ピーター・イング (イング男爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イング男爵、ピーター・イング
Peter Inge, Baron Inge
Field Marshal Sir Peter Inge KG, GCB.JPG
2007年9月22日の陸軍元帥イング卿
生誕 (1935-08-05) 1935年8月5日(83歳)
所属組織 Flag of the British Army.svg イギリス陸軍
軍歴 1956年 - 1997年
最終階級 陸軍元帥英語版
除隊後 貴族院議員1997年-現職)
テンプレートを表示

イング男爵、ピーター・アンソニー・イング: Peter Anthony Inge, Baron Inge, KG, GCB, PC, DL1935年8月5日 -)は、イギリス陸軍軍人一代貴族政治家

1992年から1994年にかけて陸軍の参謀総長英語版を務め、ついで1994年から1997年にかけて統合参謀総長英語版を務めた。軍人としての最終階級は陸軍元帥英語版

1997年一代貴族イング男爵に叙され、貴族院議員に列する。

経歴[編集]

1935年8月5日にレイモンド・インゲとその妻グレース(旧姓ドゥ・ローズ)の息子として生まれた[1]リーキン・カレッジ英語版を経て、サンドハースト王立陸軍士官学校で学ぶ[2][1]

1956年に陸軍グリーン・ハワーズ英語版(ウェールズ大公女アレクサンドラ所有ヨークシャー連隊)に入隊した[2][1]1958年7月27日中尉英語版に昇進[3]。グリーン・ハワーズ連隊第一大隊に所属し、1958年から1959年にかけては大隊とともに英領香港に駐留した[2]。ついで1959年から1960年にかけては大隊とともに西ドイツ駐留のイギリス陸軍ライン軍団で勤務[2]

1960年には第4歩兵師団英語版司令官付副官英語版に就任[2]1962年7月26日大尉英語版に昇進し[4]、グリーン・ハワーズ連隊第一大隊付副官英語版となる[2]リビアで任務に就いた後、1965年にキャンバリーの参謀大学英語版で学ぶ[2]1967年1月に国防省陸軍参謀部に勤務[2]1967年12月31日、少佐(major)に昇進[5]

1969年に大隊に復帰し、1970年6月から8月にかけては北アイルランドで任務についていた[6]1971年8月から1972年10月まで第11装甲旅団英語版旅団参謀少佐英語版として勤務[7]1972年12月31日中佐(Lieutenant colonel)に昇進[8]。1972年10月から1974年12月にかけてキャンバリーの参謀大学の教官を務める[7]

1974年12月から1977年2月にかけてはグリーン・ハワーズ連隊第一大隊の司令官(Commanding officer)を務め、北アイルランドやドイツ・ベルリンなどで任務にあたった[7]1976年12月31日には大佐英語版に昇進[9]

1977年2月から1979年12月にかけて参謀大学の準師団(Staff College’s Junior Division)の司令官となる[7]1979年12月からライン軍団のタスク・フォースC(後の第4装甲旅団)の司令官となり[7]1979年12月31日准将英語版に昇進した[10]1982年2月からドイツ駐留のまま第1軍団英語版の参謀長に就任[7]

ついで1983年12月からヨーク第2歩兵師団英語版総司令官(GOC)英語版を務めた[7]。1984年4月16日に少将(major-general)に昇進[11]

1986年2月から1987年5月にかけては国防省陸軍兵站総監(Director General, Logistics Policy (Army))を務める[7]

1987年8月8日中将(lieutenant general)に昇進するとともに第1軍団の総司令官に就任[7][12]。ついで1989年11月から北大西洋条約機構(NATO)軍の北部陸軍集団英語版司令官とイギリス陸軍ライン軍団最高司令官(C-in-C)英語版に就任した[7]1990年9月3日大将(general)に昇進[13]

1992年2月にイギリスへ帰国し、陸軍参謀本部総長英語版に就任した[7]1994年3月15日統合参謀総長英語版に就任するとともに陸軍元帥英語版に昇進した[7][14]。1997年4月まで務めた[7]

1997年7月21日一代貴族爵位「カウンティ・オブ・ノース・ヨークシャーにおけるリッチモンドのイング男爵(Baron Inge, of Richmond in the County of North Yorkshire)」に叙され[1]貴族院議員に列した[15]。貴族院内における党派は中立派である[15]

2001年4月23日、女王エリザベス2世よりガーター騎士団(ガーター勲章)ナイト(KG)に叙される[16]

栄典[編集]

2006年6月19日ガーターセレモニーの際のガーター騎士団員イング卿元帥

爵位[編集]

勲章[編集]

名誉職その他[編集]


脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g Lundy, Darryl. “Field Marshal Peter Anthony Inge, Baron Inge” (英語). thepeerage.com. 2014年10月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h Heathcote(1999) p. 183
  3. ^ The London Gazette: (Supplement) no. 41458. p. 4720. 1958年7月25日。2014年10月20日閲覧。
  4. ^ The London Gazette: (Supplement) no. 42742. p. 5976. 1962年7月24日。2011年9月26日閲覧。
  5. ^ The London Gazette: (Supplement) no. 44493. p. 76. 1967年12月29日。2014年10月20日閲覧。
  6. ^ Heathcote(1999) p. 183-184
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m Heathcote(1999) p. 184
  8. ^ The London Gazette: (Supplement) no. 45867. p. 91. 1973年1月1日。2014年10月20日閲覧。
  9. ^ The London Gazette: (Supplement) no. 47117. p. 361. 1977年1月10日。2014年10月20日閲覧。
  10. ^ The London Gazette: (Supplement) no. 48080. p. 1438. 1980年1月28日。2014年10月20日閲覧。
  11. ^ The London Gazette: no. 49754. p. 7748. 1984年6月4日。2014年10月20日閲覧。
  12. ^ The London Gazette: (Supplement) no. 51053. p. 11201. 1987年9月7日。2014年10月20日閲覧。
  13. ^ The London Gazette: (Supplement) no. 51948. p. 13725. 1989年11月28日。2014年10月20日閲覧。
  14. ^ The London Gazette: (Supplement) no. 53645. p. 5799. 1994年4月18日。2014年10月20日閲覧。
  15. ^ a b Lord Inge” (英語). www.parliament.uk. イギリス議会. 2014年10月20日閲覧。
  16. ^ a b The London Gazette: no. 56183. p. 4839. 2001年4月23日。2014年10月20日閲覧。
  17. ^ The London Gazette: (Supplement) no. 51171. p. 2. 1987年12月30日。2014年10月20日閲覧。
  18. ^ The London Gazette: (Supplement) no. 52767. p. 2. 1991年12月30日。2014年10月20日閲覧。
  19. ^ a b Heathcote(1999) p. 185

参考文献[編集]

  • Heathcote, Tony (1999) (英語). The British Field Marshals, 1736–1997: A Biographical Dictionary. Barnsley: Leo Cooper. ISBN 0-85052-696-5. 
軍職
先代:
サー・パトリック・パーマー英語版
第2歩兵師団英語版総司令官(GOC)英語版
1984年 - 1985年
次代:
サー・チャールズ・ガスリー英語版
先代:
サー・ブライアン・ケニー英語版
第1軍団英語版総司令官(GOC)
1987年 - 1989年
次代:
サー・チャールズ・ガスリー英語版
先代:
サー・ブライアン・ケニー英語版
英陸軍ライン軍団最高司令官(C-in-C)英語版
1989年 - 1992年
次代:
サー・チャールズ・ガスリー英語版
先代:
サー・ジョン・チャペル英語版
参謀本部総長英語版
1992年 - 1994年
次代:
サー・チャールズ・ガスリー英語版
先代:
サー・ピーター・ハーディング英語版
統合参謀総長英語版
1994年 - 1997年
次代:
サー・チャールズ・ガスリー英語版
名誉職
先代:
サー・ジョン・スタンアー英語版
ロンドン塔管理長官英語版
1996年 - 2001年
次代:
サー・ロジャー・ホイーラー英語版