コンテンツにスキップ

レツィエ3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
レツィエ3世
Letsie III
レソト国王
在位 第2代:1990年12月12日 - 1995年1月25日
第4代:1996年2月7日 - 在位中
戴冠式 1997年10月31日

全名 デイヴィッド・モハト・レツィエ・ベレン・セーイソ
David Mohato Letsie Bereng Seeiso
出生 (1963-07-17) 1963年7月17日(61歳)
イギリスの旗 イギリス保護領バストランドモリジャ
王太子 レロソリ・セーイソ王子
配偶者 マセナテ・モハト・セーイソ王妃
子女 セナテ・セーイソ王女
マセーイソ・セーイソ王女
レロソリ・セーイソ王子
家名 セーイソ家
父親 モショエショエ2世
母親 マモハト
宗教 ローマ・カトリック
テンプレートを表示

レツィエ3世Letsie III1963年7月17日 - )は、レソト国王(第2・4代)。本名はデイヴィッド・モハト・レツィエ・ベレン・セーイソDavid Mohato Letsie Bereng Seeiso)。

レツィエ3世王妃マセナテ・モハト・セーイソ

経歴[編集]

1966年、レソト王国の成立。父のモショエショエ2世が国王に即位したことに伴い王太子となる。

1990年ジャスティン・レハンヤ率いる軍事政権モショエショエ2世を追放、第2代国王に即位する。

1994年8月、首相のヌツ・モヘレとの対立から憲法を停止し、議会・内閣の解散を一方的に宣言する(レソト危機)。しかし、翌9月にはゼネラル・ストライキや抗議デモが発生し親政統治が困難になり、退位を余儀なくされる。

1995年1月、南アフリカを中心とした各国の調整によりモショエショエ2世が王位に復位、再び王太子へ。しかし翌年モショエショエ2世が交通事故で崩御したことに伴い第4代国王として復位。

外遊[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

レソト王室
先代
モショエショエ2世
モショエショエ2世
レソトの旗 国王
第4代:1996 -
第2代:1990 - 1995
次代
(在位)
モショエショエ2世