ラーマ10世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラーマ10世
รัชกาลที่ ๑๐
Rama X
タイ国王
King Rama X official (crop).png
在位 2016年10月13日[1] - 在位中
戴冠 2019年5月4日
大宮殿
全名 พระบาทสมเด็จพระปรเมนทรรามาธิบดีศรีสินทรมหาวชิราลงกรณ มหิศรภูมิพลราชวรางกูร กิติสิริสมบูรณ์อดุลยเดช สยามินทราธิเบศรราชวโรดม บรมนาถบพิตร พระวชิรเกล้าเจ้าอยู่หัว
別名 วชิราลงกรณ
ワチラーロンコーン
王朝 チャクリー王朝
家系 チャクリー王室
出生 (1952-07-28) 1952年7月28日(69歳)
タイ王国の旗 タイバンコク王宮
ラーマ9世
シリキット
配偶者 ソームサワリー1977年 - 1991年
スチャーリニー1994年 - 1996年
シーラット2001年 - 2014年
スティダー2019年 - 現在)
子女
居所 大宮殿
チットラダー宮殿
宗教 上座部仏教
親署 Vajiralongkorn Signature.svg
テンプレートを表示
称号: タイ国王
King's Standard of Thailand.svg
敬称 陛下
His Majesty the King
พระบาทสมเด็จพระเจ้าอยู่หัว
タイ王室
Emblem of the House of Chakri.svg

ラーマ10世国王
スティダー王妃
シニーナ貴妃



ラーマ10世(ラーマ10せい、タイ語: รัชกาลที่ ๑๐1952年7月28日 - )は、タイ王国チャクリー王朝の第10代タイ国王(在位: 2016年10月13日 - )。ラーマ9世とその王妃シリキットの間の唯一の男子(長男:第2)。

王太子在位時代より正式名称の一部からワチラーロンコーンタイ語: วชิราลงกรณ, ラテン文字転写: Vajiralongkorn)と呼ばれる。ワチラロンコーンワチラロンコンなどとも表記される。

略歴[編集]

1966年撮影

1952年7月28日、ラーマ9世国王とシリキット王妃の長男(第2子)として王宮で誕生した。幼少期はバンコクで就学したが、1966年からイギリス留学し、キングスミード校およびミルフィールド校(サマーセット)で修学した。1970年にはオーストラリアに留学し、キングス校(シドニー)で豪陸軍予科課程を修めた。

王太子時代[編集]

1972年には王太子としての名称、ソムデットプラボーロマオーラサーティラートチャオファー・マハーワチラーロンコーン・サヤームマクットラーチャクマーン(สมเด็จพระบรมโอรสาธิราช เจ้าฟ้ามหาวชิราลงกรณ สยามมกุฏราชกุมาร)を父王より付与され、王位継承権を得た。

1972年には再びオーストラリアに渡りダントルーン陸軍士官学校(キャンベラ)で学ぶ傍ら、スコータイ・タンマティラート大学タイ語版英語版人文学を修めた。1975年に帰国し、タイ王国陸軍の頭脳として陸軍内での役職が与えられたが、翌年1月から再びオーストラリアに渡り8ヶ月間軍事を学んだ。1978年にはラーマ9世の親衛隊として働くが、同年にはタイの仏教伝統に従い、一時的に職を辞して出家している。

この後、アメリカ軍イギリス軍オーストラリア軍などとの共同軍事演習などを指揮し、軍部との繋がりを非常に強めた。1989年には、昭和天皇大喪の礼などの公務にも参加した。

2012年に、生誕60周年記念の100バーツ紙幣が発行されている[2]

国王時代[編集]

2016年10月13日、父王・ラーマ9世の崩御を受け、プラユット・チャンオチャ首相が「ワチラーロンコーン王太子が新国王に即位する」ことを発表した[3][4]。ただし、「弔いと決意を固める時間が欲しい」との理由で、当面は即位しない意向を示したため、すぐに議会において、国王即位の承認手続きは行われなかった[4]

11月29日には、内閣によるワチラーロンコーン王太子の国王即位要請が議会によって承認された[5]12月1日、暫定議会議長による即位要請を受けこれを受諾、ラーマ10世としてタイ王国新国王に即位した[6](即位日は遡って10月13日)。

2016年12月の国民投票で新憲法案が承認されたが、ラーマ10世国王は署名を拒否し、一部の条文の修正を要求するという異例の対応を取った[7]。その後、2017年4月になって、ようやく国王の権限が強められたと解釈できる新憲法に署名し、憲法は施行された[8]

2017年3月5日には、第二次世界大戦の戦没者慰霊のためにベトナムへの国際親善訪問(日程:2月28日 - 3月6日)をしていた日本天皇明仁皇后美智子(いずれも当時)が、ラーマ9世の弔問のためタイの首都バンコクに立ち寄った際に王宮を訪れた天皇皇后と会見した。その際、ラーマ10世新国王側の意向で通訳を介さず、3人のみで会話に臨んだ[9]

即位後は王妃とともにドイツに滞在している。2017年6月10日にはミュンヘン郊外をサイクリング中に、ドイツ人の10代前半の少年2人よりエアソフトガンを用いてプラスチック製BB弾で狙撃されるという事件が発生した。弾はワチラーロンコーンには当たらず、タイ国内で大々的に報道されることもなかった[10]。2020年3月には2019新型コロナウイルス避難に伴い愛人である20人の女性を連れて全室を貸し切ったバイエルンのアルプスを一望できるホテルにて[11]、側近数百人とともに隔離生活を送っていたとされる[12][13][14]

また折を見て本国に還御しており、2020年8月にはシリキット王妃の88歳の誕生日を祝うため24時間未満という短い時間ながらタイに戻っている[15]。10月10日にはドイツ連邦議会におけるハイコ・マース外相の答弁の中で、ワチラーロンコーンはドイツの地からタイを統治するのをやめるよう苦言を呈されている[16]。10月以降は国内にとどまり、王室改革を求める異例のデモが続く中、イメージ回復のためとみられる動きを強めている[17]

全世界の31名の君主現在の君主の一覧参照)の中でも「世界一裕福な王」として知られ、エグゼクティブ向け雑誌によれば資産は430億ドル(約4.6兆円)で、イギリスエリザベス2世女王の80倍とされる[18]

貨幣[編集]

王立タイ造幣局は、ラーマ10世の肖像画の入った新バーツ紙幣を順次発行している。20バーツ、50バーツ、100バーツは2018年4月に、500バーツ、1000バーツは2018年7月28日に発行された[19]

家族[編集]

戴冠式に臨むラーマ10世(2019年)

2019年5月までに、4回の結婚と3回の離婚を経験している。

ソームサワリー妃:最初の妃。シリキット王妃の従妹にあたり、ラーマ5世の男系子孫で結婚前にもモームルワン称号を所持していた。離婚後も王族の一員として活動している。

スチャーリニー妃:2人目の妃。元・女優。離婚後には息子とともに国外へ追放され、アメリカ合衆国平民として居住中。

シーラット妃:3人目の妃。親族汚職理由として離婚され、タイ中部の出身地に帰郷し平民として生活している。

現在の配偶者[編集]

スティダー・ワチラロンコン・ナ・アユタヤ妃 (現・王妃):4人目の王妃。タイ国際航空客室乗務員を経て、2014年に陸軍入隊、王太子時代のラーマ10世の護衛部隊の責任者に就任、16年には将軍に昇格2019年5月1日に結婚した[20]

シニーナート・ウォンワシラパック( Sineenat Wongvajirapakdi ):国王警護部隊所属の 王室護衛官や陸軍看護師を経て、2019年7月28日に「チャオクンプラ(Chao Khun Phra、เจ้าคุณพระ)(「高貴な配偶者」)」の称号を授けられ、100年ぶりのタイ王室側室扱いとなった[21]パイロットの資格も有する[22]。称号授与の僅か3か月後の10月21日に「国王への不実」などを理由として勅命により全ての称号を剥奪されたが[23]2020年8月28日付で恩赦を受け、称号を再び授けられた[24]

子女[編集]

2020年現在、王族籍にある子女は3人(1男2女)である。

栄典[編集]

モノグラム
御璽

タイ王国[編集]

タイ王国以外[編集]

金羊
セラフィム騎士団英語版員としての紋章
国名 勲章名
ブルネイの旗 ブルネイ BRU Family Order of Brunei 2nd Class.svg Family Order of Brunei, 2nd Class
デンマークの旗 デンマーク Orderelefant ribbon.png エレファント勲章
ドイツの旗 ドイツ GER Bundesverdienstkreuz 9 Sond des Grosskreuzes.svg ドイツ連邦共和国功労勲章特等大十字章
日本の旗 日本 JPN Daikun'i kikkasho BAR.svg 菊花章
マレーシアの旗 マレーシア MY Darjah Yang Mulia Pangkuan Negara (Defender of the Realm) - SMN.svg Honorary Grand Commander of the Order of the Defender of the Realm
ネパールの旗 ネパール Ord.Rajanya.Nepal-Ribbon.gif Order of Ojaswi Rajanya, Member
オランダの旗 オランダ NED Kroonorde A1 BAR.png Grand Cross of the Order of the Crown
ポルトガルの旗 ポルトガル PRT Military Order of Aviz - Grand Cross BAR.png アヴィス騎士団、Grand Cross
スペインの旗 スペイン ESP Charles III Order GC.svg Knight Grand Cross of the Order of Charles III
スウェーデンの旗 スウェーデン Order of the Seraphim - Ribbon bar.svg Knight of the Royal Order of the Seraphim
イギリスの旗 イギリス UK Royal Victorian Order honorary member ribbon.svg ロイヤル・ヴィクトリア勲章、Honorary Knight Grand Cross
トレンガヌ州の旗 トレンガヌ州 MY-TER Family Order of Terengganu 2nd class - DK II.svg - Family Order of Terengganu, 2nd Class

系譜[編集]

ラーマ10世の系譜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
16. (=18.) ラーマ4世国王
 
 
 
 
 
 
 
8. (=24.) ラーマ5世国王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
17. テブシリン王妃
 
 
 
 
 
 
 
4. マヒドンアドゥンラデート王子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
18. (=16.) ラーマ4世国王
 
 
 
 
 
 
 
9. サワーンワッタナー太王太后
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
19. ピヤマーワディ王女
 
 
 
 
 
 
 
2. ラーマ9世国王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20. チュム・チュークラモン
 
 
 
 
 
 
 
10. チュー・チュークラモン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5. シーナカリン王太后
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
11. カム・チュークラモン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
23. パー
 
 
 
 
 
 
 
1. ラーマ10世国王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
24. (=8.) ラーマ5世国王
 
 
 
 
 
 
 
12. キティヤーコーンウォーララッグ王子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
25. ウアム・ピソーンヤブット
 
 
 
 
 
 
 
6. ナッカットモンコン王子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
26. テーワンウタイウォン王子
 
 
 
 
 
 
 
13. MCアブソーンサマーン・キティヤーコーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
27. ヤイ・テーワグン・ナ・アユタヤ
 
 
 
 
 
 
 
3. シリキット王妃
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
28. サーイサニットウォン王子
 
 
 
 
 
 
 
14. チャオプラヤー・ウォーンサーヌプラパット
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
29. キアン・サニットウォン・ナ・アユタヤ
 
 
 
 
 
 
 
7. MLブア・キティヤーコーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
30. ルアイ・ブントーン
 
 
 
 
 
 
 
15. ターオ・ワニダーピチャーリニー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
31. ウェー・ブントーン
 
 
 
 
 
 

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 即位宣誓は2016年12月1日
  2. ^ シリキット王妃誕生記念80バーツ紙幣発行”. タイ国政府観光庁 (2012年7月4日). 2012年12月15日閲覧。
  3. ^ “タイ国王に皇太子即位へ”. 時事ドットコム. 時事通信社. (2016年10月13日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2016101300871&g=int 2016年10月13日閲覧。 
  4. ^ a b “タイ新国王にワチラロンコン皇太子 即位は後日”. NHK. (2016年10月14日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161014/k10010729431000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003 2016年10月14日閲覧。 
  5. ^ “タイ:ワチラロンコン皇太子が国王即位へ-議会が政権の要請を承認”. bberg.co.jp (ブルームバーグ). (2016年11月29日). https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-11-29/OHE3H26S972B01 2016年11月30日閲覧。 
  6. ^ “タイ皇太子が新国王即位”. ロイター (ロイター). (2016年12月2日). オリジナルの2016年12月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161202034930/http://jp.reuters.com/article/idJP2016120101001883 2016年12月2日閲覧。 
  7. ^ “タイ民政復帰、また遅れ 国王が新憲法案の修正要求”. 日本経済新聞. (2017年1月11日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASGM10H8X_Q7A110C1FF2000/ 2017年8月29日閲覧。 
  8. ^ “タイ新憲法ようやく施行 修正経て国王の権限強く”. 日本経済新聞. (2017年4月7日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASGM06H8O_W7A400C1FF1000/ 2017年8月29日閲覧。 
  9. ^ “両陛下、タイ前国王ご弔問”. 産経ニュース. (2017年3月6日). https://www.sankei.com/life/news/170306/lif1703060009-n1.html 2019年8月28日閲覧。 
  10. ^ “ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら......”. ニューズウィーク. (2017年6月22日). https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/06/bb.php 2020年8月14日閲覧。 
  11. ^ (2ページ目)愛人20人、側近数百人と高級ホテル貸し切り…タイ国王の“派手すぎる生活”に批判噴出 | 文春オンライン
  12. ^ コロナ禍で愛人と“おこもり”したタイ国王 国民は前代未聞の王室批判を展開 | デイリー新潮
  13. ^ タイ国王ラーマ10世、ドイツから一時帰国「国王の姿を見てはならない」と命令|エル・ガール オンライン
  14. ^ タイ国王 ドイツでの愛人20人との隔離生活に疲れ、帰国 - Sputnik 日本
  15. ^ “タイ国王ラーマ10世、ドイツから一時帰国「国王の姿を見てはならない」と命令”. ELLE Girl. (2020年8月13日). https://ellegirl.jp/article/c_king_of_thailand_orders_residents_20_0813/ 2020年8月14日閲覧。 
  16. ^ “Berlin Warns Thai King Maha Vajiralongkorn Against Governing From German Soil”. Republic TV. (2020年10月11日). https://www.republicworld.com/world-news/europe/berlin-warns-thai-king-maha-vajiralongkorn-against-governing-from-germ.html 2020年10月13日閲覧。 
  17. ^ “タイ国王、イメージ回復にアピール 王室改革のデモ受け”. 朝日新聞. (2020年12月6日). https://www.asahi.com/articles/ASND674PKND5UHBI01F.html 2021年3月3日閲覧。 
  18. ^ (2ページ目)愛人20人、側近数百人と高級ホテル貸し切り…タイ国王の“派手すぎる生活”に批判噴出 | 文春オンライン
  19. ^ “タイ国王陛下のお誕生日に「500バーツ・1000バーツ新紙幣」が流通開始”. DIGIMA NEWS. (2018年7月5日). https://www.digima-news.com/20180705_36633 2019年7月23日閲覧。 
  20. ^ “タイ国王、4度目の結婚 戴冠式控え警護隊員と”. 日本経済新聞. (2019年5月2日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44406600S9A500C1EA4000/ 
  21. ^ Thaitrakulpanich, Asaree (2019年7月30日). “Rama X Names First Royal Consort in Almost a Century”. Khaosod English. http://www.khaosodenglish.com/news/2019/07/30/rama-x-names-first-royal-consort-in-almost-a-century/ 2019年10月22日閲覧。 
  22. ^ タイ国王、「不実」とした女性に再び配偶者の称号授与”. AFPBB. 2020年9月3日閲覧。
  23. ^ “タイ国王、「不実」な34歳配偶者のあらゆる称号を剥奪”. AFPBB News. (2019年10月22日). https://www.afpbb.com/articles/-/3250661 2019年10月22日閲覧。 
  24. ^ “タイの国王、元妃を再び側室に 昨秋に称号剥奪”. 共同通信. (2020年9月2日). https://this.kiji.is/673832318021780577?c=39546741839462401 2020年9月2日閲覧。 

外部リンク[編集]

ラーマ10世

1952年7月28日 - 存命中

タイ王室
先代:
プーミポン・
アドゥンヤデート
国王

(ラーマ9世)
タイの国王
2016年現在
現職
先代:
ワチラーウット
王太子

(ラーマ6世)
タイの王太子
1972年2016年
空位
儀礼席次
新設 陛下
ワチラーロンコーン
国王陛下
次代:
スティダー王妃