伊藤渉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗衆議院議員 伊藤 渉
生年月日 (1969-11-13) 1969年11月13日(47歳)
出身地 日本の旗愛知県名古屋市南区
出身校 大阪大学大学院工学研究科
前職 JR東海社員
所属委員会 予算委員会
財務金融委員会
決算行政監視委員会(理事)
科学技術・イノベーション推進特別委員会
世襲
選出選挙区 比例東海ブロック
当選回数 3回
所属党派 公明党
党役職 広報局長
労働局長
会館部屋番号 衆議院第1議員会館921号室
ウェブサイト 公明党 衆議院議員 いとう渉
テンプレートを表示

伊藤 渉(いとう わたる、1969年(昭和44年)11月13日 - )は、日本政治家公明党所属の衆議院議員(3期)。

経歴[編集]

人物[編集]

ペンキ職人の長男として生まれ、下町の庶民の中で育つ。身内に政治関係者は皆無である。

中学時代は柔道部主将、高校・大学時代はラグビー部に所属。ポジションはフォワード・フッカー(NO.2)。

大学時代に土木工学を学び、JR東海へ就職。名古屋駅前に建つタワーズの建設など駅周辺の開発などに携わり、11年間勤務後退職。東海道新幹線運転免許を所持。モータースポーツを趣味としており、大型自動二輪車限定解除)の運転免許も所持している。

現在は、妻の両親、妻、長女、長男、次男の7人家族で暮らす。実父母はすでに他界している。

現在の主な役職[編集]

衆議院[編集]

公明党[編集]

  • 国会対策委員会副委員長:2012年(平成24年)12月27日から
  • 中央幹事:2014年(平成26年)9月22日から
  • 中部方面幹事長:2016年(平成28年)から
  • 愛知県本部代表:2014年(平成26年)10月4日から
  • 労働局長:2013年(平成25年)10月から
  • 広報局長:2014年(平成26年)9月21日から
  • 財政・金融部会長:2015年(平成27年)10月29日から
  • 財政・金融部会長代理:2014年(平成26年)10月7日から2015年(平成27年)10月28日まで
  • 税制調査会事務局次長
  • 国土交通副部会長:2014年(平成26年)10月7日から2015年(平成27年)10月28日まで
  • 決算・行政監視部会長:2014年(平成26年)9月25日から2015年(平成27年)10月28日まで
  • 科学技術委員長:2013年(平成25年)2月21日から
  • 国土交通・厚生労働・財務金融・文部科学部会委員
  • 大規模火山災害対策プロジェクトチーム副座長
  • 社会インフラ老朽化事故原因等究明プロジェクトチーム事務局長
  • 次世代育成支援推進本部事務局長
  • 行政改革推進本部事務局長
  • 規制改革委員会事務局長
  • がん対策推進本部事務局長
  • 労働政策委員会事務局長
  • 通学路の安全対策プロジェクトチーム事務局長
  • 南海トラフ巨大地震対策本部事務局長
  • 新型インフルエンザ対策本部事務局次長
  • 中心市街地活性化プロジェクトチーム事務局次長
  • オートバイ議員懇話会幹事長
  • 土地家屋調査士制度の改革・振興議員懇話会副幹事長
  • 行政書士制度推進議員懇話会幹事
  • マンション問題議員懇話会幹事
  • 日本公認会計士懇話会幹事
  • 日本税理士会連合会との政策懇話会副幹事長
  • 新聞問題議員懇話会幹事
  • 住宅振興議員懇話会幹事
  • 非破壊検査技術振興議員懇話会副会長
  • 診療放射線技師議員懇話会副幹事長
  • 東海防災減災力UPプロジェクト本部長
  • 診療放射線技師制度に関する議員懇話会副幹事長
  • 脳脊髄液減少症対策プロジェクトチーム副座長
  • 大規模火山災害対策プロジェクトチーム副座長
  • 2020年東京オリンピックパラリンピック推進本部事務局次長
  • 中小IT企業振興推進プロジェクトチーム副座長
  • 半島振興対策プロジェクトチーム副座長
  • 土砂災害防止法改正検討プロジェクトチーム副座長
  • 経済再生調査会 事務局長
  • 林業振興議員懇話会 副会長
  • マイナンバー制度推進本部 副本部長
  • 一億総活躍推進本部 副本部長
  • TPP総合対策本部 副本部長
  • 海事港湾振興推進議員懇話会 幹事長
  • ハイヤータクシー振興議員懇話会 幹事長
  • 軽減税率円滑実施推進本部 事務局長
  • 働き方改革実現推進本部 副本部長

内閣[編集]

所属議員連盟[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
菅原一秀松野博一
日本の旗 厚生労働大臣政務官
松浪健太と共同

2007年(平成19年) - 2008年(平成20年)
次代:
金子善次郎戸井田徹