この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

上川陽子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

上川 陽子
かみかわ ようこ
Yoko Kamikawa cropped 2 Taku Otsuka Tim Hitchens and Yoko Kamikawa 20150401.jpg
生年月日 (1953-03-01) 1953年3月1日(65歳)
出生地 日本の旗 日本 静岡県静岡市
出身校 東京大学教養学部
ハーバード大学ケネディスクール
前職 三和総合研究所研究員
グローバリンク総合研究所代表取締役
所属政党無所属→)
自由民主党→)
(無所属→)
(21世紀クラブ→)
自由民主党(岸田派
称号 政治行政学修士(ハーバード大学)
教養学士(東京大学)
公式サイト 自由民主党 衆議院議員 かみかわ陽子オフィシャルサイト

選挙区静岡1区→)
比例東海ブロック→)
静岡1区
当選回数 6回
在任期間 2000年6月26日 - 2009年7月21日
2012年12月18日[1] - 現職

日本の旗 第99-100代 法務大臣
内閣 第3次安倍第3次改造内閣
第4次安倍内閣
在任期間 2017年8月3日 - 現職

日本の旗 第95-96代 法務大臣
内閣 第2次安倍改造内閣
第3次安倍内閣
在任期間 2014年10月21日 - 2015年10月7日

内閣 第1次安倍改造内閣
福田康夫内閣
在任期間 2007年8月27日 - 2008年8月2日
テンプレートを表示

上川 陽子(かみかわ ようこ、1953年3月1日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(6期)、法務大臣第3次安倍第3次改造内閣第4次安倍内閣)。

第1次安倍改造内閣福田康夫内閣内閣府特命担当大臣少子化対策男女共同参画)を務めた他、法務大臣第95代第96代)、総務副大臣第2次安倍内閣)、総務大臣政務官第3次小泉改造内閣)、衆議院厚生労働委員長等を歴任した。

来歴

2015年4月1日、日本駐箚英国大使公邸にて。法務大臣政務官大塚拓(左)、日本駐箚英国特命全権大使ティモシー・ヒッチンズ(中央)、上川。

静岡県静岡市生まれ。静岡雙葉中学校・高等学校東京大学教養学部教養学科(国際関係論専攻)。大学卒業後、三菱総合研究所に入所し、研究員を務める。1988年アメリカ合衆国ハーバード大学ケネディスクールで政治行政学修士号を取得した。その後はアメリカ合衆国議会マックス・ボーカス英語版上院議員の政策スタッフを務める。同年12月、株式会社グローバリンク総合研究所代表取締役に就任。

1996年第41回衆議院議員総選挙静岡1区から無所属で出馬したが、得票数5位で惨敗。その後、自由民主党に入党したが、2000年第42回衆議院議員総選挙には再び無所属で静岡1区から出馬し、自民党元職の戸塚進也民主党元職の牧野聖修比例復活)、公明党前職の大口善徳を僅差で振り切り、初当選した。自民党公認候補がいながら静岡1区での出馬を強行したため自民党を除名され、同じ保守系無所属で当選した衆議院議員9人で院内会派「21世紀クラブ」を結成。同年11月の加藤の乱では、森内閣不信任決議案に反対票を投じる。

2001年、自民党に復党した[2]

2003年第43回衆議院議員総選挙で牧野に敗れたが、重複立候補していた比例東海ブロックで復活し、再選。

2004年10月、自民党女性局長に就任。

2005年第44回衆議院議員総選挙で3選。第3次小泉改造内閣総務大臣政務官に任命された。

2007年第1次安倍改造内閣内閣府特命担当大臣少子化対策男女共同参画)に任命され、当選3回で初入閣した。続く福田康夫内閣でも再任され、新たに公文書管理担当の国務大臣の補職辞令も受けた。

2009年第45回衆議院議員総選挙で牧野に敗れ、比例復活もならず落選した。

2012年第46回衆議院議員総選挙で国政に復帰。

2013年9月、第2次安倍内閣で閣僚経験者ながら総務副大臣に任命された[3]2014年9月、第2次安倍改造内閣発足により総務副大臣を退任し、衆議院厚生労働委員長及び新設された自由民主党女性活躍推進本部長に起用される。

2014年10月、公職選挙法違反の疑いで辞任した松島みどりの後任の法務大臣に任命され、7年ぶりに2度目の入閣[4]。同年12月の第47回衆議院議員総選挙で5選。選挙後に発足した第3次安倍内閣においても法務大臣に再任された。

2015年6月、闇サイト殺人事件2007年発生)で死刑が確定し、名古屋拘置所収監されていた死刑囚1名の死刑を執行した[5]。同年10月7日第3次安倍第1次改造内閣の発足に伴い、法務大臣を退任。その後、自民党憲法改正推進本部事務局長に就任した[6]

2017年8月3日第3次安倍第3次改造内閣で、再び法務大臣に任命された[7]。同年10月の第48回衆議院議員総選挙で6選。

同年12月19日市川一家4人殺人事件1992年発生)で死刑が確定した犯行当時19歳の少年死刑囚を含め、死刑囚2名(いずれも東京拘置所収監、再審請求中)の死刑を執行した[8]。少年死刑囚の死刑執行は、1997年に死刑が執行された永山則夫元死刑囚(永山則夫連続射殺事件、1969年発生)の以来20年ぶりだった[8]

2018年7月6日オウム真理教事件1989年1995年発生)で死刑が確定した13名のうち、7月6日に麻原彰晃(松本智津夫)・中川智正遠藤誠一井上嘉浩土谷正実新実智光早川紀代秀の死刑囚計7名の死刑を執行した[9]。麻原・遠藤・土谷の3名は東京拘置所、井上・新実両名は大阪拘置所、中川は広島拘置所、早川は福岡拘置所にそれぞれ収監されており、土谷以外の全員が再審請求中だった[10]。また残る6人に対しても同年7月24日に死刑執行命令書に署名し、26日午前に執行された。元オウム幹部への一斉執行により上川の責により刑が執行された死刑囚は16名(安倍第3次改造時の1名を含む)となり、法務省が死刑執行を公表するようになった1998年11月以降に就任した法相の中で最多の執行数となった[11]

政策・主張

  • 日本国憲法改正に賛成[12]
  • 集団的自衛権の行使を禁じた内閣法制局憲法解釈の見直しに反対[12]
  • 日本環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加に反対。TPPの農業分野への対応について「コメなど可能な限り多くの例外品目を設けるべき」としている[12]
  • 選択的夫婦別姓制度の導入に賛成[13][14]。法務大臣就任後、2014年10月28日参議院法務委員会において、みんなの党行田邦子の質問に対し「日常生活の中で女性が活躍する際に壁になっていることはできるだけ避けていくように努力していきたいという思いの中で取り組んできたこと」「(夫婦同姓を強制する制度が人権問題であり、人権を制約し、その解決が問題になっている)といったことも総合的に勘案しながら考えていくべきこと」と発言した[15]。一方、2014年の朝日新聞の調査では、「どちらとも言えない」としている[16]
  • 2014年10月21日、法務大臣就任後初の記者会見で、前任の松島みどりが意欲を示していた「性犯罪の厳罰化」の方針を継承する考えを表明した[17]
  • 日韓関係を重視しており、2001年には第27回日韓議員連盟合同総会[18]に、2007年には日韓若手国会議員懇談会[19]に、それぞれ訪韓した際に出席している。また2007年、静岡市内で開かれた朝鮮通信使400周年シンポジウムでは「対話を続けていくことができれば、過去の過ちを克服することは十分可能」と発言した[20]

政治資金

  • 2015年第2次安倍改造内閣の閣僚である上川、望月義夫環境大臣がそれぞれ代表を務める自由民主党の支部への、国からの補助金交付が決定していた総合物流会社「鈴与」からの2011年~12年に計620万円の寄付が報道された。鈴与は2011年、12年に環境省の「家庭・事業者向けエコリース促進事業費補助金」を申請し、同省所管の一般社団法人が2011年9月、12月に補助金の交付決定を通知していた[21]

不祥事

所属団体・議員連盟

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 平成24年(2012年)12月18日静岡県選挙管理委員会告示第66号(平成24年12月16日執行の衆議院小選挙区選出議員選挙における当選人の住所及び氏名並びに当選人に係る候補者届出政党の名称)
  2. ^ 21世紀クラブの5人が自民入りへ 読売新聞 2000年12月20日
  3. ^ “上川陽子氏ら女性副大臣5人起用 副大臣・政務官人事案”. 共同通信. (2013年9月29日). http://www.47news.jp/CN/201309/CN2013092901001686.html 2014年10月21日閲覧。 
  4. ^ “後任の経産相に宮沢洋一氏 法相に上川陽子氏”. 共同通信. (2014年10月20日). http://www.47news.jp/PN/201410/PN2014102001001859.html 2014年10月21日閲覧。 
  5. ^ “「闇サイト事件」K死刑囚の死刑執行 法務省(死刑囚の実名はイニシャル化)”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2015年6月25日). オリジナル2015年8月9日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150809052049/https://www.asahi.com/articles/ASH6T358BH6TUTIL00F.html 2015年9月8日閲覧。 
  6. ^ “自民・憲法改正推進本部事務局長に上川元法相 素人ツートップは参院選での争点化回避か?”. 朝日新聞. (2015年12月7日). http://www.sankei.com/politics/news/151207/plt1512070001-n1.html 2015年12月7日閲覧。 
  7. ^ “厚労相に加藤勝信氏、法相は上川陽子氏を再起用へ”. 朝日新聞. (2017年8月3日). http://www.asahi.com/articles/ASK827315K82ULFA02V.html 2017年8月19日閲覧。 
  8. ^ a b 『読売新聞』2017年12月20日朝刊第14版第二社会面32面「元少年ら2人死刑執行 市川一家殺害と群馬3人殺害」
  9. ^ “オウム真理教 松本死刑囚ら7人に死刑執行”. NHKニュース (日本放送協会). (2018年7月6日). オリジナル2018年7月11日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20180711133416/https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180706/k10011514211000.html 2018年7月7日閲覧。 
  10. ^ 浦野直樹 (2018年7月6日). “松本智津夫死刑囚ら7人の死刑執行 オウム真理教”. 朝日新聞 (朝日新聞社). オリジナル2018年7月11日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20180711133451/https://www.asahi.com/articles/ASL4S04M5L4RUTIL04W.html 2018年7月11日閲覧。 
  11. ^ “上川陽子法相「身勝手な教義の下、二度の無差別テロ」 2日前の24日に命令書署名”. 産経新聞. (2018年7月26日). https://www.sankei.com/affairs/news/180726/afr1807260016-n1.html 2018年7月26日閲覧。 
  12. ^ a b c “2012衆院選 静岡1区 上川陽子”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kouji_area_meikan.html?mid=A22001002002 2014年4月7日閲覧。 
  13. ^ 第154回国会 - 衆議院 - 法務委員会 - 20号 平成14年07月30日
  14. ^ 金曜アンテナ、2014年11月7日
  15. ^ 参議院会議録情報 第187号国会 法務委員会 第4号
  16. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査
  17. ^ 法務省 上川法務大臣初登庁後記者会見の概要
  18. ^ かみかわ陽子:活動報告:国会活動:2001年秋・冬─活動報告
  19. ^ 陽子日誌 2007080502
  20. ^ 活動報告:地域活動 2007080501
  21. ^ “環境相、法相側へ11~12年にも寄付 補助金交付企業から”. 日本経済新聞. (2015年2月28日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO83804390Y5A220C1000000/ 2015年2月28日閲覧。 
  22. ^ “違反:上川陽子氏陣営の2容疑者逮捕 バイト報酬約束”. 毎日新聞. (2009年9月10日). http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090910k0000m040059000c.html 2009年9月10日閲覧。 [リンク切れ]
  23. ^ 神政連 WEB NEWS 神道政治連盟国会議員懇談会” (2014年5月23日). 2014年5月29日閲覧。

外部リンク

議会
先代:
後藤茂之
日本の旗 衆議院厚生労働委員長
2014年
次代:
渡辺博道
公職
先代:
松島みどり
金田勝年
日本の旗 法務大臣
第95・96代:2014年 - 2015年
第99・100代:2017年 -
次代:
岩城光英
先代:
高市早苗
少子化・男女共同参画
日本の旗 特命担当大臣(少子化対策)
初・第2代:2007年 - 2008年
次代:
中山恭子
日本の旗 特命担当大臣(男女共同参画)
第7・8代:2007年 - 2008年
次代:
中山恭子
先代:
柴山昌彦
坂本哲志
日本の旗 総務副大臣
関口昌一と共同

2013年 - 2014年
次代:
二之湯智
西銘恒三郎
先代:
増原義剛
山本保
松本純
日本の旗 総務大臣政務官
桜井郁三古屋範子と共同

2005年 - 2006年
次代:
河合常則
土屋正忠
谷口和史