • Eroms, H.-W. 2000. Syntax der deutschen Sprache. Berlin: de Gruyter.
  • Greenbaum, S. 1996. The Oxford English grammar. New York: Oxford University Press.
  • Haegeman, L. and J. Guéron 1999. English Grammar: A generative perspective. Oxford, UK: Blackwell Publishers.
  • Jurafsky, M. and J. Martin. 2000. Speech and language processing. Dorling Kindersley (India): Pearson Education, Inc.
  • Kesner Bland, S. 1996. Intermediate grammar: From form to means and use. New York: Oxford University Press.
  • Osborne, T. 2003. The left elbow constraint. Studia Linguistica 57, 3: 233-257.
  • Ouhalla, J. 1994. Transformational grammar: From principles and parameters to minimalism. London: Arnold.
  • Radford, A. 2004. English syntax: An introduction. Cambridge, UK: Cambridge University Press.
  • Starosta, S. 1988. The case for lexicase. London: Pinter Publishers.
  • Tesnière, L. 1959. Éleménts de syntaxe structurale. Paris: Klincksieck.
  • 周一民. 2006. 现代汉语(修订版). 北京: 北京师范大学出版社. ISBN 9787303034604

関連項目[編集]