ウィレム=アレクサンダー (オランダ王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィレム=アレクサンダー
Willem-Alexander
第7代オランダ国王
Willem-Alexander (Royal Wedding in Stockholm, 2010) cropped.jpg
2010年
在位 2013年4月30日 - 在位中
就任式 2013年4月30日
於 アムステルダム新教会

全名 Willem-Alexander Claus George Ferdinand
ウィレム=アレクサンダー・クラウス・ヘオルフ・フェルディナント
出生 (1967-04-27) 1967年4月27日(53歳)
オランダの旗 オランダ
ユトレヒト州ユトレヒト
配偶者 マクシマ・ソレギエタ
子女 カタリナ=アマリア
アレクシア
アリアーネ
王家 オラニエ=ナッサウ家
父親 クラウス・フォン・アムスベルク
母親 ベアトリクス
宗教 オランダ・プロテスタント教会
Handtekening Willem-Alexander.svg
テンプレートを表示
称号: 国王
Royal coat of arms of the Netherlands.svg
敬称 陛下
His Majesty the King
オランダ王室
Royal coat of arms of the Netherlands.svg

ウィレム=アレクサンダー国王
マクシマ王妃



ウィレム=アレクサンダーオランダ語: Willem-Alexander、ウィレム=アレクサンダー・クラウス・ヘオルフ・フェルディナント・ファン・オラニエ=ナッサウ、オランダ語: Willem-Alexander Claus George Ferdinand van Oranje-Nassau1967年4月27日 - )は、第7代オランダ国王(在位:2013年4月30日 - )。ドイツの貴族のひとつアムスベルク家の家長でもある。

略歴[編集]

生い立ち[編集]

1967年4月27日、祖母ユリアナ女王の在位下にあったオランダのベアトリクス王女(のち、女王)の第一子として、ユトレヒトで誕生した。

オランダ王室で直系男子の誕生アレクサンダー王子以来116年ぶりであったが、翌1968年ヨハン・フリーゾ王子2004年、結婚のため王位継承権放棄。2013年オーストリアでの雪崩事故に遭遇し低酸素脳症による遷延性意識障害のため、死去。)、1969年コンスタンティン王子と、2人の弟が続いて誕生した。

ハーグプロテスタント系の小学校に通い、様々な階層・人種の子供たちと共に学んだ。その後、ウェールズアトランティック・カレッジを卒業。ライデン大学史学学位を取得した。

王妃となるアルゼンチン出身のマクシマ・ソレギエタは、その父ホルヘがアルゼンチンのホルヘ・ラファエル・ビデラ軍事政権(国家再編成プロセス)の大臣であったため、王太子との結婚には賛否両論があったが、軍事政権の反対派への流血の弾圧にホルヘが関与していないことが明白になり、2002年に結婚にこぎつけた。

イギリス王ジョージ2世の娘であったオラニエ公妃アンネの子孫である。カトリック教徒であるマクシマと結婚したため、1701年王位継承法で定められていたイギリス王位継承権を一旦は喪失した。その後、2013年王位継承法の改正でカトリック教徒との結婚で継承権を喪失することは無くなったため、現在は継承権が回復している。

2003年に長女のカタリナ=アマリア王女(現:オラニエ女公、王太子に相当)が誕生、さらに2005年にはアレクシア王女、2007年にアリアーネ王女が誕生し、娘3人の父親となっている。

1998年から2013年まで国際オリンピック委員会(IOC)委員を務めた[1]

オランダの男性国王として[編集]

即位式の礼装
国王・王妃の玉座レガリア

母のベアトリクス女王が2013年4月30日に退位宣言書に署名して退位し、アレクサンダーが王位を継承した。オランダの王室史上、ウィレム3世が崩御した1890年以来、実に123年ぶりの男性国王の即位となった。

その後、アムステルダム新教会で即位式が挙行された[2]。これには日本の皇室からも、当時の皇太子徳仁親王(現:今上天皇、徳仁)と同妃雅子(現:皇后雅子)が参列した。即位に伴い、オランダでの国王の誕生日を祝う祝日「女王の日」は「王の日」に名称が変更され、祖母ユリアナ女王の誕生日である4月30日からウィレム=アレクサンダーの誕生日である4月27日に変更となった[3]

日本の皇室との交流[編集]

2014年(平成26年)10月28日から10月31日まで日本国賓訪問した。即位後、欧州域外の国家を公式訪問するのはこれが初めてであった。王太子時代の1988年(昭和63年)以降、通算で15回以上も来日している[4]。2014年(平成26年)10月29日に催された、皇居・宮中晩餐会では、「私たちは第二次大戦中におけるオランダの市民と兵士の経験を忘れませんし、忘れることはできません。」「互いの苦しみを認め合うことが両国の和解の基礎となるでしょう。そして両国はそれに積極的に取り組み新たな信頼を築いてきたのです。」とスピーチし、日本とオランダの両国が自らの戦争体験を直視することが日蘭両国の友好親善の基礎になると訴えた。

イギリス王室と血縁関係にあるオランダ王室と日本の皇室は、ロイヤルファミリーを持つ国家(君主制)として、特に親密な関係で知られており、欧州では、スウェーデン王室やイギリス王室などと共に、王室間での交流が盛んな国である[5]

2019年(令和元年)10月22日、妻のマクシマ王妃同伴で来日し、今上天皇(徳仁)の即位礼正殿の儀に参列した。

子女[編集]

妻の王妃マクシマ・ソレギエタとの間に、3女(3人)をもうける。

系譜[編集]

ウィレム=アレクサンダー 父:
クラウス・フォン・アムスベルク
祖父:
クラウス・フェリックス・フォン・アムスベルク
曾祖父:
ヴィルヘルム・フォン・アムスベルク
曾祖母:
エリーゼ・フォン・フィエレゲ
祖母:
ゴスタ・フォン・デム・ブッシェ=ハッデンハウゼン男爵夫人
曾祖父:
ゲオルク・フォン・デム・ブッシェ=ハッデンハウゼン男爵
曾祖母:
ガブリエーレ・フォン・デム・ブッシェ=イッペンブルク男爵夫人
母:
ベアトリクス (オランダ女王)
祖父:
ベルンハルト (オランダ王配)
曾祖父:
ベルンハルト・ツア・リッペ
曾祖母:
アルムガルト・フォン・クラム
祖母:
ユリアナ (オランダ女王)
曾祖父:
ハインリヒ・ツー・メクレンブルク
曾祖母:
ウィルヘルミナ (オランダ女王)

その他[編集]

2012年ロンドンオリンピックの自転車競技において自国選手のエレオノラ・ファン・ダイクを応援するウィレム=アレクサンダーとその家族

使用言語は、母国語のオランダ語のほか、英語ドイツ語スペイン語。趣味は、スキースケート乗馬

飛行機愛好家でありパイロット資格を取得した。「もし王族に生まれていなかったら、ボーイング747などの大型旅客機のパイロットになりたかった」と語っている[6]。 1989年には、アフリカ医療研究教育基金(African Medical Research and Education Foundation)の無給操縦士としてケニアで勤務に従事した。1991年にはケニア自然保護局において一月操縦士として務めている。母親から王位を引き継ぐ以前には、女王の移動の際に搭乗した飛行機を操縦することもあった [7]

2017年5月にメディアとの会見において、KLMオランダ航空の子会社KLMシティホッパーの路線でフォッカー70副操縦士として21年間勤務していたことを明かした。機内放送を行っても彼の身分に気付いた乗客はほとんどいなかった。2017年には、ボーイング737の操縦訓練も受けている[6][8]

ギャラリー[編集]

注釈[編集]

  1. ^ IOC委員、103人に(2013年9月3日)朝日新聞デジタル、2013年9月3日閲覧。
  2. ^ オランダで国王即位式 ベアトリックス女王の退位受け - CNN日本語版(2013年4月30日)、Cnn.co.jp、2013年4月30日閲覧。
  3. ^ 「女王の日」は「王の日」になります!、オランダ政府観光局(日本語)、2013年5月5日閲覧。
  4. ^ オランダ国王、御嶽山噴火の被害者に哀悼(2014年10月4日)日本経済新聞、2014年11月1日閲覧。
  5. ^ Speech by His Majesty the King at the state banquet on the occasion of the State Visit to Their Majesties the Emperor and Empress of Japan, Tokyo オランダ王室公式ウェブサイト、2015年2月26日閲覧
  6. ^ a b “Dutch King Willem-Alexander reveals secret flights as co-pilot” (英語). BBC News. (2017年5月17日). http://www.bbc.com/news/world-europe-39946532 2017年5月17日閲覧。 
  7. ^ “FAQ – Dutch royalty”. Radio Netherlands Worldwide. (2011年). http://www.rnw.nl/english/article/faq-dutch-royalty 2013年1月28日閲覧。 
  8. ^ Sephton, Connor (2017年5月17日). “Dutch king reveals double life as an airline pilot for KLM”. Sky News. 2017年5月17日閲覧。

外部リンク[編集]