日本一愛知の会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政党
日本一愛知の会
AICHI IS TOP OF JAPAN(ATJ)
会長 大村秀章
成立年月日 2010年12月7日
本部所在地
〒446-0058
愛知県安城市三河安城南町1丁目15番地1
愛知県議会
0 / 102   (0%)
(2015年4月30日)
公式サイト 日本一愛知の会 [リンク切れ]
テンプレートを表示

日本一愛知の会(にっぽんいちあいちのかい、AICHI IS TOP OF JAPAN(ATJ))は、愛知県知事大村秀章が代表(会長)を務める日本の政治団体地域政党)。NHKにおける選挙速報時の略称は日愛大村新党と表記されることもある。国政に進出することを表明している。

概要[編集]

愛知県名古屋市の一部と一部の都市を除く(後述))を活動範囲とする地域政党で、2010年12月7日、当時愛知13区選出の衆議院議員だった大村秀章(現愛知県知事)が設立した。設立理由は愛知県や名古屋市を国の一律・横並びの規制・制度から解放し、国に頼らずに、日本で一番自由かつ競争を促せる制度・政策を行い、世界と戦える地域にするため[1]。一方で、県議会での多数決がないと政策が進行しないからとも述べている[2]。シンボルマークは大村に似た顔をした犬。

設立当初は大村の県知事選挙活動のサポートを主にしていたが、2011年2月6日に大村が当選すると、同年4月10日の愛知県議会選挙に向けて県内に議員を擁立、選挙活動を行った。

大阪維新の会に倣い、大村は「私の政策を支持するなら、どの政党出身者でも問わない」と発言している。実際、蒲郡市など一部選挙区の議員は民主党自由民主党(以下自民党)といった既存政党から離党し、日本一愛知の会の公認を受ける形で選挙活動を行った[3]

2011年愛知県議会議員選挙[編集]

2011年4月10日投開票。大村は24人の公認候補者を擁立した。当選者は、稲本和仁(名古屋市中川区)、野中泰志(豊川市)、高桑敏道(岩倉市)、園山康男(岡崎市)、浅井喜代治(幡豆郡)の5人[Ex 1][Ex 2]。稲本と浅井は無投票当選。

同じ地域政党で躍進し第一党を確保した大阪維新の会、2011年の名古屋市議会選挙で躍進した勢いを借りた減税日本とは対照的になった[Ex 3]。推薦をした自由民主党愛知県連議員を含めても、狙っていた単独過半数(52議席)を若干下回る45議席となった。単独では公明党に続く第五党であった。

豊田市選挙区では、みんなの党で公認を受けていた候補者が一転して日本一愛知の会へ鞍替えして出馬したが[5]、落選した。

2015年愛知県議会議員選挙[編集]

2015年4月12日投開票。日本一愛知の会は、候補擁立を見送り、統一会派を組んでいた減税日本も全員が落選したため愛知県議会における勢力を失った[6]

沿革[編集]

2010年
12月7日 - 衆議院議員・大村秀章が地域政党「日本一愛知の会」を設立。
12月25日 - 事務所(安城・名古屋)開所。
2011年
2月6日 - 愛知県知事選挙。大村が当選。
2月7日 - 名古屋事務所を閉鎖。県議会議員の公募開始。
2月8日 - 岡崎市議会自民党系会派の脱会議員ら5人が、岡崎支部として「日本一愛知の会 岡崎」を結成[Ex 4]
2月16日 - 蒲郡市議3人が蒲郡支部を設立[11]
4月10日 - 愛知県議会議員選挙。5議席獲得。
4月22日 - 愛知県議会にて、減税日本との統一会派「減税日本一愛知」結成。
4月24日 - 春日井市議会議員選挙。2名当選。
4月24日 - 豊橋市議会議員選挙。1名当選。
4月24日 - 尾張旭市議会議員選挙。1名当選。
4月25日 - 日本一愛知の会推薦、無所属で豊川市選挙区から選出された藤原宏樹県議が自民党会派への合流を発表。「自由民主党愛知県議員団」は愛知県議会において単独過半数を獲得した[Ex 5]。その後、藤原は自民党にも入党。
2012年
1月28日 - 次期衆議院選挙で、日本一愛知の会からの候補者の擁立に向け、政治塾を設立することを決めた。
2月12日 - 弥富市議会議員選挙。1名当選。
3月25日 - 尾張旭市議の坂江章演が、同市の市長選挙に出馬し落選。
10月21日 - 岡崎市議会議員選挙。1名当選、1名落選。なお当選した横山幽風の順位は、定数37名中、36位だった。
10月21日 - 愛知県議会議員補欠選挙(岡崎市選挙区・改選数2)。公認が得られず無所属で出馬した「日本一愛知の会 岡崎」所属の元市議・鈴木雅登は当選。大村が擁立した元衆議院議員秘書は、直前に無所属にさせられ落選[13]
10月21日 - 岡崎市長選挙。大村と現職の岡崎市長が擁立した日本一愛知の会所属の元県議は落選。
2013年
5月23日 - 稲本和仁県議(名古屋市中川区選出)が会派「減税日本一愛知」を離脱し、無所属となった[14]
2014年
9月27日 - 日本維新の会結いの党が合併して発足した「維新の党」が、鈴木雅登県議を次期県議選の公認候補に決定した。これにより愛知県議会に占める日本一愛知の会の議員の数は「4」から「3」に減った。
2015年
2月1日 - 愛知県知事選挙。大村が2選。
4月26日 - 豊橋市議会議員選挙。山本賢太郎市議は無所属で出馬し、落選。
4月26日 - 春日井市議会議員選挙。加藤貴章市議と浅野登市議は無所属で出馬し、共に当選。
4月30日 - 愛知県議会の新議員就任。県議会における勢力をすべて失う。
2016年
2月14日 - 弥富市議会議員選挙。大原功市議は無所属で出馬し、当選。
10月16日 - 岡崎市議会議員選挙。大村の支援を受けた横山幽風市議は落選。

政策[編集]

  • 愛知県・名古屋市の真の独立(外交・国防など一部を除き、国からの自立を図る)
  • 県民税10%削減
  • 中京都の設立(名古屋市との連携)
  • 東三河県庁の設立
  • 制度改革(平成の楽市楽座

など。

詳細は日本一愛知の会 マニフェスト参照。

他政党との関係[編集]

減税日本[編集]

名古屋市長の河村たかしが率いる減税日本とは政策を共有し[Ex 6]、2011年2月6日に行われた愛知県知事選挙では双方の応援組織の戦略会議を兼ねた親睦会や打ち合わせを愛知県内の離島や名古屋市内の繁華街で行ったり、自転車遊説を行ったり、2011年4月10日に行われた愛知県議会選挙で双方の候補を推薦するなど連携関係にある。

2011年4月10日に行われた愛知県議会選挙では、基本的に名古屋市内では減税日本、それ以外は日本一愛知の会の候補者を擁立することになった(ただし名古屋市中川区[Ex 7]一宮市春日井市犬山市尾張旭市[Ex 8]で例外あり)。

4月22日には愛知県議会で、統一会派「減税日本一愛知」(団長:浅井喜代治(日本一愛知の会所属))を結成した[17][18]。公約を除いて党議拘束は設けられていない。

しかし、2011年の愛知県議会選挙で当選した愛知の会所属の議員の中には、あくまで大村支持であることを打ち出し、河村への賛同を表明していない者もいる[19]。大村の政治思想は河村のそれとはかなり異なっており、いつまで両党の連携が続くか疑問視する見方もある[20]

2012年8月14日中京維新の会について河村たかしは「信頼関係が傷つけられた。一緒にやっていくことはできない」と述べ、連携しない意向を明らかにした。

大阪維新の会[編集]

橋下徹市長は東海大志塾を立ち上げにおいて、激励のメッセージを送っている。その中で、大阪と愛知が連携して日本を変えていきましょうと語った。

みんなの党[編集]

みんなの党は2011年愛知県知事選挙では薬師寺道代を擁立し争った。しかし、アジェンダが一致する所は協力したいと語っている。

自由民主党[編集]

大村が所属し県連代表も務めていた自由民主党愛知県連は、離党してまで愛知県知事に立候補した大村を除名[Ex 9]し、県連所属議員に重徳和彦を推薦すよう働きかけた。しかし、大村が県知事に当選後は、石原伸晃が大村との関係修復を模索[22]し始めた。また鈴木政二代表以下執行部が総辞職するに至り、後任に大村に理解のある寺西学[23]が就いてからは、大村との和解が進み、津島市など一部地域では日本一愛知の会の推薦を得られるようになった。

ところが、2011年3月3日の定例県議会一般質問の中で、自民党員の筒井隆弥から、河村をアドルフ・ヒトラーに、大村を(ヒトラーの子分として)ベニート・ムッソリーニになぞらえ揶揄する発言、同じく立松誠信が知事の元秘書の介護事業を巡るトラブルについての質問を行ったことに対して、大村が激怒。4日に48人の同党公認候補のうち1人の新人を除いて当面協議を凍結すると発表した。また、筒井が議席を持つ名東区には、対抗馬として河村の後援会幹部だった三宅功を候補者に据えると発表した[24][25][Ex 10]。その後大村は県議会選挙が迫ったことを理由に3月16日に推薦凍結を解除し、翌17日には同党公認候補10人[29]、19日には同じく8人を推薦[30]し、最終的には21人に推薦[31]を出している。

ただ、2011年の愛知県議会選挙では愛知県連は49議席を獲得したものの、うち20議席は愛知の会推薦で当選した候補者であり、中には反大村を打ち出せば愛知の会への鞍替えをすることも辞さないことを公言する議員もいるため、大村派(20人)・反大村派(29人)との主導権争いが起こる可能性も指摘されている[32]

なお、河野太郎菅義偉など、一部衆議院・参議院議員や愛知県連所属議員の中には、愛知県知事選挙の際、党本部が重徳を支持の方針に留めたため、公然ないしは秘密裏に大村を支持した者もいた[33]

民主党[編集]

河村と共に小沢一郎との面会を行っている[34]。また蒲郡市・春日井市などの選挙区では、民主党推薦ないしは所属していた候補が鞍替えするなどして公認・推薦を得ている[3]

民主党愛知県連では相次ぐ離反、県知事選挙での敗北や市議会議員選挙での惨敗を受けて、愛知の会への歩み寄りを見せる動きもあるものの、県連内では県議選に向けた歩み寄りに反発も予想されており、推薦を得られるか微妙な関係であった[35]が、愛知の会は豊明市選挙区で立候補する候補に推薦を与えている。

しかし、愛知の会が愛知県議会選挙で惨敗後は、民主党愛知県連との接近を試み、双方が会合を定期的に行うことで合意している。自民党へのけん制を図るために行ったものと考えられる[36]

公明党[編集]

公明党とは2011年の愛知県知事選挙で大村を支持していることから、愛知県議会内では2011年4月10日現在、減税日本と共に与党でもある。また2011年3月13日に行われた名古屋市議会選挙[37]、4月10日に行われた愛知県議会選挙では、同党から出馬する議員の推薦を行っている。ただし、自民党とは、国政の流れから友党関係を維持している。

その他[編集]

  • 既に閉鎖されている名古屋事務所は中区にあるアサヒドーカメラの1階に構えていた。またこの事務所は大村の選挙対策本部も兼ねていた。

注釈[編集]

  1. ^ 浅井喜代治は2015年の県議選には出馬せず、自民党新人候補の支援に回った[4]
  2. ^ 推薦・無所属の藤原宏樹を含めれば6人となる。
  3. ^ 選挙戦を迎える前から、名古屋市議会のリコール活動・名古屋市議会リコールを決める住民投票で市民の共感や組織展開ができていたため、県議会選挙へ向けての土壌が生成されたからと考えられる。その証左として、リコール活動では約37万人の署名、名古屋市議会リコールを決める住民投票では約69万票、名古屋市議会選挙でも28議席を獲得している。[独自研究?]
  4. ^ 岡崎市議在職時、自民党系の会派に属していた園山康雄と鈴木雅登は、知事選挙では大村の応援に回った。大村の当選2日後の2011年2月8日、園山と鈴木は他の市議とともに新会派「日本一愛知の会 岡崎」を結成した[7]
    園山は、県議選に当選した翌年の2012年10月21日、大村の支援を受けて岡崎市長選挙に出馬するが落選。2014年12月22日、日本一愛知の会を脱け、次期県議選に「維新の党」から出馬すると発表した[8]
    鈴木は、2012年10月の県議補選には日本一愛知の会の公認が得られず無所属で出馬したが、当選後は会派「減税日本一愛知」に加わった。2014年9月21日に「維新の党」が発足すると、同党は9月27日、鈴木を次期県議選の公認候補に決定、愛知県総支部役員に任命した[9][10]
  5. ^ 大村はこれに対し、「自民県議団には推薦した人が20人、シンパも同じくらいいる」と県政運営に自信をみせた[12]
  6. ^ 一例として、減税日本と愛知の会が共同で製作した「アイチ・ナゴヤ共同マニフェスト」がある[15][16]
  7. ^ 日本一愛知の会が候補を擁立したため。
  8. ^ 減税日本が候補を擁立したため。
  9. ^ ただし、一部議員から撤回の動きもある[21]
  10. ^ 2011年4月10日に行われた名東選挙区での愛知県議会選挙では、減税日本公認で立候補した三宅が16,124票でトップ当選を果たしたものの、筒井も保守票を固め、現職議員としての実績やドブ板選挙で2位当選(12,423票)し、双方が痛み分けになった格好になった。なお、名東区では当時現職だった民主党の候補者が有権者の民主党批判や地域政党の躍進から押し出される格好になり落選(10,189票)している。投票率は32.58%(男性33.60%、女性31.64%)[26][27][28]。なお、後に三宅は統一会派「減税日本一愛知」の副団長に就任している[17][18]

脚注[編集]

  1. ^ 日本一愛知の会 設立の趣旨より。
  2. ^ 愛知県知事選:初当選・大村氏「県議会で過半数を」 2011年2月7日 毎日jp(毎日新聞)より。
  3. ^ a b 民主現職、減税日本へ 県議選に出馬意向固める 2011年2月17日 CHUNICHI Web(中日新聞)より。
  4. ^ 『東海愛知新聞』2015年1月3日付 2頁
  5. ^ 愛知県議選で新人「くら替え出馬」 「みんなの党」から大村新党 2011年2月8日 CHUNICHI Web(中日新聞)より。
  6. ^ “「減税日本」は勢力後退…愛知県議選当選者「0」 河村氏「不祥事痛かった」”. 産経新聞. (2015年4月13日). http://www.sankei.com/west/news/150413/wst1504130023-n1.html 2015年8月9日閲覧。 
  7. ^ “市議5人、新会派結成「日本一愛知の会 岡崎」”. 東海愛知新聞. (2011年2月9日). http://www.fmokazaki.jp/tokai/110209.html 2014年3月29日閲覧。 
  8. ^ 『中日新聞』2014年12月23日付朝刊 県内版 20頁
  9. ^ “「維新の党」が愛知県総支部設立”. 中日新聞. (2014年9月28日). http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20140928/CK2014092802000050.html 2014年10月11日閲覧。 
  10. ^ 所属メンバー | 維新の党 愛知県総支部
  11. ^ 日本一愛知の会:蒲郡3市議、大村新党支部を設立 「知事のパイプ役」 /愛知 2011年2月17日 毎日jp(毎日新聞)より。
  12. ^ 県議会:自民、過半数確保 無所属の藤原氏、会派入りで /愛知 毎日jp(毎日新聞) 2011年4月26日(地方版)より。
  13. ^ 『朝日新聞』2012年10月9日付朝刊 三河13版 23頁
  14. ^ 『中日新聞』2013年5月24日付朝刊 西河愛知版 20頁
  15. ^ アイチ・ナゴヤ共同マニフェスト(「日本一愛知の会」公式サイト内)
  16. ^ アイチ・ナゴヤ 共同マニフェスト(「減税日本公式サイト」内)
  17. ^ a b 会派別一覧:愛知県議会
  18. ^ a b 広報あいちNo.959(2011年6月5日発行)
  19. ^ 『中日新聞』2011年4月12日付朝刊 県内版(県民欄)20面
  20. ^ asahi.com マイタウン愛知 2011年02月27日
  21. ^ 自民も混乱 大村氏、除名処分で再審査要求 菅元総務相ら同調 署名活動へ 2010年12月10日 MSN産経ニュース(産経新聞)
  22. ^ 自民、大村愛知県知事との関係修復に含み 2011年2月8日 MSN産経ニュース(産経新聞))。
  23. ^ 多数派工作したたか 河村・大村流の行方(下) 2011年2月10日 CHUNICHI Web(中日新聞)より。
  24. ^ 「ムソリーニだ」に愛知知事激怒、推薦協議凍結 2011年3月5日 YOMIURI ONLINE(読売新聞)より。
  25. ^ 愛知県議選:愛知の会、自民との協議凍結 2011年3月5日 毎日jp(毎日新聞)より。
  26. ^ 選挙の記録 | 愛知県 愛知県議会議員一般選挙(平成23年4月10日執行)投票状況
  27. ^ 選挙の記録 | 愛知県 愛知県議会議員一般選挙(平成23年4月10日執行)開票状況
  28. ^ ザ・選挙 -選挙情報- 愛知県議会議員選挙
  29. ^ ’11統一選:県議選 自民公認の10人推薦 「愛知の会」近く追加発表 /愛知 2011年3月17日 毎日jp(毎日新聞)より。
  30. ^ ’11統一選:県議選 「愛知の会」と「減税」、統一候補を新たに6人擁立 /愛知 2011年3月19日 毎日jp(毎日新聞)より。
  31. ^ 『中日新聞』2011年4月9日付朝刊(県民欄)18面
  32. ^ 『自民 第1党も分裂含み』 2011年4月11日 中日新聞朝刊18面(社会欄)より
  33. ^ 分裂知事選、揺れる自民 統一選控え県議ら動揺 2011年1月7日 CHUNICHI Web(中日新聞)より。
  34. ^ 河村、大村氏:小沢元代表を訪問 3人連携で一致 2011年2月8日 毎日jp(毎日新聞)より。
  35. ^ 愛知県議選民主・松山県議 「減税」推薦で出馬方針 2011年3月24日 CHUNICHI Web(中日新聞)より。
  36. ^ 知事「信頼関係築けた」 民主と政策懇、自民けん制狙いも 2011年4月19日 CHUNICHI Web(中日新聞)より。
  37. ^ 選挙:名古屋市議選 日本一愛知の会、公明候補を推薦 /愛知 2011年3月2日 毎日jp(毎日新聞)より。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]