接中辞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

接中辞(せっちゅうじ、: infix)とは、接辞の一種で、語幹の中に割り込むもの。オーストロネシア語族の言語によく見られる。グロス表記では、角括弧(‹xxx›)で表記される。

[編集]

オーストロネシア語族[編集]

  • タガログ語で sulat は書くことを意味する名詞である。これに接中辞 ‹um› を加えたsumulat は書くという意味の動詞である。
  • 古代ジャワ語では接中辞 ‹a› を加えて未来形をあらわす。

オーストロアジア語族[編集]

  • クメール語では កើត kaət (生まれる)に対する កំណើត k-ɑmn-aət (誕生・起源)のように接中辞を使って名詞を作る。ただし、現代では造語性は失われている。

中国語[編集]

  • 晋語のいくつかの方言で接中辞の -(ə)l- が現れる(嵌L詞)。北京語でいう児化にあたるともいうが[1]、必ずしも名詞化するわけではない。

アラビア語[編集]

  • アラビア語の動詞で再帰形にあたる第八派生形は、نظر naẓara (見る)に対して انتظر ('i)n-t-aẓara (待つ)のように接中辞 -t- を使用する。なお 'i- は語頭の子音連結を避けるための音挿入(prosthesis)。

インド・ヨーロッパ語族[編集]

  • ラテン語の linquo (残す)に対して liqui (残した)のように、現在語幹に接中辞 -n- があらわれる動詞がある。

スー語族[編集]

  • ラコタ語では人称接辞が接中辞としてあらわれることがある。wicasa (彼は男である)に対して wi-ma-casa (私は男である)[2]

脚注[編集]

  1. ^ 徐通锵 (1981). “山西平定方言的“儿化”和晋中的所谓嵌“l”词”. 中国语文 (6): 408-415. 
  2. ^ Tüting, A. W (2003), Some Reflections on Lakota Language Structures as looked at by a naive non-Native, http://www.fa-kuan.de/LAKSTRUCT.HTML