オランダ君主一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オランダの旗 オランダ王国
国王/女王
'Koning/Koningin der Nederlanden'  (オランダ語)
Royal Coat of Arms of the Netherlands.svg
在位中の国王/女王
Zijne Majesteit Koning Willem-Alexander met koningsmantel april 2013.jpeg
第7代国王 ウィレム=アレクサンダー
2013年4月30日より
詳細
敬称 陛下(His Majesty)
法定推定相続人 オラニエ女公カタリナ=アマリア
初代 ウィレム1世
成立 1815年3月16日
宮殿 アムステルダム王宮
ノールダインデ宮殿
ハウステンボス宮殿
ウェブサイト The Royal Website
テンプレートを表示
オランダ王室
Royal Coat of Arms of the Netherlands.svg

ウィレム=アレクサンダー国王
マクシマ王妃



オランダ君主一覧(オランダくんしゅいちらん)は、オランダが独立して以来の君主の一覧である。ネーデルラント連邦共和国総督(統領)は厳密には君主とは言えないがここで扱う。

オランダは代々オラニエ=ナッサウ家が統治してきたと言える。連邦共和国の時代には総督職をほぼ世襲し(ウィレム4世からは全州の総督世襲が正式に認められた)、フランス革命ナポレオン戦争を挟んで、オランダ王国(ネーデルラント王国)の成立後は、国王として現在まで君臨している。

ウィレム3世崩御以降、王子の早世などによってウィルヘルミナユリアナベアトリクスと3代連続で女王が即位し、2013年ウィレム=アレクサンダーが123年ぶりの男性国王として即位した。

王位継承は、1983年憲法英語版改正より最長子相続制をとっている。

ネーデルラント連邦共和国 (1581年–1795年)[編集]

オランダの君主制の起源は、1559年にスペインのフェリペ2世によって、オラニエ公であるウィリアム1世がオランダ州、ゼーラント州、ユトレヒト州の総督に任命されたことにまでさかのぼることができる。しかし、彼は職を辞め、オランダの反乱のリーダーになった。その結果、1572年に、州総督は彼を反乱を起こしたオランダとゼーラントの両方の州の総督に任命した。オランダの反乱の間、ほとんどのオランダの州は、1581年7月26日にハーグで署名された統治権否認法で独立を宣言した。州総督の決定との適合、オランダ総督の代表的な機能は、反抗的なオランダ北部で廃止された。封建領主自体が廃止されたが、それでもなお、これらの州では事務所が継続され、現在はオランダの7つの共和国に統合されている。ウィリアム1世以降のすべての総督は、彼の子孫または彼の兄弟の子孫から引き出された。彼らは、ナッソーオレンジの孫娘アルベルティーネアグネスの子孫でもあった。

1795年に共和国はフランス共和国に打倒され、バタヴィア共和国に取って代わられた。 1806年、ナポレオンは新共和国を廃止し、弟をオランダの王にした。しかし、1810年にナポレオンはオランダを侵略し、フランスに併合した。 1813年、連合軍はフランス軍を追い出した。オランダ人は、最後の総督の息子であるウィリアム・フレデリックを呼び戻し、新政府を率いる。彼は「主権の王子」と宣言された。 1815年、彼はオランダを王国の地位に引き上げ、ウィリアム1世を宣言した。その後すぐに、オランダ南部、現在はベルギー、ルクセンブルグに王国が拡大した。

オラニエ=ナッサウ家の総督[編集]

肖像 名前 生没年月日 在位開始 在位終了 備考 家系
Antonio Moro - Willem I van Nassau.jpg
ウィレム1世
1533年4月24日 - 1584年7月10日
(51歳没)
1581年
7月26日
1584年
7月10日
総督[1]ナッサウ=ディレンブルク伯ヴィルヘルム1世英語版ユリアーナ・ツー・シュトルベルクの子息。 オラニエ=ナッサウ
Willem van Oranje wapen.svg
Michiel Jansz van Mierevelt - Maurits van Nassau, prins van Oranje en Stadhouder.jpg
マウリッツ
1567年11月14日 - 1625年4月23日
(57歳没)
1585年
11月14日
[2]
1625年
4月23日
総督[3]ウィレム1世アンナ・ファン・サクセンの子息。 オラニエ=ナッサウ
Willem van Oranje wapen.svg
Frederik Hendrik by Michiel Jansz van Mierevelt.jpg
フレデリック・ヘンドリック
1584年1月29日 - 1647年3月14日
(63歳没)
1625年
4月23日
1647年
3月14日
総督[4]ウィレム1世ルイーズ・ド・コリニーの子息。 オラニエ=ナッサウ
Willem van Oranje wapen.svg
Workshop of Gerard van Honthorst 001.jpg
ウィレム2世
1626年5月27日 - 1650年11月6日
(24歳没)
1647年
3月14日
1650年
11月6日
総督[5]、フレデリック・ヘンドリックとアマーリエ・フォン・ゾルムス=ブラウンフェルスの子息。 オラニエ=ナッサウ
Willem van Oranje wapen.svg
第1次無総督時代英語版1650年11月6日 - 1672年7月4日
King William III of England, (1650-1702).jpg
ウィレム3世
1650年11月4日 - 1702年3月8日
(51歳没)
1672年
7月4日
1702年
3月8日
総督[6]イングランド王スコットランド王。ウィレム2世とメアリー・ヘンリエッタ・ステュアートの子息。 オラニエ=ナッサウ
Willem van Oranje wapen.svg
第2次無総督時代英語版1702年3月8日 - 1747年5月4日
Portret van Willem IV Rijksmuseum SK-A-6.jpeg
ウィレム4世
1711年9月1日 - 1751年10月22日
(40歳没)
1747年
5月4日
1751年
10月22日
ネーデルラント連合王国の最初の正式な世襲総督[7]ヨハン・ウィレム・フリーゾマリア・ルイーゼ・ファン・ヘッセン=カッセルの子息。 オラニエ=ナッサウ
Willem van Oranje wapen.svg
Johann Georg Ziesenis - Willem V prins van Oranje-Nassau - c 1770.jpg
ウィレム5世
1748年3月8日 - 1806年4月9日
(58歳没)
1751年
10月22日
1795年
1月19日
ネーデルラント連合王国の世襲総督、ウィレム4世アンの子息、バタヴィア革命英語版により退位。 オラニエ=ナッサウ
Willem van Oranje wapen.svg

ウィリアム3世が子供を持たずに崩御した時、オラニエ=ナッサウの父系の祖先は絶滅した。 ネーデルラント共和国の他の州とは対照的に、フリースランド、グロニンゲン、ドレンテは主にナッサウ家からオランダ総督を引き抜いており、オラニエのウィリアムの兄弟であるジョン6世から始まり、さらに母系の祖先がオラニエ=ナッサウ家。

ナッサウ家の総督[編集]

肖像 名前 生没年月日 在位開始 在位終了 備考 家系
Jan de Oude (1535-1606). Graaf van Nassau, workshop Jan Antonisz. van Ravesteyn, ca. 1610 - ca. 1620.jpg
ヨハン6世
1536年11月22日 - 1606年10月8日
(69歳没)
1578年 1581年 総督[8]ナッサウ=ディレンブルク伯ヴィルヘルム1世英語版ユリアーナ・ツー・シュトルベルクの嫡男、ウィレム1世の弟。 ナッサウ
Arms of Nassau.svg
Willem Lodewijk van Nassau 1560-1620.jpg
ウィレム・ローデウェイク
1560年3月13日 - 1620年5月31日
(60歳没)
1584年 1620年 総督[9]ヨハン6世ロイヒテンベルクのエリザベス伯爵夫人英語版の子息。 ナッサウ
Arms of Nassau.svg
Portrait of Ernst Casimir van Nassau-Dietz (Wybrand de Geest, 1633).jpg
エルンスト・カシミール1世
1573年12月22日 - 1632年6月2日
(58歳没)
1620年 1632年 総督[10]ヨハン6世ロイヒテンベルクのエリザベス伯爵夫人英語版の子息。 ナッサウ
Arms of Nassau.svg
Hendrik Casimir I van Nassau-Dietz.jpg
ヘンドリック・カシミール1世
1612年1月21日 - 1640年7月13日
(28歳没)
1632年 1640年 総督[11]エルンスト・カシミール1世ゾフィー・ヘートヴィヒ・フォン・ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテルの子息。 ナッサウ
Arms of Nassau.svg
Willem Frederik van Nassau.jpg
ウィレム・フレデリック
1613年8月7日 - 1664年10月31日
(51歳没)
1640年 1664年 総督[12]エルンスト・カシミール1世ゾフィー・ヘートヴィヒ・フォン・ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテルの子息。 ナッサウ
Arms of Nassau.svg
Henry Casimir II, Prince of Nassau-Dietz.jpg
ヘンドリック・カシミール2世
1657年1月18日 - 1696年3月25日
(39歳没)
1664年
1月18日
1696年
3月25日
世襲総督[13]ウィレム・フレデリックアルベルティーネ・アグネス・ファン・ナッサウの子息、フレデリック・ヘンドリックの女系の孫。 ナッサウ
Arms of Nassau.svg
Portrait of Johan Willem Friso van Nassau-Dietz (1687-1711) by Lancelot Volders.jpg
ヨハン・ウィレム・フリーゾ
1687年8月4日 - 1711年7月14日
(23歳没)
1696年
3月25日
1711年
7月14日
世襲総督[14]ヘンドリック・カシミール2世ヘンリエッテ・アマーリエ・フォン・アンハルト=デッサウの子息、長男オラニエ公ウィレム4世(ネーデルラント連合王国の世襲総督)が継承。 ナッサウ
Arms of Nassau.svg

ホラント王国 (1806年–1810年)[編集]

肖像 名前 生没年月日 在位開始 在位終了 備考 家系
LouisBonaparte Holland.jpg
ルイ1世
1778年9月2日 - 1846年7月25日
(67歳没)
1806年
6月5日
1810年
7月1日
シャルル・マリ・ボナパルトマリア・レティツィア・ボナパルトの子息、ナポレオンの弟。 ボナパルト
Coat of Arms of the Kingdom of Holland (1808).svg
Napoléon Louis Bonaparte (1804-1831).jpg
ルイ2世
1804年10月11日 - 1831年3月17日
(26歳没)
1810年
7月1日
1810年
7月9日
ルイ1世とオルタンス・ド・ボアルネの子息。 ボナパルト
Coat of Arms of the Kingdom of Holland (1808).svg

Sovereign Principality of the United Netherlands (1813年–1815年)[編集]

肖像 名前 生没年月日 在位開始 在位終了 備考 家系
Willem I (1772-1843), souverein vorst der Verenigde Nederlanden, later koning der Nederlanden Rijksmuseum SK-A-1519.jpeg
ウィレム・フレデリック
1772年8月24日 - 1843年12月12日
(71歳没)
1813年
12月6日
1815年
3月16日
前総督ウィレム5世ヴィルヘルミーネ・フォン・プロイセンの子息、1815年にオランダを王国の地位に引き上げた。 ボナパルト
Coat of Arms of the Kingdom of Holland (1808).svg

オランダ王国 (1815年–現在)[編集]

肖像 名前 生没年月日 在位開始 在位終了 備考 家系
Portret van Willem I, koning der Nederlanden Rijksmuseum SK-C-1460.jpeg
ウィレム1世
1772年8月24日 - 1843年12月12日
(71歳没)
1815年
3月16日
1840年
10月7日
前総督ウィレム5世ヴィルヘルミーネ・フォン・プロイセンの子息

退位
オラニエ=ナッサウ
Royal coat of arms of the Netherlands.svg
King Willem II.jpg
ウィレム2世
1792年12月6日 - 1849年3月17日
(56歳没)
1840年
10月7日
1849年
3月17日
ウィレム1世ヴィルヘルミーネ・フォン・プロイセンの子息 オラニエ=ナッサウ
Royal coat of arms of the Netherlands.svg
Portrait of King Willem III of the Netherlands, Nicolaas Pieneman (1856).jpg
ウィレム3世
1817年2月19日 - 1890年11月23日
(73歳没)
1849年
3月17日
1890年
11月23日
ウィレム2世アンナ・パヴロヴナの子息 オラニエ=ナッサウ
Royal coat of arms of the Netherlands.svg
Portret van koningin Wilhelmina (1898) van Pieter de Josselin de Jong.jpg
ウィルヘルミナ
1880年8月31日 - 1962年11月28日
(82歳没)
1890年
11月23日
1948年
9月4日
ウィレム3世エンマ・フォン・ヴァルデック=ピルモントの息女

退位
オラニエ=ナッサウ
Royal coat of arms of the Netherlands.svg
Regina Juliana a Tarilor de Jos.jpg
ユリアナ
1909年4月30日 - 2004年3月20日
(94歳没)
1948年
9月4日
1980年
4月30日
ハインリヒ・ツー・メクレンブルクウィルヘルミナの息女

退位
オラニエ=ナッサウ
Royal coat of arms of the Netherlands.svg
Prinses Beatrix.jpg
ベアトリクス
1938年1月31日 -
(84歳)
1980年
4月30日
2013年
4月30日
ベルンハルト・ファン・リッペ=ビーステルフェルトユリアナの息女

退位
オラニエ=ナッサウ
Royal coat of arms of the Netherlands.svg
Zijne Majesteit Koning Willem-Alexander met koningsmantel april 2013.jpeg
ウィレム=アレクサンダー
1967年4月27日 -
(55歳)
2013年
4月30日
在位中 クラウス・フォン・アムスベルクベアトリクスの子息 オラニエ=ナッサウ
Royal coat of arms of the Netherlands.svg

脚注[編集]

  1. ^ ホラント州、ゼーラント州、ユトレヒト州総督 (1559年–1584年)、フリースラント州、オーファーアイセル州総督 (1580年–1584年)
  2. ^ Maurits benoemd als stadhouder, 1585, Europeana
  3. ^ Stadtholder of Holland and Zeeland (1585–1625), Utrecht, Guelders and Overijssel (1590–1625), Groningen (1620–1625)
  4. ^ Stadtholder of Holland, Zeeland, Utrecht, Guelders, and Overijssel (1620–1625), Groningen and Drenthe (1640–1647)
  5. ^ Stadtholder of Holland, Zeeland, Utrecht, Guelders, Groningen, Drenthe and Overijssel
  6. ^ Stadtholder of Holland, Zeeland, Utrecht and Overijssel (1672–1702), Guelders (1675–1702), Drenthe (1696–1702)
  7. ^ Hereditary Stadtholder of Friesland (1711–1747), Holland, Zeeland, Utrecht and Overijssel (April/May 1747 – November 1747), Stadtholder of Groningen (1718–1747), Guelders and Drenthe (1722–1747), was formally voted the first Hereditary Stadtholder of the United Provinces (1747–1751)
  8. ^ Stadtholder of en:Guelders (under Philip II), architect of the en:Union of Utrecht
  9. ^ Stadtholder of Friesland (1584–1620), Groningen (1594–1620) and Drenthe (1596–1620)
  10. ^ Stadtholder of Friesland (1620–1632), Groningen and Drenthe (1625–1632)
  11. ^ Stadtholder of Friesland (1632–1640), Groningen and Drenthe (1632–1640)
  12. ^ Stadtholder of Friesland (1640–1664), Groningen and Drenthe (1650–1664)
  13. ^ In 1675 the State of Friesland voted to make the Stadtholdership hereditary in the house of Nassau-Dietz
  14. ^ Hereditary Stadtholder of Friesland (1707–1711) and Groningen (1708–1711)

関連項目[編集]