サアディア・ベン・ヨセフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

サアディア・ベン・ヨセフ[1]またはサディア・ベン・ヨゼフ[2](Saadia Ben Joseph、882年-942年) は、バビロニアユダヤ教神学者[1]哲学者[2]文学者[2]ヘブライ語文法学者[1]である。

人物[編集]

エジプトファイユーム出身[1]。正統派ラビ・ユダヤ教の立場から厳格主義・聖書主義のカライ派を批判し、またイスラーム哲学の方法を用いてユダヤ教を哲学的に基礎づけようとした[3]タルムードを学ぶ学塾イェシーバーの長ゲオーニーム(単数形はガーオーン)を務めたことから、サアドヤー・ガーオーンサアディア・ガオン(Saadia Gaon)とよばれることもある。

脚注[編集]

[ヘルプ]