現代西アラム語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
現代西アラム語
ܐܪܡܝܬ Aramîth, آرامي Ārāmī
話される国 シリアの旗 シリア
地域 アンチレバノン山脈: マアルーラ(Ma'loula)、バフア(Bakh'a)、ジュッブ・アディーン(Jubb'adin)
母語話者数 15,000人
言語系統
言語コード
ISO 639-1 -
ISO 639-2 -
ISO 639-3 amw
消滅危険度評価
危険 (UNESCO)
Status-unesco-definitely.svg
テンプレートを表示

現代西アラム語アフロ・アジア語族中のセム語派に属する言語である。現代アラム語のひとつである。レバノンシリアの国境にあるアンチレバノン山脈中の3つの村、マアルーラ(Ma'loula)、バフア(Bakh'a)、ジュッブ・アディーン(Jubb'adin)で話されている。

 シリア内戦中の2013年9月、マアルーラがイスラム過激派に占拠され、西アラム語の消滅が懸念されている[1] [2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • Arnold, Werner (1989f) Das Neuwestaramäische. 5 Volumes. Wiesbaden: Harrassowitz.
  • Arnold, Werner (1990). New materials on Western Neo-Aramaic. In Wolfhart Heinrichs (Ed.), Studies in Neo-Aramaic, pp. 131–149. Atlanta, Georgia: Scholars Press. ISBN 1-55540-430-8.
  • Beyer, Klaus (1986). The Aramaic language: its distribution and subdivisions. Göttingen: Vandenhoeck und Ruprecht. ISBN 3-525-53573-2.
  • Tsereteli, Konstantin (1990). The velar spirant ġ in Modern East Aramaic dialects. In Wolfhart Heinrichs (Ed.), Studies in Neo-Aramaic, pp. 131–149. Atlanta, Georgia: Scholars Press. ISBN 1-55540-430-8.

外部リンク[編集]