教文館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社 教文館
Kyobunkwan Inc.
Christian Literature Society of Japan
Kyobunkwan.JPG
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
104-0061
東京都中央区銀座4丁目5番1号
設立 1933年昭和8年)
(株式会社設立)
業種 小売業、出版
法人番号 4010001041864 ウィキデータを編集
事業内容 和洋書籍・雑誌・雑貨の販売、書籍の出版、喫茶・貸出ホールの経営等
代表者 渡部 満(代表取締役社長
資本金 4500万円
純利益 4914万0195円(2019年(平成31年)3月31日時点)[1]
総資産 19億6562万0923円(2019年(平成31年)3月31日時点)[1]
主要株主 公益財団法人日本キリスト教文化協会
外部リンク http://www.kyobunkwan.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社教文館(きょうぶんかん、Kyobunkwan Inc., Christian Literature Society of Japan)とは、日本東京都中央区銀座4丁目に所在する出版社書店


概要[編集]

1885年(明治18年)創業の老舗。現在[いつ?]の社屋は銀座通りと松屋通りとに面した場所に構える。2011年平成23年)12月現在、路面店として営業している銀座で唯一の書店である。

書店業としては、狭い面積ながらも、各階ごとに個性ある売場を展開しているのが特徴である。

プロテスタントキリスト教を基盤とする企業で、文書伝道を目的とする一面も持つ(創立時はメソジスト系であったが、現在[いつ?]は特定の教派には属していない)。

主要株主である公益財団法人日本キリスト教文化協会は、日本キリスト教協議会の加盟団体である。

年譜[編集]

  • 1885年明治18年)9月9日 - 日本美以教会(メソジスト監督教会)の年会で創業が決議される。当時の所在地は横浜の山手222番地。
  • 1889年(明治22年) - 東京築地に事務所を移転。出版・小売・印刷を手がける。
  • 1891年(明治24年) - 竹川町(現在の銀座7丁目)に店舗を移転。以降、銀座3丁目8番地、銀座4丁目2番地、銀座4丁目3番地へと移転。
  • 1896年(明治29年) - 初めて「教文館」の屋号を用いる(それまでの社名は「美以教会雑書会社」「メソヂスト出版舎」など)。
  • 1906年(明治39年) - 現・所在地(銀座4丁目1番地、現在の4丁目5番1号)に移転。
  • 1913年大正2年) - キリスト教出版社の日本基督教興文協会設立。
  • 1923年(大正12年) - 関東大震災で建物が焼失。
  • 1926年(大正15年/昭和元年) - 教文館と日本基督教興文協会が合併。
  • 1933年(昭和8年) - 現在の建物が完成。株式会社として登記。
  • 1944年(昭和19年) - 戦時下統制により、出版部は他のキリスト教出版社と共に新教出版社に統合。
  • 1948年(昭和23年) - 事業再開。
  • 1964年(昭和39年) - 教文館卸部発足。
  • 1965年(昭和40年) - 仙台支店開店(1971年(昭和46年)まで。現・仙台キリスト教書店)。
  • 1967年(昭和42年) - 教文館卸部を母体として、出版取次の日本キリスト教書販売株式会社(日キ販)が創立。
  • 1969年(昭和44年) - 横浜支店開店(1971年(昭和46年)まで。現・横浜キリスト教書店)。
  • 1996年(平成8年) - 4階に「エインカレム」創設。
  • 1999年(平成11年) - 8階に「ナルニア国」創設。
  • 2004年(平成16年) - ナルニア国と新刊コーナーを統合し、6階に「子どもの本のみせ ナルニア国」開店。聖書館ビル6階に「CAFE きょうぶんかん」開店。
  • 2006年(平成18年) - CAFE きょうぶんかんが4階へ移転。

関連する人物[編集]

教文館ビル[編集]

教文館ビル
情報
設計者 アントニン・レーモンド
施工 清水組(現・清水建設
構造形式 SRC造
階数 地上9階・地下2階
着工 1931年昭和6年)
竣工 1933年(昭和8年)12月15日
所在地 104-0061
東京都中央区銀座4丁目5番1号
テンプレートを表示

教文館ビルは、地上9階・地下2階の鉄骨鉄筋コンクリート構造で、アントニン・レーモンドの設計により1933年(昭和8年)12月に竣工。

アール・デコ様式の建築で、完成当時は銀座通り側に塔屋があり、銀座界隈で目立つ建物であったという(塔は既に撤去)。当時のアール・デコの意匠の内装は、現在[いつ?]エレベーターホールの壁面装飾などに残る。

松屋通り側の入り口中央にある回転扉は、現存する銀座で最古の回転扉とされる(使用はされていない)。

日本医師会会長を務めた武見太郎は教文館ビル内に自らの診療所を設置していた[2]

隣接する敷地には日本聖書協会が所有する「聖書館ビル」が建つ。松屋通り側入り口および各階のエレベーターフロアを共有しているため、一見すると一つの建物のように見える。

ビル各階フロア構成[編集]

フロア概要
9階 ウェンライトホール(多目的ホール) ※ 貸し出し可
7階 出版部ほか
6階 子どもの本のみせ ナルニア国(児童書売場、イベントホール)
4階 エインカレムキリスト教グッズ売場、ギャラリー
CAFE きょうぶんかん
3階 キリスト教書部・洋書部(キリスト教書・洋書売場)
2階 和書部(一般書売場)
1階 和書部雑誌売場)
1F:和書部入口

1階と2階では一般書籍を販売。各種雑誌のバックナンバー在庫が豊富なことでも知られる。

3階ではキリスト教書を販売。キリスト教書専門店としては国内最大級の売場面積で、プロテスタントのみならずカトリック正教に至るまで、あらゆる教派の書籍を扱っている。2015年(平成27年)1月から洋書部が移転。外国語聖書・キリスト教・西洋古典関係の書籍を主に販売。

4階の「エインカレム」では、カード・カレンダーCDなどのキリスト教雑貨、典礼用品、教会学校用品、冠婚葬祭用品を販売。美術関係の催事が行われるギャラリーも併設。隣接する「CAFE きょうぶんかん」では挽きたてのコーヒー紅茶洋菓子などを提供している。

6階の「子どもの本のみせ ナルニア国」は児童書の専門店で、ロングセラーから新刊書まで約15,000冊を取り揃えている。

脚注[編集]

  1. ^ a b 株式会社教文館 第118期決算公告
  2. ^ 武見太郎氏についてのページ シーミンク(CMINC) 中央医療情報メーリングリスト

外部リンク[編集]