内堀雅雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
内堀 雅雄
うちぼり まさお
Masao Uchibori cropped 2 Shin Maruo Elena Buglova and Masao Uchibori 20130527.jpg
生年月日 (1964-03-26) 1964年3月26日(53歳)[1]
出生地 日本の旗 長野県長野市
出身校 東京大学経済学部卒業
前職 国家公務員自治省総務省
福島県副知事
現職 福島県知事
会津鉄道株式会社代表取締役副社長
所属政党 無所属
公式サイト ふくしまから チャレンジはじめよう。 ~ 福島県知事 内堀雅雄のページ ~

福島県の旗 民選第20代 福島県知事
当選回数 1回
在任期間 2014年(平成26年)11月12日 -
現職
テンプレートを表示

内堀 雅雄(うちぼり まさお、1964年(昭和39年)3月26日 - )は、日本政治家自治総務官僚福島県知事(民選第20代)、会津鉄道株式会社代表取締役副社長。元福島県副知事

来歴[ソースを編集]

長野県長野市生まれ[2]長野県長野高等学校卒業後、上京し東京大学に入学。1986年(昭和61年)、東京大学経済学部を卒業し、自治省に入省した[1]。本省勤務の他、大蔵省(現:財務省)や福井県佐賀県への出向も経験する。2001年(平成13年)、中央省庁再編により総務省が新設され、自治財政局地方債課理事官。同年より福島県へ出向し、生活環境部長や企画調整部長を経て、2006年(平成18年)12月より福島県副知事[1]2007年(平成19年)6月より第三セクターである会津鉄道において、代表権を持つ副社長に就任した[1]

副知事在任中の2011年(平成23年)3月11日東北地方太平洋沖地震が発生し、東日本大震災及び福島第一原子力発電所事故への対応にあたる。3月11日夜、福島第一原子力発電所の所在地である双葉郡双葉町大熊町及び富岡町楢葉町を回り、そのまま福島第一原子力発電所オフサイトセンター(双葉郡大熊町)から、通信施設の機能がダウンした中で唯一確保できた衛星電話を通じ、原発事故の状況を福島県庁に伝え続けた。その後、連続して原子炉内で水素爆発が発生し、放射線量が上昇する中での復旧作業の過酷さを目の当たりにした[3]

2014年(平成26年)9月4日福島県知事佐藤雄平が、2014年(平成26年)10月26日に執行される福島県知事選挙への不出馬を表明[4]。佐藤の不出馬を受け、9月11日に副知事を辞任[5]した上で福島市で記者会見を開き、「佐藤県政の継承」を掲げて福島県知事選に立候補する意向を正式に表明した[6][7]。内堀の出馬表明に先立ち、民主党9月9日に、海江田万里代表(当時)が内堀を支持する方針を明言。また自由民主党は、福島県連が元日本銀行福島支店長の鉢村健を擁立する方針を掲げていたが、9月9日に内堀を支援する方針を固め[8]、内堀の出馬表明の後、鉢村が出馬を撤回した[9]

2014年(平成26年)10月26日投開票の福島県知事選挙には自民・民主・公明社民4党の支援を受けた内堀の他、日本共産党新党改革の支援を受けた元宮古市長の熊坂義裕、元双葉町長の井戸川克隆ら6人が出馬したが、内堀が次点の熊坂に約37万票の大差をつけ、初当選した[10][11]

人物[ソースを編集]

年譜[ソースを編集]

2013年(平成25年)5月27日
国際原子力機関緊急時対応能力研修センターにて特命全権大使(科学技術協力担当)丸尾眞(左)、国際原子力機関事故・緊急センターセンター長エレナ・ブグロバ(中央)、内堀

論文[ソースを編集]

2013(平成25)年5月27日
国際原子力機関緊急時対応能力研修センターにて特命全権大使(科学技術協力担当)丸尾眞(右)、内堀

出演[ソースを編集]

ラジオ[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 会津鉄道『訂正有価証券報告書』2013年9月18日
  2. ^ a b 日本の未来創生
  3. ^ 内堀まさお公式WEBサイトプロフィール
  4. ^ “佐藤・福島県知事不出馬、直前まで胸中揺れる”. 日本経済新聞. (2014年9月4日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFB04H6C_U4A900C1L01000/ 2015年11月21日閲覧。 
  5. ^ “内堀氏が「知事選」出馬表明 副知事は辞任”. 福島民友新聞. (2014年9月11日). http://www.minyu-net.com/news/news/0911/news14.html 2015年11月21日閲覧。 
  6. ^ “福島知事選、内堀副知事が出馬表明 「沿岸部を再生」”. 日本経済新聞. (2014年9月12日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFB11H5G_R10C14A9L01000/ 2015年11月21日閲覧。 
  7. ^ “福島県知事選 内堀元副知事が立候補を表明”. 産経新聞. (2014年9月12日). http://www.sankei.com/politics/news/140912/plt1409120023-n1.html 2015年11月21日閲覧。 
  8. ^ “自民党本部 内堀氏支援へ 福島県知事選”. 産経新聞. (2014年9月9日). http://www.sankei.com/politics/news/140909/plt1409090047-n1.html 2015年11月21日閲覧。 
  9. ^ “選挙:福島県知事選 内堀氏が出馬表明 鉢村氏は取りやめ、与野党相乗りに”. 毎日新聞. (2014年9月12日). http://senkyo.mainichi.jp/news/20140912ddm005010124000c.html 2015年11月21日閲覧。 
  10. ^ “【福島県知事選】内堀氏が当選確実 与野党相乗りで佐藤県政継承”. 産経新聞. (2014年10月26日). http://www.sankei.com/politics/news/141026/plt1410260007-n1.html 2015年11月21日閲覧。 
  11. ^ “福島知事選、内堀前副知事の当選確実 自公・民主相乗り”. 日本経済新聞. (2014年10月26日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDE26H0O_W4A021C1000000/ 2015年11月21日閲覧。 

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]