国際農業開発基金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国際農業開発基金
IFAD logo.jpg
概要 専門機関
略称 IFAD
代表 ジルベール・ウングボ英語版
状況 活動中
活動開始 1977年12月15日
本部 イタリアの旗 イタリア ローマ
公式サイト ifad.org
母体組織 国際連合経済社会理事会
国際連合の旗 Portal:国際連合
テンプレートを表示

国際農業開発基金(こくさいのうぎょうかいはつききん、: International Fund for Agricultural DevelopmentIFAD)は、国連専門機関の一つである。1974年ローマで開かれた世界食糧会議で設置が議決され、1977年に発足。発展途上国での農業生産拡大のための融資を行うことを目的としている。本部はローマに置かれ、加盟国は177か国(2019年7月現在)。

概要[編集]

農村における貧困削減と食料安全保障を目標とし、農村開発事業に必要な資金の融資を実施している。その活動資金は、加盟国からの資金拠出によって賄われており近年は3年ごとの間隔で増資を行い2018年の第11次増資を経て事業総額は35億ドルとなった[1]

組織[編集]

総務会[編集]

各加盟国から任命された総務と総務代理によって構成される、IFADの最高意思決定機関。1977年12月に第1回総務会が開催され、1997年の第20回総務会からは毎年2月に開催されており、総裁の指名や事業に関する方針、政策などの決定を行う。日本は、総務を駐イタリア大使、総務代理を財務省大臣官房審議官がそれぞれ務める[1]

理事会[編集]

理事会は、総務会が選出した18の理事国及び18以下の代理理事国によって構成される(ともに任期は3年)。年3回開催され(4月、9月、12月)、融資など個々の事業についての審議と承認を行う[2]

総裁[編集]

総裁は、総務会で3分の2以上の多数による議決で任命される。任期は4年で、再任は1期のみ可能。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]