ワンダーフォーゲル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ワンダーフォーゲルドイツ語:Wandervogel)は、戦前期ドイツにおいてカール・フィッシャーらがはじめた青少年による野外活動である。また、それを元にする野外活動を率先して行おうとする運動1896年ベルリン校外のスティーグリッツのギムナジウムの学生だったカール・フィッシャー[1]がはじめた。

その思想の一部を受け、日本でも(主に)大学クラブ・サークル活動の一環として野外活動を主とする部が発展した。これらの活動もワンダーフォーゲルと呼び、ワンゲルと略したりする。ただし日本では、ハードなトレーニングを行なう山岳部と対比して、ワンダーフォーゲルを山岳部の亜流(第2山岳部)と捉える向きがある[要出典]

ドイツのワンダーフォーゲル[編集]

ワンダーフォーゲル運動のシンボル「ワンダーフォーゲル・グライフ(グリフォン)」

はじまり[編集]

19世紀後半のドイツにおいての急激な近代化に対する広い意味での自然主義の高揚を背景としている。

はじめ、フィッシャーらは男の子ばかり郊外の野原にでかけてギターを弾き、歌を歌った。そのうち、グループの緑の旗が出来たり、男の子は半ズボンに、ニッカーボッカーのようなスタイルになり、女の子も参加するようになる。

Wandervogelは直訳すれば「渡り鳥」の意味である。1901年運動のメンバーの一人、ヴォルフ・マイネンが運動の中心が歌を歌うことだったので、ワンダーフォーゲルと名づけた。鳥、つまりさえずるという意であると同時に、社会の固定された規範から自由でありたいという願いが込められている。

運動の消滅とナチズム[編集]

1910年代にはドイツ全土に広がるが、時は第一次世界大戦に入り、ワンダーフォーゲルは、戦争忌避的な個人主義、個人の享楽主義のようにとられ、好ましくないとの批判が出てくるようになり、関連の団体、グループ13団体が、ホーエン・マイスナーに集合し、「自由ドイツ青年」という団体を結成する。戦争の進展と共に運動の一部はナチ化し、のちヒトラーユーゲントに吸収されて、その姿を消す[2][3]

日本のワンダーフォーゲル[編集]

小史[編集]

日本には第二次世界大戦前のドイツとの国家的友好関係とその影響の元に、1933年(昭和8年)文部省内に「奨健会ワンダーフォーゲル部」が設けられ、国による健全な青少年運動として宣伝と普及が開始された。それらに触発され1935年(昭和10年)に発足した立教大学ワンダーフォーゲル部が日本での最初の学生団体である。その後、戦争をまたいで高度経済成長と登山大衆化を背景として各地の大学に広く設立されるに至る。

連帯と交流[編集]

各地方に学生ワンダーフォーゲル連盟といった組織が存在するものの、その組織率は低く一部にとどまっているほか全国組織は現在存在しない。

高校・高専のワンダーフォーゲル[編集]

高校高専の部活動の一つとしてのワンダーフォーゲル部も存在し、インターハイなどではいわゆる“競技ワンゲル”と呼ばれる縦走登山の様々な技術を競う独特なスポーツ競技もある。このような競技は大学レベルには存在しない。

脚注・参考文献[編集]

  1. ^ ちなみに、フィッシャーは第一次世界大戦による捕虜として、日本の収容所(松山及び板東)で暮らしたことがある。下記サイト参照。いずれも高知大学教授瀬戸武彦による。
  2. ^ ウォルター・Z・ラカー『ドイツ青年運動―ワンダーフォーゲルからナチズムへ』人文書院 1985年に詳しい。
  3. ^ 小川哲哉「ドイツ青年運動とロマン主義思想ーフレーベルの教育思想との関連性」「人間教育の探究」第15号 2002年 p.37-54

関連項目[編集]

外部リンク[編集]