馬場一衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
馬場一衛

馬場 一衛(ばば かずえ、1881年明治14年)12月2日[1] - 1944年昭和19年)3月30日[2])は、日本の内務警察官僚。官選青森県知事門司市長。

経歴[編集]

現在の熊本市出身[1]第五高等学校を卒業。1908年東京帝国大学法科大学政治学科を卒業。同年11月、文官高等試験行政科試験に合格。1909年内務省に入省し広島県属となる[1][3]

以後、広島県事務官補、警視庁方面監察官福井県理事官群馬県警察部長、群馬県内務部長、警視庁刑事部長、同警務部長などを歴任[1]

1923年10月、青森県知事に就任。農水産業の振興に尽力。1924年6月、休職となる[1]。同年に退官した[3]。その後、門司市長[1]侯爵細川護立家家扶[2]を務めた。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『新編日本の歴代知事』104頁。
  2. ^ a b 『朝日新聞』(東京本社発行)1944年3月31日朝刊、3面の訃報より。
  3. ^ a b 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』192頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。