小畑忠良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小畑 忠良(おばた ただよし、1893年明治26年)3月16日 - 1977年昭和52年)10月11日)は、日本の実業家官僚弁護士大政翼賛会事務総長、愛知県知事

経歴[編集]

漢学者、小畑万治郎の六男として大阪府で生まれる。茨木中学校第一高等学校を経て、1917年3月、東京帝国大学法科大学法律学科(英法)を優等で卒業し、銀時計を授与された。住友合資会社に入り総本店経理部に配属された。1923年2月から1925年3月まで欧米に商工業研究のため留学した。

1925年10月、住友総本店経理部第三課長となる。以後、同商工課長、住友電線製造所支配人、同取締役、同常務、同専務、住友合資会社参事、住友本社経理部長を歴任。

1940年8月、企画院次長に就任。さらに、大政翼賛会企画局長、大日本産業報国会理事長、大政翼賛会事務総長などを務めた。1945年4月、愛知県知事に就任するが、同年6月に東海北陸地方総監に転じ終戦を迎える。同年10月、東海北陸地方総監が廃官となる。

1946年9月、弁護士登録を行う。公職追放となり、1951年8月に解除された。平和運動に参画し、大阪府知事選挙に革新系候補として三度出馬するが、いずれも次点で落選した。

親族[編集]

伝記[編集]

  • 『小畑忠良を偲ぶ』小畑亮一、1985年。
  • 小畑忠良『平和一筋の道 - 小畑忠良の後半生』小畑忠良追想記刊行会、1987年。

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。