チュラポーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チュラポーン
จุฬาภรณ
Princess Chulabhorn 2010-12-7 cropped1.jpg
出生 (1957-07-04) 1957年7月4日(61歳)
タイ王国の旗 タイバンコク
配偶者 ウィーラュット・ディットヤサリン
(1982年-1994年)
子女 シリパージュターポーン
アーティッタヤートーンキティグン
父親 ラーマ9世
母親 シリキット
テンプレートを表示
タイ王室
Emblem of the House of Chakri.svg

ラーマ10世


シリキット王妃


チュラポーン(HRH Princess Chulabhorn Walailak、タイ語:สมเด็จพระเจ้าลูกเธอ เจ้าฟ้าจุฬาภรณวลัยลักษณ์ อัครราชกุมารี1957年7月4日-)は、タイ王国・君主ラーマ9世シリキット王妃の間に生まれた三女(第4子)である。


1982年、タイ王国空軍大尉のウィーラュット・ディットヤサリン(Virayudh Didyasarin)と結婚し、2人の娘(シリパージュターポーン(Siribhachudhabhorn)アーティッタヤートーンキティグン(Adityadhornkitikhun))がいる。

王族以外の男性と結婚したため、王位継承権こそないものの、彼女は博学で、学術研究においても様々な業績を残しており、チュラポーン研究所(Chulabhorn Research Institute)の所長も勤めている。

タイの王族の中では日本の皇室行事などで比較的よく訪日している。