緒方惟一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
緒方惟一郎

緒方 惟一郎(おがた ゆいいちろう[1]1874年明治7年)5月18日[1] - 1951年昭和26年)10月21日[2])は、日本の内務警察官僚。官選青森県知事警視庁消防部長。

経歴[編集]

熊本県出身[1]1904年東京帝国大学法科大学政治学科を卒業。1905年内務省に入省し警視庁属兼警部となる[1]

1910年、警視庁警視神田警察署長に就任。以後、浅草南元町警察署長、麻布鳥居坂警察署長などを経て、1915年、警視庁消防部長となり、9年間在任した[1]

1924年6月6日、青森県知事に発令されたが、在任18日後の6月24日に休職となる。その理由は不明である[1]1925年9月に退官した[3]。その後、富国生命に相談役として入社した[4]。戦後、日本消防協会副会長を務めた[2]

栄典[編集]

著作[編集]

  • 『防火知識』教化的国家社、1925年。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『新編日本の歴代知事』104頁。
  2. ^ a b 『朝日新聞』(東京本社発行)1951年10月21日夕刊、2面の訃報より。
  3. ^ 『官報』第3912号、大正14年9月7日
  4. ^ 東京朝日新聞』「公私消息」1925年9月15日付け夕刊1頁
  5. ^ 『官報』第3559号「叙任及辞令」1924年7月4日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。