トゥロヨ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トゥロヨ語
Surayt
ܛܘܪܝܐ Ṭûrôyo
ܣܘܼܪܲܝܬ Ṣurayt
ܣܘܪܝܝܐ Suryoyo
発音 IPA: [tˤurˈɔjɔ], [sˤuˈrajt], [surˈjɔjɔ]
話される国 トルコの旗 トルコ
シリアの旗 シリア
地域 マルディン県ハサカカーミシュリー
民族 アッシリア人
話者数 62,000人
言語系統
表記体系 シリア文字 (Serto alphabet)、ラテン文字(トゥロヨ語を書くために変更されている。)スウェーデンのYusuf Ishaq、ドイツのSilas Üzelにより
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 tru
Glottolog turo1239[1]
消滅危険度評価
Severely endangered (UNESCO)
Status-unesco-severely.svg
 
テンプレートを表示

トゥロヨ語(トゥロヨご、: Turoyo language)はアラム語に属する言語である。話者はトルコ東部とシリア北東部に居住するアッシリア人の人々である。話者のほとんどは読み書き、仕事の上でシリア語を話している。

今日トゥロヨ語話者のほとんどはシリア正教会に所属しているが、特にミドヤトの出身者に多いカルデア教会や、アッシリア東方教会に属する者もある。また近年では海外のシリア人居留地でも話されているが、脆弱な言語に分類されている[2][3]

トゥロヨ語は現代西アラム語と千年以上かけて分離した結果、相互理解不能であるが、一方でアッシリア現代アラム語カルデア現代アラム語との相互理解可能性はわずかながら存在する[4]

1980年代に、スウェーデン外国人労働者として働くトゥロヨ語話者のためにラテン文字による正書法が考案され、この文字による教科書や辞書が編纂された。しかしこの文字はトゥロヨ語コミュニティーには受け入れられていないという[5]

言語名別称[編集]

  • Surayt
  • Süryani
  • Suryoyo
  • Syryoyo
  • Turani
  • トゥーローヨー語

方言[編集]

  • Anhil
  • ’Iwardo
  • Kfarze
  • ミディン方言(Midin)
  • ミドヤト方言(Midyat)
  • Raite

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Turoyo”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/turo1239 
  2. ^ Did you know Turoyo is vulnerable?” (日本語). Endangered Languages. 2018年10月26日閲覧。
  3. ^ Saouk, J (2015). "Quo Vadis Turoyo? A Description of the Needs of the Neo-Aramaic of Tur-Abdin (Turkey)". Parole de L'Orient.
  4. ^ Language diversity endangered. Brenzinger, Matthias, 1957-. Berlin: Mouton de Gruyter. (2007). ISBN 9783110197129. OCLC 433134121. https://www.worldcat.org/oclc/433134121 
  5. ^ Peter T. Daniels (1997). “Scripts of Semitic Languages”. In Robert Hetzron. The Semitic Languages. Routledge. p. 38. ISBN 9780415412667 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]