大村秀章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
大村秀章
おおむら ひであき
Hideaki Omura (2014.03.23) 5.jpg
生年月日 (1960-03-09) 1960年3月9日(58歳)
出生地 愛知県碧南市
出身校 東京大学法学部
前職 農林水産省職員
内閣府副大臣
所属政党 自由民主党平成研究会)→)
無所属→)
日本一愛知の会
称号 法学士
公式サイト 大村ひであきOfficial Site

愛知県の旗 公選第17・18代 愛知県知事
当選回数 2回
在任期間 2011年2月15日 - 現職

選挙区 比例東海ブロック→)
愛知13区→)
比例東海ブロック(愛知13区)
当選回数 5回
在任期間 1996年10月20日 - 2011年1月14日
テンプレートを表示

大村 秀章(おおむら ひであき、1960年昭和35年)3月9日 ‐)は、日本農水官僚政治家愛知県知事(公選第17・18代)、日本一愛知の会会長(代表)[1]

衆議院議員(連続5期)、厚生労働副大臣麻生内閣)、内閣府副大臣安倍内閣)等を歴任[2]

来歴・人物[編集]

愛知県碧南市生まれ。碧南市立鷲塚小学校、同東中学校、愛知県立西尾高等学校東京大学法学部卒業。1982年4月、農林水産省に入省する[3]

1988年徳島市ニューフロンティア推進部長兼理事、1991年農林水産省経済局農業協同組合課課長補佐、1993年食糧庁企画課課長補佐(総括)[4]

衆議院議員[編集]

1995年自由民主党愛知県第13選挙区支部長。1996年第41回衆議院議員総選挙にて初当選(比例、当時36歳)。その後、2000年第42回衆議院議員総選挙で再選(小選挙区)、2003年第43回衆議院議員総選挙で3選(小選挙区)、2005年第44回衆議院議員総選挙で4選(小選挙区)、2009年第45回衆議院議員総選挙で5選(比例)と、5期連続当選を果たす[5]

この間、衆議院厚生労働委員会(筆頭理事)、同消費者問題等に関する特別委員会などに所属。また、2001年経済産業大臣政務官2002年内閣府大臣政務官2005年自由民主党愛知県連会長、自由民主党厚生労働部会長、2006年内閣府副大臣(経済財政、金融、地方分権改革)、2007年自由民主党医療委員長、党厚生関係団体委員長、2008年厚生労働副大臣、2010年衆議院決算行政監視委員長、などを歴任[6]

愛知県知事[編集]

第1期(2011年-2015年)[編集]

2010年10月、名古屋市河村たかし市長から、翌2011年2月に実施される愛知県知事選挙への出馬を打診され[7]、11月13日には出馬の意向が報じられた[8]。大村は、「私は今、日本と日本経済に大いなる危機感を抱いています。このままでは、日本経済も愛知の経済、ものづくりも沈没してしまう。日本を、愛知・名古屋を、今一度世界と闘える力強い国・社会・経済とするため、私は皆様とともに起ち上がりたい。」『日本一愛知の会マニフェスト』と、知事選への立候補の決意を述べている。12月3日、大村は石原伸晃幹事長に離党届を提出し[9][10]、12月6日に正式な出馬表明を行った。その後、12月21日、地域政党日本一愛知の会」の設立を発表[11][リンク切れ][12]し、同会会長に就任した。2011年1月14日、横路孝弘衆議院議長に辞職願を提出し許可され、衆議院議員を辞職した。大村の辞職により、望月義夫繰り上げ当選した[13]

2011年2月6日の愛知県知事選挙では、愛知県知事選史上2番目に多い1,502,571票を獲得した[14]

2012年1月、政治塾「東海大志塾」の設立を発表し、塾長に就任した[15]。同年8月には、政治団体「中京維新の会」を設立し、代表に就任した。また「日本維新の会」顧問にも就任したが、維新が減税日本との合流を拒否したことなどから11月21日に顧問を辞職した[16]

第2期(2015年-)[編集]

2014年9月24日、愛知県議会にて、大村は「県民の皆様の御理解・御支援が得られるのであれば、県民の皆様から与えられた任期をしっかりと十全に全うし、さらに、未来の愛知にも責任を担っていきたいと考えております。そして、皆様とともに日本一元気な愛知の実現に向けて全力で取り組んでまいりたいと考えております。」と2期目への出馬意向を表明した[17]。2014年12月19日、大村が記者会見を開き、「2015年2月1日執行予定の愛知県知事選挙にて再選を目指して出馬する」ことを表明し、合わせて選挙公約などを発表した[18]。その後、2015年1月6日には、詳細な政策集である「あいち重点政策ファイル300+1」を発表した[19]

2015年2月1日に実施された愛知県知事選挙では、7党(自由民主党、民主党公明党維新の党次世代の党生活の党と山本太郎となかまたち、減税日本)からの推薦を得て、1,629,147 票を獲得して再選を果たした(得票率80.63%)。この得票数・得票率は何れも、愛知県知事選挙史上2番目である。

2017年10月22日執行予定の第48回衆議院議員総選挙では三都物語と称して希望の党を率いる小池百合子東京都知事、日本維新の会代表の松井一郎大阪府知事との連携を表明[20]。しかし10月5日午前、小池の要請で大村が希望の党の顧問に就任したと党がいったん発表したがすぐ内定であったと修正し、大村自身が顧問就任を否定。同日午後に党も就任発表を撤回するなど足並みが乱れた場面もあり[21][22]、選挙公示後の10月11日に大村は希望の党に対する応援方針を事実上撤回した[23]

政策[編集]

衆議院議員[編集]

刀削麺を食べる大村秀章

大村は、農林水産省出身ながら社会保障政策の立案や法案成立などに深く関与し、厚生労働副大臣をはじめ自民党厚生労働部会長、衆議院厚生労働委員会筆頭理事を務めた経験がある。厚生労働副大臣時代には、当時社会問題化していた年越し派遣村の厚生労働省の建物(講堂)を開放する決定に携わった。また、C型肝炎薬害訴訟を担当すると共に、障害者自立支援法後期高齢者医療制度高齢者の医療の確保に関する法律)等の政策立案や法案成立に尽力した[要出典]

愛知県知事[編集]

第1期(2011年-2015年)[編集]

大村は、「平成の楽市楽座」「世界と闘える愛知・名古屋」の実現をめざし、236項目からなるマニフェストを掲げて初当選を果たした[24]

愛知県知事就任後、2011年7月28日に首相官邸を訪問し、枝野幸男内閣官房長官(当時)と会談。東日本大震災及びそれに続く記録的な円高・ドル安に対処するため、政府及び日本銀行による為替介入、中小企業へのサポートなどを含む県や地元労使4団体の緊急要請文を手渡した[25][リンク切れ]。さらに8月17日には全国知事会の円高対策プロジェクトチームの取りまとめ役として、政府と日銀に対して復興債の日銀直接引受けやインフレターゲットの導入を要請した[26][リンク切れ]。大村は官邸で福山哲郎内閣官房副長官(当時)に面会した後、記者団に対して「(日銀引受けを)政治として決断してもらいたい」と述べた[要出典]

大村は、知事1期目には、総じて以下のような実績をあげたとしている[27]

  • 副知事に、厚生労働省出身の吉本明子、トヨタ自動車出身の森岡仙太を迎え(就任日順)、県職員出身の2名と合わせて、副知事4名体制を構築した。吉本副知事は、「女性の活躍促進プロジェクト」の展開を指揮した[28][29]
  • 県道路公社が所有・運営する有料道路8路線について、国の「構造改革特区」の枠組みによる「公共施設等運営権」(コンセッション)を設定し、道路施設は県公社が所有したままで、運営権を民間事業者に売却して向こう30年間の道路運営を民間事業者に委ねる事業を準備。[27]
  • 県内への企業立地を促進し研究開発を支援する「産業空洞化対策減税基金」では、補助件数123件、補助総額130億円、総投資額2,482億円の実績をあげると共に、県内における25,000人の雇用維持・創出を果たした[27]
  • 次世代自動車の開発・普及に尽力。初めて市販された燃料電池車(FCV)をいち早く購入すると共に、普及支援策として、水素ステーションの整備支援、購入者への補助金などの措置を講じた[27]
  • 総合特区「アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区」について、目標を大きく上回る成果をあげて、平成24・25年度の2か年にわたり「A」評価を獲得した[30]
  • あいち小児保健医療総合センター3次救急施設の整備、城山病院の全面改築、がんセンター2病院の機能強化など、県立病院の建替え・機能強化に取組んだ[27]
  • 県独自の「子育て支援減税手当」の給付を行うために、基金を積み立てるなどして2013・14両年度で計105億円の財源を確保して、14年度に実施した。これは、消費税率の引上げが子育て世帯の負担を重くし、次代を担う児童の健全育成に影響を及ぼすことのないよう、特に子育て世帯を支援するもので、児童1人あたり1万円を給付した[31]
  • 特別支援教育の充実に取組み、いなざわ特別支援学校の開校、豊橋特別支援学校山嶺教室の開設などを行った[27]
  • 2014年11〜12月に、「技能五輪全国大会」及び「全国障害者技能競技大会(アビリンピック)」を開催して、何れも過去最多の来場者を得た(22万人、6万9千人)[27]
  • 2014年11月に、「ESDユネスコ世界会議」を開催。開会全体会合には、皇太子同妃両殿下のご臨席を得た[27]
  • ベトナムとの医療協力の協定締結(2012年4月)、タイ・バンコク都との相互協力に関する覚書締結(2012年7月)、タイ工業省との経済連携に関する覚書締結(2014年9月)など、成長著しいアジア地域との交流を推進した[27]
  • エアポートセールスによる中部国際空港(セントレア)便の増開設を実現した[27]
  • 2014年12月に、今後、観光施策を強化して交流人口の増加を図るために、2015年を「愛知観光元年」とする旨を宣言した[32]
  • 防災に関して、建築物の耐震化を推進するとともに、「愛知県河川海岸堤防等地震・津波対策事業推進協議会」を設立して国への要望活動を実施(2014年)。また「第3次あいち地震対策アクションプラン」を策定した(2014年)[27]
  • 危険ドラッグ対策として、全国2例目となる独自条例「薬物の濫用の防止に関する条例」を制定(2012年10月)。また、警察職員による立入検査権限の付与等を行った(2014年11月)[27]
  • 愛知県庁本庁舎が、隣接する名古屋市役所本庁舎と共に、国の重要文化財に指定された(2014年12月)[27]
  • FIFAフットサルワールドカップ2020の開催招致に関して、日本サッカー協会に意向表明(2014年4月)及び「開催構想概要書」を提出(8月)。日本サッカー協会にて、愛知を日本の開催地として、FIFAに対し、招致を行うことが決定(10月)[27]

第2期(2015年-)[編集]

重点政策ファイル300+1[編集]

大村は2015年1月6日に記者会見して、「-日本一元気な愛知をつくり日本の未来をつくる! リニア・ジェット・FCV-あいち重点政策ファイル300+1」と題する全300項目からなる政策集を発表して、選挙戦を闘った[19]

この政策集には、愛知県の成長により東京一極集中にストップをかける意思が示されており、その前文には「今や、東京一極集中にSTOPをかけることこそが日本の国益にかなうのです。では、こうした時に、これができるのは誰か?日本一の産業県・愛知しかありません。」と記されている。また、以下を柱とする重点政策が示されている(計300項目)[19]

  • 「リニア・インパクトを生かし、世界に発信する『中京大都市圏』をつくる」
  • 「産業首都愛知」
  • 「ひとが輝くあいち」
  • 「文化・スポーツ・魅力発信、『あいち観光元年』」
  • 「あいちのグローバル展開」
  • 「安心・安全なあいち」
  • 「『環境首都あいち』の確立」
  • 「地方分権・行財政改革」
  • 「東三河の振興」

これら重点政策については、2015年7月に、2018年度までの4年間にわたる施策・取組の内容や手順を示す「ロードマップ」が作成されて公表された。またそれ以降、毎年度の事業の進捗状況等を踏まえた更新がなされている。2017年度更新版(2017年7月24日公表)によると、これら300項目すべてが既に着手され、具体の施策・取組が実施されている。[33] [34]

人事・組織面[編集]

2014年12月に、2015年を「愛知観光元年」とする旨を宣言して、観光施策を強化して交流人口の増加を図るとした上で、2015年度には県庁組織を改組して、地域振興部を改組する振興部内に「観光局」を新たに設置し、その初代局長に外部人材を登用した[35]

2013年7月に着任した吉本明子副知事は、2015年7月に退任した。その後任として、同じ厚生労働省から堀井奈津子が就任した。そして2017年7月には、更にその後任として、宮本悦子が就任した。三代続けて厚生労働省出身の副知事が就任している。[36]

政策面での成果[33][34][編集]

(国家戦略特区)

2015年3月19日、国家戦略特区諮問会議により、「国家戦略特区(地方創生特区)」に指定された。その際、地方創生担当石破茂大臣より、東京圏・関西圏に伍す地域に発展することへの期待が示された[37]。国家戦略特区では、道路(有料道路コンセッション)、教育(愛知総合工科高校専攻科の公設民営)、農業、創業・雇用、医療、都市再生・まちづくり、近未来技術などの分野にて、規制の特例措置を活用した事業が展開されている。また提案中の規制緩和として、外国人雇用特区(産業人材)、農業分野への外国人材の受入拡大、医療ツーリズム推進のための規制改革、水素スタンドにおけるセルフ充填の可能化、などがある。

(次世代自動車(自動運転))

次世代自動車(自動運転)について、平成28年度は県内15市町にて実証実験を実施した。平成29年度には、遠隔型自動運転システム等を活用した公道実証実験を全国に先駆けて10市町で実施中である。

(あいち航空ミュージアム)

県営名古屋空港にて、産業観光の場として、学校教育・社会教育といった人材育成の場として、地域の活性化を図ることを目的に、航空機をテーマとした新たなミュージアムを整備中である。平成29年11月30日にオープン予定。

(ワールドロボットサミット)

平成32年ワールドロボットサミットの開催を愛知県に誘致することに成功した。会場は、愛知県国際展示場(後述)を予定している。

(産業空洞化対策減税基金)

これまでに、企業立地では224件を採択し、総投資額4,081億円、39,000人を超える雇用維持・創出効果を上げ、また研究開発・実証実験では、451件を採択した。

(愛知子ども調査)

子育て支援の取組として、子供の生活実態を把握し、子どもの貧困対策の推進につなげるため、平成28年度に「愛知子ども調査」と「ひとり親家庭等実態調査」を実施した。調査によって浮き彫りとなった課題等を分析し、支援策を検討する。

(「オレンジタウン構想」策定)

あいち健康の森とその周辺地域等を対象として、認知症の人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域のよい環境で自分らしく暮らし続けることができる、認知症に理解の深いまちづくりのモデル「オレンジタウン構想」を平成29年度に策定した。

(心身障害者コロニー)

再編整備を進めている心身障害者コロニーでは、平成28年に「リハビリセンター棟」、重症心身障害者施設「こばと棟」が供用開始。「本館棟」は平成30年の供用開始に向けて整備中である。

(「愛知県国際展示場」の整備、及びコンセッション方式での運営)

中部国際空港のある常滑市の空港島に、平成31年9月のオープンを目指し、展示面積6万平方メートルの国際展示場を整備中である。その運営に当たっては、民間事業者による創意工夫が可能となるコンセッション方式での運営が予定されている。

(技能五輪全国大会・全国アビリンピックの招致)

技能五輪全国大会について、愛知県は平成31年・32年の招致に成功し、2年連続して開催することになった。また、平成32年の全国アビリンピック(全国障害者技能競技大会)についても、愛知県での開催が決定した。

(文化芸術の発信)

平成28年を芸術・アートの年として、8月~12月にかけて、あいちトリエンナーレ2016、国民文化祭・あいち2016、全国障害者芸術・文化祭愛知大会を連続開催。

(杉原千畝氏の功績の顕彰)

郷土の偉人の一人である杉原千畝氏の功績を広く県民に伝え、郷土への誇りの醸成や地域の活性化につなげるため、母校である愛知県立瑞陵高等学校(名古屋市瑞穂区)において、顕彰施設を整備中。

(国際的なスポーツ大会の積極的な招致)

引続き、ラグビーワールドカップ2019の開催支援、FIFAフットサルワールドカップ2020の招致実現に取り組むとともに、平成38年に愛知・名古屋での開催が決定した第20回アジア競技大会についての準備を進めている。

(海外との連携強化)

知事2期目に入り、以下の10の国・地域との提携関係(相互協力、経済交流)を構築している。

  1. 京畿道 (韓国、平成27年
  2. テキサス州 (米国、平成28年)
  3. ホーチミン市 (ベトナム、平成28年)
  4. ワシントン州 (米国、平成28年)
  5. インドネシア経済担当調整大臣府 (平成29年)
  6. ブリュッセル首都圏 (ベルギー、平成29年
  7. フランダース地域 (ベルギー、平成29年)
  8. ワロン地域 (ベルギー、平成29年)
  9. インディアナ州 (米国、平成29年
  10. ケンタッキー州 (米国、平成29年)

(環境首都)

平成28年12月にメキシコで開催されたCOP13のサイドイベントにて、国外の先進的な広域自治体と協働し、世界の生物多様性保全の取組を促す共同アピールを行った。

議員連盟等(衆議院議員時代)[編集]

  • 窯業建材推進議員連盟 (会長[38]) 
  • 養鰻振興議員懇談会 (会長[38]
  • 食品産業振興議員連盟 (幹事長[38]
  • 障害保健福祉推進議員連盟 (幹事長[38]
  • 在宅介護推進議員連盟 (幹事長[38]
  • 都市農業研究会 (幹事長[38]
  • 自動車議員連盟税制小委員長[38]

テレビ出演[編集]

著書[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大村ひであき公式WEBサイト http://ohmura-hideaki.jp/profile/
  2. ^ 大村ひであき公式WEBサイト http://ohmura-hideaki.jp/profile/
  3. ^ 大村ひであき公式WEBサイト http://ohmura-hideaki.jp/profile/
  4. ^ 大村秀章『それでも日本は蘇る -21世紀への10の指針-』日経事業出版社、1998年5月、著者プロフィール
  5. ^ 大村ひであき公式WEBサイト http://ohmura-hideaki.jp/profile/
  6. ^ 大村ひであき公式WEBサイト http://ohmura-hideaki.jp/profile/
  7. ^ “河村市長、自民・大村氏に愛知知事選出馬要請”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2010年10月16日). オリジナル2010年10月19日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20101019033351/http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/20101016-OYT1T00126.htm 2010年11月13日閲覧。 
  8. ^ “河村市長が要請…自民・大村氏、愛知知事選へ”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2010年11月13日). オリジナル2010年11月14日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20101114132328/http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/20101113-OYT1T00381.htm 2010年11月13日閲覧。 
  9. ^ “自民・大村議員が離党届、愛知県知事選へ意欲”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2010年12月3日). オリジナル2010年12月4日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20101204124619/http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/20101203-OYT1T00691.htm 
  10. ^ 自由民主党は知事選出馬を反党行為と見なしたため、この離党届けを受理せず除名処分を下している。
  11. ^ http://www.asahi.com/kansai/news/OSK201101130035.html[リンク切れ]
  12. ^ 大村ひであき活動レポート(2010年12月21日号)”. 大村ひであきblog (2010年12月21日). 2016年9月25日閲覧。
  13. ^ “衆議院:大村秀章氏が辞職 望月義夫氏が繰り上げ当選”. 毎日jp (毎日新聞社). (2011年1月14日). オリジナル2011年1月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110115235859/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110115k0000m010091000c.html 
  14. ^ “大村氏へ秋波…愛知県議選、公認・推薦求めて”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2011年2月11日). オリジナル2011年2月13日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20110213003639/http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/20110211-OYT1T00001.htm 2011年2月11日閲覧。 
  15. ^ 東海大志塾”. 大村ひであき公式WEBサイト (2012年3月27日). 2016年9月25日閲覧。
  16. ^ “河村氏、維新との合流断念 大村氏は維新顧問辞職へ”. 朝日新聞. (2012年11月21日). http://www.asahi.com/special/nagoya/NGY201211210006.html/ 2018年6月13日閲覧。 
  17. ^ 愛知県議会本会議平成26年9月定例会(第2号)本文、4ː知事(大村秀章君)議会 会議録検索”. 愛知県. 2017年9月30日閲覧。
  18. ^ “大村知事、正式に再選出馬表明 来年の知事選 『日本一元気な愛知をつくる』”. 東愛知新聞 (東愛知新聞社). (2014年12月20日). オリジナル2014年12月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141224230916/http://www.higashiaichi.co.jp/newspaper/befor_today/2014/141220t/14122001.html 2014年12月20日閲覧。 
  19. ^ a b c あいち重点政策ファイル300+1 (PDF)”. 大村ひであき公式WEBサイト (2015年1月6日). 2016年9月25日閲覧。
  20. ^ “小池氏、大都市拠点に全国へ=維新は埋没回避も-「三都物語」同床異夢【17衆院選】”. 時事通信. (2017年9月30日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2017093000467&g=pol 2017年10月11日閲覧。 
  21. ^ “希望の党、大村秀章愛知県知事の党顧問内定を撤回「事務局のミスだった」”. 産経新聞. (2017年10月5日). http://www.sankei.com/politics/news/171005/plt1710050138-n1.html 2017年10月11日閲覧。 
  22. ^ “顧問就任が内定?「いや違う」、希望の党めぐり大村知事”. 日本経済新聞. (2017年10月5日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO21942260V01C17A0CN8000/ 2017年10月11日閲覧。 
  23. ^ “「希望の党」応援、愛知県の大村知事が否定”. 日本経済新聞. (2017年10月11日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22112120R11C17A0CN0000/ 2017年10月11日閲覧。 
  24. ^ 日本一愛知の会マニフェスト《全体版》 (PDF)”. 大村ひであき公式WEBサイト. 2016年9月25日閲覧。 『日本一愛知の会マニフェスト』
  25. ^ “知事ら円高是正を要請 政府・日銀に”. 中日新聞 (中日新聞社). (2011年7月29日). http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20110729/CK2011072902000111.html [リンク切れ]
  26. ^ “復興債の日銀引き受け要請 知事会、円高阻止・デフレ脱却で”. SankeiBiz (産経新聞社). (2011年8月17日). http://www.sankeibiz.jp/macro/news/110817/mca1108171708004-n1.htm [リンク切れ]
  27. ^ a b c d e f g h i j k l m n 日本一元気な愛知をめざして 主な取組実績(平成22~26年度) (PDF)”. 大村ひであき公式WEBサイト. 2016年9月25日閲覧。など。
  28. ^ “吉本副知事が就任会見”. 中日新聞 オピ・リーナ (中日新聞社). (2013年7月11日). http://opi-rina.chunichi.co.jp/topic/20130711-2.html 2016年9月25日閲覧。 
  29. ^ “愛知副知事、民間から初の起用へ トヨタホーム社長”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2014年2月26日). オリジナル2014年2月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140226135547/http://www.asahi.com/articles/ASG2V574BG2VOIPE020.html 
  30. ^ 「アジアNo1航空宇宙産業クラスター形成特区」の評価結果(平成 25 年度)について (PDF)”. 愛知県知事政策局企画課. 愛知県 (2014年12月9日). 2016年9月25日閲覧。
  31. ^ 子育て支援減税手当”. 愛知県 (2014年3月26日). 2014年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月25日閲覧。
  32. ^ 「あいち観光元年」宣言について”. 愛知県 (2014年12月22日). 2014年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月25日閲覧。
  33. ^ a b 「ロードマップ」概要版 http://www.pref.aichi.jp/chiji/roadmap/pdf/gaiyou.pdf
  34. ^ a b 知事記者会見(2017年7月24日) http://www.pref.aichi.jp/koho/kaiken/2017/07.24.html#2
  35. ^ 振興部観光局長への外部人材の登用についての知事記者会見動画を配信しました”. 広報広聴課. 愛知県 (2015年3月18日). 2016年9月25日閲覧。
  36. ^ "愛知副知事に宮本氏 3代続けて厚労省出身女性を起用" https://www.nikkei.com/article/DGXLASFD22H32_S7A620C1CN8000/ 日本経済新聞(2017年6月23日)2017年10月5日閲覧
  37. ^ 石破国家戦略特別区域担当大臣記者会見要旨 (PDF)”. 内閣府地方創生推進事務局. 首相官邸 (2015年3月19日). 2016年9月25日閲覧。
  38. ^ a b c d e f g 大村秀章 『戦略なき政治を斬る』 小学館クリエイティブ、2010年4月[要ページ番号]ISBN 978-4-7780-9002-9

外部リンク[編集]