八幡市 (福岡県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やはたし
八幡市
Symbol of Yahata Fukuoka.png
八幡市章(二代目)
1922年大正11年)制定
廃止日 1963年2月10日
廃止理由 新設合併
八幡市門司市小倉市戸畑市若松市北九州市
現在の自治体 北九州市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 福岡県
団体コード なし(コード導入前に廃止)
面積 110.53km2.
総人口 344,893
(推計人口、1962年10月1日)
隣接自治体 小倉市、戸畑市、若松市、中間市直方市遠賀郡水巻町鞍手郡鞍手町
八幡市役所
所在地 福岡県八幡市大字尾倉(中央町
座標 北緯33度51分48.79秒
東経130度48分42.68秒
紫:門司市(現・門司区)
黄色:小倉市(現・小倉北区)
緑:小倉市(現小倉南区)
赤:戸畑市(戸畑区)
青:八幡市(現・八幡東区)
黄緑:八幡市(現・八幡西区)
橙:若松市(現・若松区)
 表示 ウィキプロジェクト

八幡市(やはたし)は福岡県の北東部にかつてあった市。鉄鋼業を軸に、北九州工業地帯における重工業の中心地として栄え、1963年(昭和38年)に小倉市門司市戸畑市若松市と合併して北九州市となり、消滅した。

旧市域は区制によって八幡区となり、北九州市内の一区として発足したが、1974年(昭和49年)4月1日八幡東区八幡西区へ分割された。

現在、京都府に同名の八幡市(但し、読みは「やたし」)があるが、同市の市制施行は本市廃止後(1977年)であるため、両者が同時に存在した時期はない。

歴史[編集]

市域は律令制下では筑前国豊前国にまたがる地域だったが、廃藩置県によって福岡県に属した。1901年(明治34年)に、日本初の近代製鉄所である官営八幡製鐵所の建設地に選定され、以後はこの八幡製鐵所を軸に工業都市として飛躍的に発展し、「鉄の町」と呼ばれるようになる。

太平洋戦争中の1944年(昭和19年)6月16日に、初めてB-29を使用した日本本土空襲の対象となる(八幡空襲)。空襲はこのあと同年8月20日におこなわれたあとは1年近くなかったが、終戦直前の1945年(昭和20年)8月8日の空襲で大きな被害を受けた。この空襲により発生した煙は、八幡市へもさらなる壊滅的打撃を与えたであろう小倉市への原子爆弾投下を妨げることとなった(詳細は「長崎市への原子爆弾投下」の項参照)。

行政区域の変遷[編集]

  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行により、遠賀郡尾倉村(111戸)大蔵村(145戸)枝光村(109戸)が合併して八幡村が発足。尾倉村の豊山八幡神社、大蔵村の乳山八幡神社、枝光村の枝光八幡宮と、3村とも産土神八幡神鎮守神としていたことから命名された[1]。同時に以下の村が成立。
    • 遠賀郡
      • 黒崎村 ← 前田村・藤田村・熊手村・鳴水村
      • 上津役村 ← 上上津役村・下上津役村・小嶺村・市瀬村・引野村・穴生村
      • 洞南村 ← 折尾村・陣原村・則松村・永犬丸村・本城村
      • 香月村 ← 香月村・楠橋村・馬場山村・畑村
    • 企救郡
      • 板櫃村 ← 槻田村・板櫃村・中井村・藍島村・馬島
      • 西紫村 ← 小熊野村・篠崎村・蒲生村・今村
      • 西谷村 ← 田代村・長行村・辻三村・合馬村・徳吉村
    • 鞍手郡
      • 木屋瀬村 ← 木屋瀬村・野面村・笹田村・金剛村
    • 1897年(明治30年)4月23日 - 黒崎村が町制施行、黒崎町となる。
    • 1898年(明治31年)9月2日 - 木屋瀬村が町制施行、木屋瀬町となる。
  • 1899年(明治32年)2月15日 - 八幡村が町制施行、八幡町となる。
  • 1917年(大正6年)3月1日 - 八幡町が市制施行、八幡市となる。
  • 1922年(大正11年) - 市章を制定する。一般公募によるもので、日章旗を時計廻りに8等分レイアウトして、「8旗=やはた」をシンボライズした。
    • 10月1日 - 板櫃村が町制施行して板櫃町となる。
  • 1925年(大正14年)4月28日 - 板櫃町(いたびつまち)大字槻田(高+荒生)・小熊野の各一部を分割して編入する。板櫃町の残余は小倉市に編入する。
  • 1926年(大正15年)11月2日 - 黒崎町を編入する。
    • 1931年(昭和6年)4月1日 - 香月村が町制施行、香月町となる。
  • 1937年5月5日 - 上津役村(こうじゃくむら)を編入する。
  • 1944年(昭和19年)12月8日 - 折尾町を編入する。
  • 1954年(昭和29年) - 小倉市田代(旧西谷村域)の一部を編入する。
  • 1955年(昭和30年)4月1日 - 香月町および木屋瀬町を編入する。
  • 1958年(昭和33年)11月1日 - 一部を直方市に分離と編入がされる。
  • 1963年(昭和38年)2月10日 - 小倉市門司市若松市戸畑市と新設合併し、北九州市となり消滅する。
  • 1963年(昭和38年)4月1日 - 北九州市の政令指定都市移行により、旧市域が八幡区となる。
  • 1974年(昭和49年)4月1日 - 八幡区が八幡東区八幡西区に分割される。

行政[編集]

歴代市長[編集]

歴代市長[2]
氏名 就任日 退任日 備考
官選
- 末弘直方 1917年(大正6年)3月1日 1917年(大正6年)7月18日 臨時市長代理
1 末弘直方 1917年(大正6年)7月19日 1918年(大正7年)9月5日
2 堀口助治 1918年(大正7年)11月18日 1921年(大正10年)12月12日
3 永井環 1922年(大正11年)1月25日 1926年(大正15年)1月24日
4 新開渧観 1926年(大正15年)3月17日 1927年(昭和2年)5月10日
5 二木千年 1927年(昭和2年)7月11日 1928年(昭和3年)1月19日
6 図師兼弐 1928年(昭和3年)6月21日 1932年(昭和7年)6月20日
7 1932年(昭和7年)6月21日 1936年(昭和11年)6月20日
8 1936年(昭和11年)6月21日 1940年(昭和15年)6月20日
9 1940年(昭和15年)7月10日 1942年(昭和17年)4月9日
10 内田隆 1942年(昭和17年)11月22日 1946年(昭和21年)11月21日
公選
11 守田道隆 1947年(昭和22年)4月5日 1951年(昭和26年)4月4日
12 1951年(昭和26年)4月23日 1955年(昭和30年)4月9日
13 1955年(昭和30年)4月30日 1959年(昭和34年)4月29日
14 大坪純 1959年(昭和34年)4月30日 1963年(昭和38年)2月9日

国の機関[編集]

1962年[3]

主な医療機関[編集]

産業[編集]

上で述べたように、官営八幡製鉄所およびその後身の日本製鐵八幡製鐵所に代表される重工業を主幹産業とした。戦後(1950年以降)はこの日本製鐵が解体され発足した八幡製鐵と黒崎窯業(現・黒崎播磨)、安川電機などが市内の最有力企業として地域経済を牽引した。なお八幡製鐵が合併により新日本製鐵となったのは北九州市発足後の1970年である。 (新日本製鐵(株)と住友金属工業(株)は2012年10月に統合し新日鉄住金(株)となっている。)

戦前から1950年代にかけ、八幡市の中心地は中央町(当時は中央区という呼び方もされた)で、八幡製鐵所の東門があり、西鉄北九州線の枝光線との分岐点にもなっていたことから非常に栄えた。また八幡市に編入された黒崎(旧黒崎町)・折尾(旧折尾町)地区では商業が発達した。特に黒崎は1970年代初頭より一大商業地となり、北九州市の副都心と位置づけられた。

北九州市発足当時[6]は新しい市役所の位置を、現在北九州市立総合体育館が建っている金比羅山付近に置くことにされていたが、現在の位置に置くこととなった。

スポーツチーム[編集]

出身有名人[編集]

※北九州市発足以前の出身者。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 北九州市政だより 昭和38年(1963年)9月1日号P5「区名のゆらい」 北九州市 (PDF)
  2. ^ 『北九州市史 近代・現代 行政社会』1068頁。
  3. ^ 『北九州市史 近代・現代 行政社会』810頁。
  4. ^ 『北九州市史 近代・現代 行政社会』987-8頁。
  5. ^ a b 『北九州市史 近代・現代 行政社会』992頁。
  6. ^ 北九州市発足時の暫定市役所は旧戸畑市役所

参考文献[編集]

  • 北九州市史編さん委員会編『北九州市史 近代・現代 行政社会』北九州市、1987年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]