遠藤柳作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
遠藤柳作

遠藤 柳作(えんどう りゅうさく、1886年3月18日 - 1963年9月18日)は、日本政治家官僚実業家弁護士。衆議院議員。貴族院議員。参議院議員。武蔵野銀行初代頭取。

経歴[ソースを編集]

埼玉県北葛飾郡千塚村(現幸手市)生まれ。遠藤幸五郎の二男[1]第二高等学校を経て、1910年、東京帝国大学法科大学独法科を卒業後、文官高等試験に合格し、朝鮮総督府に入り試補、同書記官、同秘書官を務めた[1]1920年東京府産業部長、次いで千葉県内務部長、青森三重県知事を歴任した。

1928年、埼玉3区から立憲政友会に属して衆議院議員となった。弁護士を開業し、武蔵野鉄道会社社長に就任[1]神奈川県愛知県知事を経て、1933年満州国国務院総務庁長に就任した[1]1936年、貴族院議員に勅選された[1]1939年、阿部内閣の内閣書記官長に就任した[1]1944年朝鮮総督府政務総監に就任した。敗戦後、公職追放になったが、解除後1952年武蔵野銀行創立委員となり、初代頭取に就任した。1955年、参議院埼玉県選挙区補欠選挙に無所属で当選し、1956年の任期満了まで参議院議員を1年間務めた。

人物[ソースを編集]

趣味は武道[1]。宗教は曹洞宗[1]貴族院多額納税者議員選挙の互選資格を有した[2]

1945年、日本の敗戦による赴任地の朝鮮での戦後処理を見越し、朝鮮人の独立運動家である呂運亨と行政権移譲などの事前交渉を水面下で行い、8月15日昭和天皇玉音放送ポツダム宣言受諾による降伏を(朝鮮人を含む)日本国民に発表した当日の夜に呂らが朝鮮建国準備委員会を発足するのを支援したともされる(「呂運亨」の項目を参照)。

栄典・授章・授賞[ソースを編集]

家族・親族[ソースを編集]

遠藤家

埼玉県北葛飾郡行幸村

  • 父・幸五郎[1]
  • 母・そよ(埼玉県、山中祐右衛門の二女)[1]
  • 妻・タネ(埼玉県、横川重次の姉)[1]
1892年 -
  • 子(男、女)[1]
親戚
  • 横川重次(埼玉県多額納税者、農業、製材業、政治家) - 妻の弟

略歴[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『人事興信録 第13版上』え25頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月5日閲覧。
  2. ^ 『貴族院多額納税者名鑑』152頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年6月19日閲覧。
  3. ^ 『官報』第3068号「敍任及辞令・二」1937年3月27日。
  4. ^ 『官報』第5729号、昭和21年2月20日。

参考文献[ソースを編集]

  • 織田正誠編『貴族院多額納税者名鑑』太洋堂出版部、1926年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版上』人事興信所、1941年。
  • 新訂 政治家人名事典 明治~昭和』(2003年、編集・発行 - 日外アソシエーツ、99頁)


公職
先代:
田中武雄
日本の旗 朝鮮総督府政務総監
第11代:1944 - 1945
次代:
(朝鮮総督府廃止)
先代:
阪谷希一
Flag of Manchukuo.svg 満州国総務庁長
第4代:1933 - 1935
次代:
長岡隆一郎