ゲオーニーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゲオーニーム Geonim (または Gaonimגאונים gə’ônīm)、単数形はガーオーン Gaon גאון gā’ôn は、タルムードが完成して後、6世紀から11世紀において、バビロニアのユダヤ人コミュニティーとイェシーバー学塾)の中で、スラ Suraプンペディタ Pumbeditha におけるイェシーバー長の称号。ユダヤ教史で、この時代を狭い意味ではゲオーニームの時代という。

ゲオーニームは、この時代のユダヤ教徒世界のユダヤ教面での指導者であった。

また、10世紀11世紀イスラエルの地における学塾長もこの称号を用い、12世紀13世紀エジプトダマスカスバグダードにおいても、この称号が使用された。

聖書、タルムードなどについて深い知識を持つもの、博士について、例えば「ヴィルナのガオン Eliyahu Shlomoh Zalman Kramer, Vilna Gaon, der Vilner Goen」といった風に尊称のように用いることがある。 アシュケナジム社会では学識を褒め称えるときに「ゴーエン goen」という言葉を使ったりもしたため、これが現代ヘブライ語にも受け継がれている。

主なガーオーンの一覧[編集]

英語版カテゴリーも参照のこと

関連項目[編集]

他の百科事典[編集]