ティパンコーンラッサミチョト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ティパンコーンラッサミチョト
ทีปังกรรัศมีโชติ
タイ王国王子
Dipangkorn Rasmijoti 2019.jpg
2019年
続柄 ラーマ10世第1王子
身位 王子
敬称 殿下
出生 (2005-04-29) 2005年4月29日(14歳)
タイ王国の旗 タイバンコクシリラート病院
父親 ラーマ10世
母親 シーラット・スワディー英語版
宗教 上座部仏教
テンプレートを表示
称号: 王子
Male Royalty's Standard of Thailand.svg
敬称 殿下
His Royal Highness the Prince
สมเด็จพระเจ้าลูกยาเธอ เจ้าฟ้า
タイ王室
Emblem of the House of Chakri.svg

ラーマ10世国王
スティダー王妃


シリキット王太后


ティパンコーンラッサミチョトタイ語: ทีปังกรรัศมีโชติ; rtgsThipangkon Ratsamichot; タイ語発音: [tʰiː.paŋ.kɔːn rát.sà.mǐː.tɕʰôːt]2005年4月29日 - )は、タイ王国チャクリー王朝の王族であり、王太子である。現国王ラーマ10世の五男であり推定相続人。母親はシーラット・スワディー英語版、公式にラーマ10世の3番目の妻とされている女性である。ラーマ10世は1番目の妻との間に娘、2番目の妻との間に四男一女を儲けている。2番目の妻ユワティダー・ポンプラスート英語版との婚姻前に生まれた子であるが、結婚の後に王族としての権利を与えられている。また1996年にユワティダー・ポンプラスートと離婚した折にはラーマ10世は5人の子供の親権を放棄しており、結果としてティパンコーンラッサミチョトが認知されている唯一の息子ということになっている[1]

王族内での地位[編集]

ティパンコーンラッサミチョトは皇太子(推定相続人)であるが、2014年にラーマ10世とシーラット・スワディーが離婚したことでティパンコーンラッサミチョト王位継承者としての地位は不確かなものになっている。タイ王国の定める王室典範(en:1924 Palace Law on Succession)によれば王位継承の序列は、王の長男、続いてその王子と王室の妻との間の長男、その次にその王子と王室の妻との間の次男以降が続くとされる。ラーマ10世が2番目の妻と離婚した際にラーマ10世は2番目の妻との間の4人の息子の親権を放棄しており、4人の子供たちも王族としての権利を放棄している。しかし王室はいまだにこの子供たちが称号(en:Style (manner of address))を用いる権利を認めている[2]

栄典[編集]

モノグラム
  • King Rama IX Royal Cypher Medal (Thailand) ribbon.png King Rama IX Royal Cypher Medal (First Class)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ What happens when the King of Thailand dies?”. royalcentral.co.uk (2016年10月12日). 2016年10月13日閲覧。
  2. ^ “What's behind the downfall of Thailand's Princess Srirasmi?”. BBC News. (2014年12月1日). http://www.bbc.com/news/world-asia-30275513 2014年12月17日閲覧。 

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ティパンコーンラッサミチョトに関するカテゴリがあります。


ティパンコーンラッサミチョト

2005年4月29日 - 存命中

先代:
タイ王位継承順位
第1位
次代:
パッチャラ
キッティヤパー王女