チャールズ・ケイ=シャトルワース (第5代シャトルワース男爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第5代シャトルワース男爵の紋章

第5代シャトルワース男爵チャールズ・ジェフリー・ニコラス・ケイ=シャトルワース英語: Charles Geoffrey Nicholas Kay-Shuttleworth, 5th Baron Shuttleworth, KG, KCVO1948年8月2日 -)は、イギリス貴族

経歴[編集]

1948年8月2日、第4代シャトルワース男爵チャールズ・ケイ=シャトルワースとその妻アン(旧姓フィップス)の長男として生まれる[1][2]

イートン校を卒業[2]

1975年10月の父の死により爵位を継承した[1][2]貴族院議員に列し、貴族院改革により世襲貴族の議席が制限される1999年11月11日まで在職した[3]

1997年1月13日ランカシャー統監英語版に任命された[4]1998年から2006年までランカスター公領英語版会議の議長を務めた[5]

2016年4月23日には女王エリザベス2世よりガーター騎士団ナイトに叙された[6]

栄典[編集]

爵位[編集]

1975年10月5日の父チャールズ・ケイ=シャトルワースの死去により以下の爵位を継承した[1][2]

勲章[編集]

家族[編集]

1975年に陸軍軍人ジェイムズ・ファットマン少佐の娘アンと結婚し、彼女との間に以下の3子を儲ける[1][2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d Heraldic Media Limited. “Shuttleworth, Baron (UK, 1902)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年7月27日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Lundy, Darryl. “Charles Geoffrey Nicholas Kay-Shuttleworth, 5th Baron Shuttleworth” (英語). thepeerage.com. 2016年7月27日閲覧。
  3. ^ UK Parliament. “Mr Charles Kay-Shuttleworth” (英語). HANSARD 1803–2005. 2016年7月27日閲覧。
  4. ^ The London Gazette: no. 54654. p. 675. 1997年1月17日。2011年8月28日閲覧。
  5. ^ Duchy of Cornwall - Duke, Chancellor and Officers”. Duchy of Lancaster. ランカスター公領英語版 (2009年4月21日). 2009年4月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月27日閲覧。
  6. ^ https://www.royal.uk/appointments-knights-companion-most-noble-order-garter
  7. ^ The London Gazette: (Supplement) no. 59647. p. 3. 2010年12月31日。
名誉職
先代:
サー・サイモン・タウンリー英語版
ランカシャー総監英語版
1997年–現在
現職
イギリスの爵位
先代:
チャールズ・ケイ=シャトルワース
第5代シャトルワース男爵
1975年–現在
現職
法定推定相続人:
トマス・ケイ=シャトルワース