シリキット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シリキット
สิริกิติ์
Queen Sirikit In Russia 2007.jpg
2007年
全名 ソムデットプラナーンチャーオ・シリキット・プラボロムラーチニーナート
出生 (1932-08-12) 1932年8月12日(84歳)
タイ王国 バンコク
配偶者 ラーマ9世
子女 ウボンラット
ワチラーロンコーン
シリントーン
チュラポーン
父親 チャンタブリースラナート (ナッカ ットモンコン・キティヤーコーン)
母親 MLブア・ サニットウォン
テンプレートを表示
タイ王室
Emblem of the House of Chakri.svg

ラーマ10世


シリキット王妃


シリキット(Sirikit:1932年8月12日 - )はタイ王国国王ラーマ9世の王妃。

駐仏陸軍大将・チャンタブリースラマート王子の娘。ラーマ9世と同じく、ラーマ5世を祖父とする。ウボンラット王女・ワチラーロンコーン現国王・シリントーン王女ら一男三女の母。

経歴[編集]

結婚当時の夫妻(1950年)

父の公務のためフランスに滞在していたが、フランス滞在中のプーミポン王に見初められ、1950年に結婚した。モムラーチャウォン・シリキット・キティヤーコーン (มรว. สิริกิติ์ กิติยากร) が以前の正式名称であったが、1954年プーミポン王が仏教界に出家して一時的に公務を除いたので摂政となり、ソムデットプラナーンチャーオ・シリキット・プラボロムラーチニーナート (Th-Queen Sirikit.ogg สมเด็จพระนางเจ้า สิริกิติ์ พระบรมราชินีนาถ[ヘルプ/ファイル]) が正式名称となった。今でもその呼称が正式名称として使われている。

なお一部日本語メディアに使われる「シリキ」という表記は原語の สิริกิติ์ติ์ の文字に無音化記号が使われているためであるが、この場合は発音するので「シリキット」の表記が正しい。

1954年以来タイ赤十字の総裁も務める。

誕生日である8月12日は国内で祝日に指定されており、また、タイにおける「母の日」でもある。

以下の記念紙幣で肖像が使用されている。

  • 1992年 - 1000バーツ(生誕60周年)
  • 2000年 - 50バーツ・50万バーツ(結婚50周年)
  • 2004年 - 100バーツ(生誕72周年)
  • 2012年 - 80バーツ(生誕80周年)

近年は入院状態が続いており、国民の前に姿を見せることもなくなっている。

2012年に脳の血流不全で治療を、2014年に白内障の手術を受けた。2015年5月から、バンコクのタイ国立シリラート病院に入院中[1]

2016年7月には肺炎と血液感染でバンコクの国立チュラロンコン病院に搬送され、治療を受けた[1]

注釈[編集]

  1. ^ a b タイ首相府で王妃誕生日祝賀レセプション、2王女臨席 Necos ( Thailand ) Co., Ltd. 2016年8月10日

関連項目[編集]

先代:
ラムパイパンニー
タイの后妃
1950年 - 2016年
次代:
(空位)